1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『Plague Inc. ‐伝染病株式会社‐』にCureモードが登場!ワクチンを作って謎の感染症から人類を救え!

『Plague Inc. ‐伝染病株式会社‐』にCureモードが登場!ワクチンを作って謎の感染症から人類を救え!

2021-02-26 16:24 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

Plague Inc 伝染病株式会社

攻略まとめページはこちら!

ついに人間が病原体に反撃!?

iOSとAndroidにて配信中の『Plague inc -伝染病株式会社-』では2020年11月のアップデートより、新たなゲームモード“Cureモード”が登場している。

 
CURE

Cureモードは従来のゲームモードとは逆に、人類側の立場から病原体の根絶を目指すという内容。

自動で勢力を広げていく病原体に対し、社会事業による対策や世界各国で検疫を行うことで感染拡大を食い止めつつ、特効薬となる“Cure”を開発して病原体を根絶できればクリアーとなる。

病原体はバクテリアから生物兵器までの7種に対応しているほか、さまざまな形質を自分で設定できる“伝染病X”で遊ぶことも可能だ。

065

このモードで興味深いのが、ゲーム内での感染拡大を防ぐ手段として、ソーシャル・ディスタンシングや空港・港湾でのスクリーニング、ロックダウンなど、新型コロナウィルス関連の報道でよく耳にする施策の数々が盛り込まれている点。

現実で行われている様々な施策の意義について、ゲームを通して理解を深めていくことができる、エデュケーションゲーム的な要素も持ったゲームモードとなっている。

017

今回はもっともベーシックな病原体であるバクテリアでのプレイの流れをもとに、Cureモードの遊びかたを紹介していく。あわせて大まかな対策指針も記載しているので、Cureモードをはじめてプレイする人は参考にしてほしい。

ちなみにCureモードは無料アップデートで追加されたゲームモードとなるので、パッケージの追加購入などは不要となっている。

Cureモードの流れ

まずCureモードをプレイする際の、全体の流れは以下の通り。

【全体の流れ】
第一段階:病原体を見つけてワクチンの研究を開始
第ニ段階:各種対応で感染拡大を抑える
第三段階:死亡率を抑えつつワクチンの完成とワクチン製造の完了まで権限を維持

第一段階:病原体を見つけてワクチンの研究を開始

このモードでは最初に、本部となる国を選択。その後“アウトブレイクを調査”、および“現地調査員配備”を行い、感染症の出現に備えていく。

通常のプレイモードと同じく、感染者が出た国には赤い点が表示されるので、現地調査員を送り込んで調査を行おう。調査員の派遣は感染を減少させる効果があるため、こまめに対応することで感染拡大の速度を抑えることができる。

016

感染が確認されたら、すぐにワクチンの開発を開始。その後は感染拡大を防止するための対応を進めていこう。

 
051

第ニ段階:各種対応で感染拡大を抑える

感染拡大を防ぐための対応は大まかにわけて3種類。手洗いやマスク着用といった“国民意識”関連、感染を減少させる“コンタクト・トレーシング”関連、国を越えた伝染病の広がりを抑える“国境監視体制”関連だ。

国民意識関連では、まずは“手洗い”や“消毒用品”を取得。そこから“個人用防護具”2種類を経由し、“サプライチェーン改善”を取得することで感染率を大きく下げられる。ここから更に“治療効率”へ繋げていけば、死亡率も大きく下げることが可能だ。

039

これにあわせて“国境監視体制”から、“空港スクリーニング”や“国境スクリーニング”を取得しておくと感染の拡大を防ぎやすい。

なお突発的なイベントなどにより特定の場所で大規模な感染が確認できた場合、その大陸を対象に“国境封鎖”や“強制ロックダウン”などの検疫措置を実施することも可能だ。検疫は非常に高い効果を発揮するが、ときには国民の反発を招いて対策不遵守が発生してしまう危険もはらんでいる。どうしても必要なとき以外は使わないほうが無難だろう。

031

▲対策不遵守の発生している国には拳のマークが出る。解消するには経済政策が必要だ。

第三段階:死亡率を抑えつつワクチンの完成とワクチン製造の完了まで権限を維持

ひと通りの防疫体制を築いたらあとはワクチンの完成を待ちつつアウトブレイクに備えていく形になるのだが、ここで注意したいのが“権限”というパラメータ。

042

これはプレイヤー=感染症対策研究機関が持つ権限を示した数値で、感染拡大や死亡者の増加によって下がっていき、0になるとたとえワクチン配布目前であっても強制的にゲームオーバーになってしまう。ワクチン完成後も決して気を抜かずにプレイしていこう。

権限低下によるゲームオーバーを防ぐには、死亡率を十分に低下させることが重要。第二段階で紹介した“サプライチェーン改善”から、“高度な抗生物質”や“回復期血漿”につなげていくと死亡率を下げやすい。さらに“モノクローナル抗体治療”までつなげると、ワクチンの開発速度を加速させることも可能だ。

032

このほか、“権限”を取得することで数値を直接回復させたり、“検閲”や“フェイクニュース”などの情報統制によって一時的に権限低下を防ぐこともできる。ただし“検閲”や“フェイクニュース”の利用は、対策不遵守が発生しやすくなるデメリットが大きいので、基本的にはギリギリの状況下でのみ使用することを推奨したい。

020

無事ワクチン配布まで耐え抜き、病原体が根絶されればクリアーとなる。大量の飛行機でワクチンが全世界に配布されていく様は、人類側の立場で見れば満点のカタルシスを覚える大逆転シーンそのもの。本作を、病原体側として過去にプレイした経験があれば、なおさらだろう。

027

Plague Inc 伝染病株式会社

対応機種iOS/Android
価格iOS:120円[税込](アプリ内課金あり)
Android:無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシミュレーション
メーカーNdemic Creations
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧