1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. ドラクエウォークの攻略プレイ日記
    >
  4. ドラクエウォーク日記
    >
  5. 『ドラゴンクエストウォーク』9月の目標達成に向けてとにかくこころ集めを頑張る!【プレイ日記第406回】

『ドラゴンクエストウォーク』9月の目標達成に向けてとにかくこころ集めを頑張る!【プレイ日記第406回】

2021-09-15 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストウォーク

『ドラクエウォーク』おすすめ記事
『ドラクエウォーク』攻略まとめ
『ドラクエウォーク』プレイ日記
『ドラクエウォーク』最新記事

人気アプリゲーム『ドラゴンクエストウォーク( #ドラクエウォーク)』のプレイ日記をお届け。今回まったりエンジョイプレイしている東響希担当回。
⇒ドラクエウォークプレイ日記まとめ

1本日の担当:東響希

ストーリーとレベル上げは上々だがこころ集めの成果は…?

先週、松脇氏から9月の目標として、以下の4つが挙げられた。

9月のさんばミッション

・ストーリー7章10話をクリアーせよ
・各キャラの上級職をひとつLv55以上にせよ
・メガモンスターを20体以上討伐せよ
・メイン武器を決めて、それに合ったこころを探して集めよ

ストーリーは現在、第7章6話まで進行中だ。6話のボス“ヘルビースト”2体と“ホラービースト”1体は、ドルマ属性が弱点のため、“レンジャー”は“月影の大鎌”が使える“常闇のやり”を装備。

バギ属性も弱点となっているため、“バトルマスター”は“オチェアーノの剣”の“ウィンドスラッシュ”でダメージを与えていく。

パラディンは“ダンシングロッド”、“賢者”は“トワイライトブルーム”で回復役を担当し、大きな苦戦もなくクリアーできた。目標となる10話は推奨レベルが60、そして残りのストーリーを開放するのに“導きのかけら”が合計で12100個必要になるので、達成できるか少し不安はあるがしっかりとレベル上げや‟導きのかけら”貯めていかなければ…。

 
IMG_6184
 IMG_6182 IMG_6179
IMG_6180 IMG_6181

▲“バトルマスター”はバギ系斬撃とスキル斬撃が、“レンジャー”はドルマ系斬撃とスキル斬撃が上がる編成。回復役の2人はスキルHP回復量が上がるように組んでいる。

IMG_6186

▲2話の“だいおうキッズ”はデイン系が弱点なので、“はぐれメタルの剣”の“はぐれ雷光絶火”のためにデイン属性が上がる編成。他のメンバーについては、装備、こころともに変えていない。

IMG_6178

▲4話の“げんじかぶと”はヒャド系が弱点なので、“オチェアーノの剣”の“グランエスパーダ”のためにヒャド属性斬撃が上がる編成。

レベルについては、全員が52となっているが、現在は2周年記念で経験値がアップする“めざせ65! レベルアップ超応援キャンペーン”が開催中。上級職はレベル50以上でフィールドの通常戦闘で経験値+50%が加算されるので、“経験の珠”と合わせれば、目標のレベル55までは難しくなさそうだ。

IMG_6187IMG_6188
IMG_6189IMG_6190

メガモンスターは現在9体撃破となっており、1日1回でも挑戦していけば問題なくクリア―できるだろう。ただ、個人的に高ランクのこころが欲しい“オルゴ・デミーラ”や“ゾーマ”については、単独で撃破できるほどの強さがない。そのため、出現直後に他のプレイヤーとの共闘に参加しなければならないのだが、“オルゴ・デミーラ”を2回ほどタイミングを逃してしまったのが悔やまれる。

IMG_6144IMG_6133
 
IMG_6134
 
IMG_6183

▲上記のバラモス2体を倒した後の数字が29なので、36-29に+2体で一応、9体討伐と換算。

メイン武器のこころ集めは、“バトルマスター”が“はぐれメタルの剣”、“パラディン”が“常闇のやり”、“レンジャー”が“フロストスティンガー”、“賢者”が“ラーミアの杖”で進めていく。

“はぐれメタルの剣”については、デイン属性の斬撃ダメージを上げたいが、デイン属性の斬撃ダメージアップの効果を持ったこころは、現在のレベルでは出現しない敵か、イベント限定のこころ(“ロトの子孫”やアバン、やまたのおろちなど)に多い。

そこで、スキルの斬撃がアップするこころをピックアップすると、“オルゴ・デミーラ”のこころがやはり優秀。ほかにも、現在の進行度で出現するモンスターでは、“エビルホーク”がSランクならスキル斬撃+7%がつく。“エビルホーク”はドルマ属性の斬撃ダメージも付くので、“常闇のやり”用としても確保したいこころ。

また、少し戻って6章7話ならSランクで斬撃ダメージ+12%の“キラーマシン”も出現するので可能ならこちらも狙っていきたい。

“フロストスティンガー”も“オルゴ・デミーラ”でヒャド属性の斬撃ダメージが上がるので、最優先で狙うは“オルゴ・デミーラ”ということになる。ヒャド属性の斬撃ダメージとスキル斬撃ダメージ両方が加算される“ホークブリザード”は、5章での出現になるためレベル上げと並行して集めるとなると少し優先度が下がりそう。

松脇氏からは、ほこらで出現する“アックスドラゴン”がSランクならヒャド属性斬撃ダメージ+14%が付くので、レベル的に厳しいもののコスト制限ならチャレンジしてみてもいいのではと提案された。こちらについても見つけたら戦ってみようと思う。

IMG_6191

▲“オルゴ・デミーラ”はBランク以上でないと、ダメージ系の補正が付かない…。

“ラーミアの杖”に関しては、Sランクならじゅもんダメージ+10%が付いている“ゾーマ”を狙っていきたい。また、現状の進行度では“おどるほうせき”がじゅもんダメージとイオ属性のじゅもんダメージが上がるので手に入れたいが、‟めったに見かけない”枠なので、どうしても運が絡んできてしまう。

IMG_6161

▲出現頻度は“めったに見かけない”となっており、筆者の運が悪いのか遭遇率が低い。松脇氏によれば、“めったに見かけない”枠とはいえ、30分歩けば数体は出現するとのことだったが…。

ボス戦用の回復武器で“パラディン”が使う“ダンシングロッド”と、“賢者”が使う“トワイライトブルーム”を使用する際は、どちらもスキルHP回復効果を持ったこころが欲しいところ。現在、ランダムに出現するメガモンスター“バラモス”がSランクならスキルHP回復効果+10%を持っている。“バラモス”であればソロで倒すこともできるので、出現した際には逃さず倒していきたい。さいわい前回の時点でSランクをひとつ確保できているので、ふたつめの確保が目標だ。

 
IMG_6194

というわけで、改めて9月の目標の整理と現状確認をしてみたが、ストーリーやレベル、メガモンスター討伐に関してはなんとかなりそうなので、‟こころ集め”を中心にプレイした方がよさそうだ。

メガモンスターは“オルゴ・デミーラ”と“ゾーマ”、“バラモス”が出現しそうな場合には、プレイヤーが多数参加するスタートダッシュを逃さないように気を付けながら進める。フィールドでは“エビルホーク”、“キラーマシン”、“おどるほうせき”の遭遇を願いつつ、レベル上げを行う。とくに“おどるほうせき”はほとんど遭遇できなかったので、今週こそはこころをゲットしたい。

ファミ通Appディスコードに『ドラクエウォーク』チャンネル開設!

ファミ通Appディスコードサーバーにおいて、『ドラクエウォーク』のチャンネルを開設しました。本作の攻略から雑談など『ドラクエウォーク』に関わるコミュニケーションがとれる場として運用しております。 興味のある方はお気軽にご参加ください。

【ファミ通Appディスコードはこちら】

ドラゴンクエストウォーク

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/walk/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧