ポケモンGO攻略まとめ

ポケモンGOの攻略記事

【ポケモンGO日記#98】GOロケット団イベントが開催されていたことにギリギリ気付く/GOジムトレーナーコンテストに参加したい(ケチャップ山もり男編)

2022-01-31 12:00 投稿

GOロケット団イベントの思い出を絞り出す

ケチャップ山もり男です。先週は月曜日からGOロケット団イベントが始まっていることに気づかないまま、週の半ばまでを過ごしておりました。なるほどやたらシャドウビリリダマが手に入るわけだ。

そんな感じでイベントの大部分を油断して過ごしていたせいで厳選もできず、正直思い出がほとんどありません。強いて挙げるならばこんな具合です。

【GOロケット団イベントの思い出】
・前回イベント終了直後に出てきた防御・HPの個体値が最大のリザードンからやつあたりを除去した
・選別が面倒になって手持ちのシャドウポケモン全部やつあたりを除去した
・みずタイプの団員とバトルしたらワニノコ、アリゲイツ、カメックスという編成でちょっとおもしろかった

今回はシャドウポケモンをあまり手元に残していなかったことが結果的に功を奏し、なにも考えずにすべてのシャドウポケモンにわざマシンスペシャルを与えることができました。約40体程度でしょうか。

その中で、期待しているのはこのリザードンですね。アメが足りずにまだ育成できていませんが、個体値の高さで被ダメージを補いつつ、シャドウボーナスでどの程度火力を出せるのか楽しみです。

ポケモンGO日記22013012

ちょうど攻撃と防御の個体値が逆になった個体がいるので、この2体で火力と耐久力を比較してみてもおもしろいかな、と思っています。

ポケモンGO日記22013013

ほかは全体的に、個体値の高さから残していたと言うよりも単に博士に送るのを忘れていたような個体が多いのですが、今後機会があれば育てていこうと思います。

GOジムトレーナーコンテストに参加したい

この一週間にあったニュースで気になったのが、Twitterにて開催中の“GOジムトレーナーコンテスト”。

このコンテストは、トレーナー画像のスクリーンショットとタイプを統一したポケモン3体(選択可能なタイプに指定あり)、全体のテーマを決めて、#PokemonGOTourContest のハッシュタグを付けてTwitterに投稿することで参加可能。入賞した場合、2月26日に開催されるイベント“Pokémon GO Tour:ジョウト地方”にて、投稿したアバターがジムトレーナーとしてゲーム内に登場します。

ゲーム内に自身のキャラクターが登場するというのは、『ポケモン』の世界観を活かしたおもしろいコンテストですね。

私も昔から「俺がたんパンこぞうならこんな編成だなぁ」とか考えていたタイプですので、この手のコンテストには人一倍興味があります。ぜひ参加してみようと、いろいろアイデアを練っておりました。

トレーナーのコスチュームを考える

まずトレーナーの姿ですが、やはりこれはいちばん馴染みのある服装でエントリーしてこそ。ふだんから使っているこのコーディネートでいくべきでしょう。

ポケモンGO日記22013011

……と思っていたのですが、じつは1点だけ問題点がありまして。このアバターで着ている服装、ゴクリンのコンビネゾンなんですよね。

今回はカントー地方かジョウト地方で発見されたポケモンだけで手持ちを構成することになるのですが、その設定を考えると、服の柄とはいえゴクリンが存在するのは設定的にまずいのではないか、と思うわけです。

もちろんレギュレーションで禁止されているわけではないのですが、私の中にいる設定オタクの自分がこれを着て参加することを許してくれません。

そこで今回は、代替となるコスチューム案をいくつか考えることにしました。

調査隊セット

まずは調査隊セット。『Pokémon LEGENDS アルセウス』の発売記念で追加された、最新のコスチュームです。

帽子とサングラスをそのままに、和服を着せることで明治~昭和初期頃のうさんくさい探偵っぽくなるかな、と思っていたのですが……。

ポケモンGO日記22013006

やっぱりセットアップを着てしまうと、思いのほか『アルセウス』の風味が強く出すぎてしまいますね。コピーキャラのようなコンセプトにしたいわけでもありませんので、これはやめておきます。

同様の理由で、こちらの衣装も却下になりました。胡散臭さだけはかなりそれっぽいんですが。

ポケモンGO日記22013007

ジャケット(カメックス)+シンオウ主人公風スカート

個人的なファッションの好みの話なんですが、女性がスカジャンにスカートを合わせるやつに憧れるんですよね。イカツさとフェミニンな雰囲気を両立しているのが羨ましく思うんですよ。男性は何と合わせてもだいたい無骨な感じにまとまりますしね。そもそも太ってるといろいろとしまらないんですが。ファスナーとか。

今回はせっかくスリムな女性アバターを使っていることですし、そんな憧れのファッションに挑戦してみました。

ポケモンGO日記22013008

前々から興味はありつつもジャケットにコイン400ぶち込む勇気が出なかったのですが、記事で着せ替えネタを扱うことでようやく一歩前に踏み出せました。

キャラとしてもスカジャンでうさん臭さは残しつつ、足を出すことでいい感じに雰囲気が柔らかく出来てるのではないかと思います。これでサングラスゼニガメ、サングラスカメール、サングラスカメックスという編成なら完璧でしょう。

カメックス

ただジャケットを購入した後に気づいたのですが、みずタイプのトレーナーって今回の募集対象外なんですよね……。

リザードンのジャケットを買えばひこうタイプで無理やりやれないこともないんですが、サングラスカメックスとの相性が良すぎたので今ひとつ物足りなく感じてしまう結果に。このファッションでの投稿はやめておきます。

ブランシェ風コートセット+ショートパンツ

ポケモンGO日記22013010

お尻が隠れる丈のコート+ショートパンツという組み合わせはキャラデザインとしていい感じですね。知的さとセクシーな感じが両立していて、アニメに出てくる理系の強キャラ感が出てきます。いわゆるマッドサイエンティストキャラ。学園モノなら化学部部長。あれ、これコートじゃなくて白衣のイメージですね。まあいいか。

しかし理系キャラとして設定する場合、どくタイプとでんきタイプがレギュレーション外なのが痛手。はがねタイプでコイルとレアコイルを設定すればギリギリいけそうですが……。

ただ私が使っているこのアバターとの組み合わせで考えると、色の系統的に若干ブランシェのファンガール的な雰囲気もありますね。これはこれでキャラが立つと思うので、理系キャラとは別に案のひとつとして考えてみようと思います。

なおこの衣装、いまスクリーンショットを撮影していたら本当にうっかりミスタップで購入してしまいました。400コインが……。カメックスのジャケットと合わせて800コインがあっという間に溶けた……。

エントリーは2月2日16時59分まで!

そんな感じで私がいろいろと設定に迷い続けているあいだも、コンテストには世界中から続々とエントリーが届いています。

ほかのトレーナーのエントリーはハッシュタグ #PokemonGOTourContest でチェック可能。言葉の壁を超えてポケモン愛が伝わってくる投稿ばかりですので、一見の価値ありです。

コンテストのエントリー期間は2月2日の16時59分までとなっていますので、気になった人はぜひお早めの投稿を。

Amazon人気商品ランキング 一覧を見る