1. サイトTOP>
  2. VR化によってヒロインが目の前に!さらに臨場感が増した『ユージェネ VR Live β』が6月16日配信開始!

VR化によってヒロインが目の前に!さらに臨場感が増した『ユージェネ VR Live β』が6月16日配信開始!

2021-06-15 16:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ユージェネ

VR化によってヒロインが目の前にいるかのような没入感を体験!

2021年6月14日、コロプラは“Oculus Quest/Quest 2”対応ソフト『ユージェネ VR Live β』をOculus公式のアプリ配信サービス App Labにて、2021年6月16日から配信開始することを発表した。

『ユージェネ VR Live β』は、コロプラよりベータ運用されているスマホ向けゲーム『ユージェネ』で特定の時間に実施されている“#ライブ”をスマホ版プレイヤーと同様に体験可能なソフトとなっている。

01_TOP画像

本記事では、配信開始に先立って開催されたメディア向けVR体験会で判明した要素などをお届けしていこう。

目前でくり広げられる“#ライブ”に圧巻!

本ソフトのリリースによって、これまでスマホ版『ユージェネ』向けに配信されてきた“#ライブ”をOculus Quest 2のVRでも今後は体験できるようになる。

スマホ版のアカウントと連携することで、毎日配信される“#ライブ”にVR上の空間から参加できるようになる予定だ。

03_『ユージェネ』ストア用画像

“#ライブ”は『ユージェネ』のヒロインたちによって、ゲーム内で特定の時間に配信されている生放送。

プレイヤーはエールと呼ばれるプレゼントやコメントなどを送ることで、彼女たちとのコミュニケーションをリアルタイムで楽しめる。

ユージェネVR体験会用画像 (3)

本ソフトに対応するOculus Quest 2は、オールインワン型ヘッドセットと両手で持つコントローラーのみで構成されている。

そのため、初期設定が済んだOculus Quest 2があれば、本ソフトをダウンロードし、『ユージェネ』のアカウントと連携するだけで、いつもの“#ライブ”をVR上の空間で楽しめるようになる。

なお、本ソフトはヘッドセットを被るだけで、ほかの機器との接続なく起動できるが、『Oculus Quest 2』につなげるイヤホンなどを用意すれば、より“#ライブ”の没入感が深くなるだろう。

ユージェネVR体験会用画像 (9)

▲本ソフトから参加できる“#ライブ”は、スマホ版と共通した配信で、スマホ版プレイヤーと同様にエールやコメントなどを送れる。

加えて、スマホ版の“#ライブ”で実装されている機能は本ソフトにおいても、ほとんどそのまま使用可能だ。

エールやコメントがスマホ版のライブと同じく送れるうえに、衣装もこれまで通りにリアルタイムでの着せ換えができる。

ユージェネVR体験会用画像 (10)

▲従来の“#ライブ”会場がVR空間化され、プレイヤーがそこに参加することになるため、VRならではの画面で細かくヒロインの衣装を見ることも。

また、コメントはOculus Quest 2のVR画面を活かした表示に変化し、スマホ版よりもその場にいるかのような“#ライブ”を体験できるように改修された。

ユージェネVR体験会用画像 (6)

▲コメントはスマホ版と同じく画面左下に表示されたうえで、ステージの背景でも表示されて横方向に流れていく。

“#ライブ”のミニゲームは、言うまでもなくOculus Quest 2のコントローラでも、スマホ版とほとんど同じようにプレイ可能だ。

スマホ版のタップ操作とは異なり、握ったコントローラからVR空間内に照射されるレーザーポインタの照準を使って選択肢を選べるように。

ユージェネVR体験会用画像 (1)

▲“#ライブ”中にミニゲームが開催されれば、スマホ版プレイヤーと差異なく参加可能だ。

ユージェネVR体験会用画像 (4)

▲ミニゲーム中に現れる選択肢のポップアップは、VR画面に合わせた立体的な表示に。

“#ライブ”中の視点はOculus Quest 2の画面に合わせて動くように変化。

プレイヤーの首と顔の動きに応じて、VR化された“#ライブ”空間上を自在に歩いて移動し、見て回ることが可能となっている。

ユージェネVR体験会用画像 (8)

▲接触判定はないものの、ヒロインに触れそうな距離まで移動することができる。

なお、コントローラスティックでの移動もできるため、“#ライブ”中ずっと立ちっぱなしになる必要はなく、座りながらでも“#ライブ”を楽しめる。

さらに、本ソフト独自の要素として“#ライブ”中の歌唱パートが始まると、プレイヤーのVR空間の手もとにサイリウムが自動的に出現。

ユージェネVR体験会用画像 (11)

サイリウムは両手に装着され、各コントローラの動きに合わせた、ほとんど現実に即した動作で振ることができる。

そのため、立ってプレイしていれば、本当に音楽ライブ会場にいるかのような没入感を味うこともできそうだ。

04_『ユージェネ』ストア用画像

▲もちろんサイリウムを持っているからといって、コメントやエールが送れないということはなく、持ったままでそれまでと同様に、コメントやエールを送ることができる。

 スマホ版以上の没入感をVRで体感しよう!

メディア向けVR体験会では、スマホ版とほとんど差のない“#ライブ”参加ができることが判明した。

さらに、“#ライブ”がVR空間上で展開されることによって、ヒロインたちが現実で目の前にいるかのような体験が可能なうえ、プレイヤーの動きに合わせて画面が動くことから、これまでにない没入感を感じる場面もある。

また、ほかプレイヤーのコメントがスマホ版と異なる表示となったり、歌唱パートでサイリウムを振れたりしたことも、より一層臨場感が高まる要素となっていた。

本ソフトは、無料での配信が予定されているのでOculus Quest 2を持っている方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがだろうか。

※本記事内で使用している画像には、配信中のアプリ版『ユージェネ』の#ライブを、開発中のVR版で視聴しているものも含まれています。

ユージェネ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーコロプラ
公式サイトhttps://colopl.co.jp/yougeneration/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧