1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. 最新ニュース一覧
    >
  3. 『日向坂46とふしぎな図書室』日向坂46の丹生明里さんと松田好花さんにインタビューを実施!ゲーム好きのふたりから見る本作の魅力

『日向坂46とふしぎな図書室』日向坂46の丹生明里さんと松田好花さんにインタビューを実施!ゲーム好きのふたりから見る本作の魅力

2021-08-20 18:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

日向坂46とふしぎな図書室

ゲーム好きのふたりに直撃!

ソニー・ミュージックソリューションズから配信中の『日向坂46とふしぎな図書室』。もうすぐ配信から半年を迎えることを記念し、本作のYouTubeの公式チャンネルに出演する日向坂46の丹生明里(にぶあかり)さんと松田好花(まつだこのか)さんにインタビューを実施。

ゲーム好きのおふたりに、本作の魅力や撮影の裏話、プライベートでやっているゲームのことなど、さまざまなことを訊いた。

ko9_7070_re

完成図が見えない中で挑んだ撮影

――『ひな図書』は、日向坂46のメンバーたちが本の世界を冒険していくゲームですが、最初はどんな感想をお持ちになりましたか。

松田好花さん(以下、松田) 私たち日向坂46のアプリは、これまで音ゲーや恋愛シミュレーションのようなものが多かったんですけど、『ひな図書』はガチガチの戦闘系でびっくりしましたし、自分たちが甲冑や戦闘服を着た姿になって実装されることに興奮しました。

丹生明里さん(以下、丹生) 完成したカードのイラストを見たときに「これがCGの技術なんだ!」って驚きました(笑) ここまでカッコよく仕上げてくださるのに、相当な時間や労力がかかっていることを考えると、ありがたいなと思います。ファンの皆さんにカッコいい姿を楽しんでいただけて嬉しいですし、私たちも夢のような体験ができて嬉しい気持ちと、開発してくださる皆さんには感謝の気持ちでいっぱいです。

――最初はビジュアルの完成図が分からない中での撮影だったかと思いますが、不安はありましたか?

松田 撮影では色々な武器を持ってポーズを取ったんですけど、自分の立ち姿がちゃんとカッコよくできてるのかな、といった不安はありました。でもポーズの指導をしてくださる方も撮影についてくださったので、カッコよく仕上がりました。

11082_Card_NormalImage3

丹生 実際に私たちが甲冑を着ているのかと思った、と言っているファンの方もいらっしゃったので、それだけ自然に馴染ませてくださったということですよね。本当にありがたいです。

11036_Card_NormalImage3

――丹生さんは剣道をやられていたようですが、撮影で生かされる場面はありましたか?

丹生 もしかしたらスタッフさんが私の気分を上げるために褒めてくださったかもしれないんですけど(笑) 「うまいね!」とか「しっかりしてるね」って言ってくださったので、剣を持つポーズでは剣道の経験が生かされたのかもしれません。

――松田さんはギターの経験があるとのことですが、生かされたことはありましたか?

松田 ギターはあんまり役に立ったとは感じなかったですね(笑)

――今後、楽器を持って戦うエピソードが追加されるときには役に立つかも……?

松田 いいですね! 音で攻撃する技みたいな……。もしかしたら今後、そういう楽器のお話も追加されるかもしれませんよね。

丹生 それいいね!

お気に入りのカードやお気に入りのストーリー

――今までのカードで、お気に入りのものはありますか?

松田 私はやっぱり甲冑姿の戦国武士ですかね。現実世界ではなかなか着れないので。

11082_Card_NormalImage4

丹生 私はパワーローダーのイベントのときに登場したつなぎの衣装です。これは実際に着て撮影もしたんですけど、衣装を着ただけでお話の世界に入ったような感じがして、すごく興奮しました! 現実にはないものに、ゲームを通して変身できるのが嬉しいなと思います。

11441_Card_NormalImage3

――今後、おふたりがゲーム内で着てみたい衣装はありますか?

松田 私は飛んでみたいので、カッコいい羽のようなものがついている衣装が着れるといいなって思います。空中から攻撃したり、敵を飛び越えたりしたら面白いですよね。

丹生 私はお花の衣装を着てみたいです。花柄のワンピースとかではなく、例えばチューリップの形をしたものとか(笑) 着ぐるみみたいになっちゃうかもしれないのですが、かわいらしい衣装が多いので、逆にレアな感じになるかなって。

松田 食べ物とかフルーツとか、そういうのも面白そうだね!

――実際におふたりが『ひな図書』を遊んでみた感想はどうでしたか?

丹生 スマホでポチポチできるのが、空き時間に遊ぶのにぴったりです。あと、カッコいいカードも出てくるんですけど、SDのキャラクターもすごくかわいいですよね。小さくてもちゃんとメンバーらしさが出ていますし。

松田 召喚が円陣を組むような演出になっているんですけど、私はそのときのメンバーを見るのが好きです。かわいいなって思いますね。

image_003_0025image_003_0341

――特に誰が似ていると思いますか?

 みんな似てるなあと思うんですけど、大きな剣を持って戦う宮田愛萌の動きとかですかね。愛萌はか弱いので、剣に振り回されながら戦う姿が彼女らしくてかわいいなって思いますね。

丹生 あ~、あれかわいいよね!

11008_Battle_Icon_Model

――ゲームの中でよく使うメンバーはありますか?

松田 私は自分です(笑)

丹生 分かる! 私もいっしょ! (笑)

松田 やっぱり撮影をしたり音声を撮ったりしているので、どんな感じに仕上がっているのかの確認も兼ねて、自分を使っています。

丹生 絶対に自分のカードが編成に入っちゃうんですよね。

――やっぱり優先して強化するのも自分ですか?

丹生 しちゃいますね!

松田 覚醒をするとカードのデザインが更新されるので、そのビジュアルの確認を……と言いながらやっぱり自分が強くなるのは嬉しいですね。

――これまで色々な作品がモチーフとなってストーリーに出てきていますが、お気に入りのストーリーを教えていただけますか?

松田 アラビアンナイト(2章)がお気に入りです。もとの物語も好きで、映画を見たり、絵本とかを読んでいたので、『ひな図書』に出てきてくれてすごい嬉しかったです。

アラビアンナイト_Cut1

丹生 私は竹取物語(4章)ですね。愛萌がそういった古典系の作品が好きで、ストーリーのなかでも愛萌が興奮している感じが出ているのがいいなと思ったのと、私も出てきてしゃべっているので選びました。

挿絵_1s_data

――今後入ってみたい物語などはありますか?

丹生 先ほどお花の衣装を着たいと言ったのもそうなんですけど、私は『親指姫』が好きで、ずっと昔からお花の中に入りたいなあと思っていました。すごい大好きな本ですし、『親指姫』みたいにかわいらしい世界観のお話がいいなって思います。

松田 それで言うと私も先ほどの楽器つながりですが、『ブレーメンの音楽隊』ですね。楽器とかを交えたストーリーになったら面白そうだなと思います。

おふたりのゲーム事情

――おふたりはYouTubeチャンネルに出演されて攻略や解説もされていますよね。

松田 はい。プレイする上ですごく参考になりますし、コメント欄を見るとすでに『ひな図書』をプレイしている方でも知らない情報があるみたいで、私たちだけでなくファンの方も勉強になってるみたいで嬉しいです。

――イベントなどで、ファンの方と『ひな図書』の話題で盛り上がることもありますか?

丹生 ありますね! 「『ひな図書』やってるよ」とか、「動画みたよ」とか言ってくださいますし、ファンレターでも『ひな図書』のことを送ってくださる方が多くて、嬉しいです。

松田 私は召喚で自分のカードが出てきたらファンの人に知らせたりするんですけど、「自引きした」って言ったら、「これが本当の自引きか」って言われて(笑)

丹生 本当だよ!  それできる人なかなかいないよ(笑)

――ゲーム好きのおふたりのゲーム事情についてお伺いします。好きなゲームや思い出に残っているゲームはありますか?

松田 これは最近なんですけど、『桃太郎電鉄』を丹生ちゃんやほかのメンバーと遊んで。そのときにキングボンビーの押し付け合いみたいになったりとか……丹生ちゃんにキングボンビーがついたときに、“大どんでん返し”してって言いたかったと思うんですけど……。

丹生 “大でんどん返し”ね~!(笑)

松田 そうそう(笑) 丹生ちゃんが“大でんどん返し”って言っちゃうっていう、そんなほっこりしたエピソードもありましたね。

丹生 あれ楽しかったね!

松田 『桃鉄』は読み方が分からない地名もあって、勉強しながら遊べるので楽しいですね。

ko9_7115_re

――丹生さんはいかがでしょうか?

丹生 私はやっぱり『フォートナイト』ですね。遊び始めてから2年くらい経つんですけど、ほぼ毎日やっています。ありがたいことにゲームの番組にも呼んでいただいて、“私=ゲーム”という印象がついたタイトルでもあるので、思い出になってます。

――どんなところが好きですか?

丹生 私はFPS、TPSが好きなんですけど、『フォートナイト』は世界観も可愛くて好きですね。それから、やればやるほど上達して勝てるようになるのも楽しいです。自分が強くなった実感ができたときの喜びが忘れられなくて、どんどん沼にハマっちゃいますね。あと、実況動画を見てさらにハマりました。ゲームのプレイだけでなく、動画の編集とかもYoutuberさんの動画を見て参考にしています。『フォートナイト』をきっかけに動画編集までハマっちゃいました(笑)

ko9_7085_re

松田 すごいよね! 私は視点を操作するゲームは酔っちゃうので羨ましいなって思います。一時期は酔い止めを飲みながらやってたんですけど(笑)

丹生 そこまでして!?(笑)

松田 そう(笑) さすがに体を酷使しすぎかなと思って、自分に合うゲームを探しましたね。でもやっぱり丹生ちゃんみたいにバンバン敵を倒していく姿はカッコいいですよね。

――松田さんは『クラッシュ・ロワイヤル』にハマってますよね?

松田 はい。もともとはお仕事がきっかけでしたが、応援するからにはどういったゲームかを知っておこうと思ってプレイをしたんですけど、その中でドはまりしたのが『クラロワ』です。今でもほぼ毎日やっています。

丹生 最近楽屋でやってて、メンバーから「長くない?」ってツッコまれてたよね(笑)

松田 勝敗がつかないときに延長戦になるんですけど、いいところで終わらなくて……(笑)

――おふたりのプライベートのことも聞かせていただきありがとうございました。では最後に、読者の皆さんにメッセージをお願いします。

松田 『ひな図書』のようにアイドルがガチガチにカッコいい戦闘服を着て戦うゲームは滅多にないと思いますし、カッコいいだけじゃなくて、童話の世界観といったかわいらしい部分もあるので、ぜひそこもいっしょに楽しんでもらえたらと思います。

丹生 日向坂46のファンの皆さんが、推しメンがいろんな姿で登場しているのを楽しんでいただきたいのはもちろんですが、日向坂46を知らない方も、『ひな図書』はゲームシステムやストーリーが面白いので、ぜひやっていただきたいです。 バトルをしながらどんどんステージをクリアーしていくことで、達成感が得られると思うので、ゲームから「この子たちかわいいなあ」と私たち日向坂46を好きになっていただけたら、より嬉しいです。すこしでも気になった方はぜひプレイしてみてください!

ko9_7057_re

日向坂46とふしぎな図書室

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーソニー・ミュージックソリューションズ
公式サイトhttps://hinatosho.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧