1. スマホゲーム情報ならファミ通App
    >
  2. ゲーム攻略
    >
  3. クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ 攻略まとめ
    >
  4. ファミ通App連載企画
    >
  5. 【黒ウィズ】無料ガチャなど8周年前夜祭キャンペーン開始!『CCさくら』コラボイベントの復刻も【ファミ通App連載企画:第26回】

【黒ウィズ】無料ガチャなど8周年前夜祭キャンペーン開始!『CCさくら』コラボイベントの復刻も【ファミ通App連載企画:第26回】

2021-02-18 16:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

提供:コロプラ

迫る8周年! 今年は前夜祭キャンペーンも実施

コロプラより配信中の『クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ』(以下、『黒ウィズ』)では、新イベント“St.Valentine 2021”が開催中。さらに3月に迎える『黒ウィズ』8周年に向け、2月22日からは周年前夜祭としてさまざまなキャンペーンが予定されている。

今回の『黒ウィズ』連載企画では、この8周年キャンペーン前夜祭や、復刻された『カードキャプターさくら』コラボイベントの情報を紹介。さらに、“St.Valentine 2021”の新登場精霊をキャラクターデザイナーのコメント付きでお届け。

そして記事後半では担当ライターが8年におよぶ『黒ウィズ』の歴史を振り返る企画の第1回としてキャラクター編をお送りする。

ミッションクリアーで毎日最大2回無料ガチャも! 今年の周年は“前夜祭”からおトクなキャンペーンが目白押し

『黒ウィズ』プレイヤーにとって、年間を通じて大きな盛り上がりを見せるのが秋の感謝祭、そして3月の周年キャンペーンだ。とくに周年は年数にちなんだ記念精霊のプレゼントやスペシャルな精霊が登場するガチャ、そしてプレイヤー待望の無料ガチャなど、盛りだくさんの内容となっている。

2021年は周年キャンペーンがグレードアップ。“前夜祭”として8周年当日の前、2月中から盛り上げていく。多くの精霊に新たなLtoL進化が追加される“大進化解放祭”、スキルセレクションガチャと1日1回無料ガチャに加え、すべて達成すれば無料10連ガチャができる1日1回のミッションガチャなど、前夜祭から見逃せないキャンペーンが続々と登場。この波にガッツリ乗って、周年への期待を高めていこう!

『黒ウィズ』8周年前夜祭キャンペーンの内容

・大進化解放祭(2月22日~3月4日予定):平日毎日16:00にさらなる進化の解放を実施。
・スキルセレクションガチャ(2月22日16時~3月5日15時59分予定):大進化解放祭でさらなる進化が解放された精霊を主に、日替わりでラインナップが変わるガチャ。1日1回無料付き。開催中の前夜祭特別ミッションクリアーで+1回毎日無料でガチャを引ける。
・前夜祭特別ミッションガチャ(2月22日16時~3月18日15時59分予定)&デイリーミッションガチャ(2月22日16時~3月5日15時59分予定):ミッションをクリアーすることで無料ガチャを回せる。すべての前夜祭特別ミッションを達成するとL精霊1体確定の10連ガチャが引ける(前夜祭特別ミッションガチャは最大15連分+10連、デイリーミッションガチャは2月22日~3月5日まで1日1回ずつ最大11回分)。
・ギルドマスターセレモニーズ(2月22日16時~3月18日15時59分予定):正装姿のギルドマスターを仲間にできるイベントクエストの復刻。
・ギルドフェスタ(2月22日16時~3月31日15時59分予定):素材エリアのドロップ率が100%になるほか、獲得経験値2倍、チャンスルーレットなど素材クエストがおトクになる。

『カードキャプターさくら』コラボのガチャ&イベントが復刻! 新たなさらなる進化も追加

『黒ウィズ』8周年前夜祭キャンペーンのひとつとして、2018年に開催された『カードキャプターさくら』コラボイベント“さくらと黒猫の魔法使い”が復刻される。

イベントでは2018年に放送された“クリアカード編”の中学生のさくらや知世、小狼らが登場。イベントシーンはアニメそのままの豪華キャストによるボイスで展開し、クイズ部分にも“クリアカード編”の内容についての出題ジャンル“カードキャプターさくら”のパネルが用意されているなど、アニメのファンも楽しめる内容となっている。以前のコラボイベントをプレイしていなかったり、報酬精霊を手に入れていないプレイヤーにとっては待望の復刻だ。

また、イベントと同時にガチャも復刻。“カードキャプターさくら”の登場キャラクターたちが描かれた6種の限定精霊カードは、今回の復刻に合わせてすべてのカードに新たなさらなる進化が追加され、現環境においても最前線で使用できる。入手していないプレイヤーは、ぜひこの機会に手に入れておこう。

復刻イベント:さくらと黒猫の魔法使い
開催期間:2021年2月22日16時~3月15日15時59分(予定)

『カードキャプターさくら』とは?

1998~2000年に放送されたCLAMP原作コミックのアニメ化作品。友枝町に住む少女・さくら(木之本桜)が魔法のカード“クロウカード”を集めていく物語で、登場キャラクターの可愛さや、カードを集めてパワーアップしていく設定、ドラマチックなストーリーが人気を博した。さらに2018年には新章“クリアカード編”が放送され、中学生となったさくらの新たな活躍が描かれた。

kuro26_chara01kuro26_chara02

▲さくらなど主要な登場人物のほか、さくら&知世、桃矢&月などのコンビカードも用意されている。今回の復刻に合わせ、すべての精霊カードに新たな進化が追加されているのもうれしい。

“さくらと黒猫の魔法使い”ガチャの限定精霊
カードキャプター さくら
いつも仲良し さくら&知世
クロウ・リードの血を継ぐ 李小狼
魔法の共闘 さくら&小狼
さくらを守る想いは同じ 桃矢&月
秘めた憧れを隠し 秋穂&海渡

さくらと黒猫の魔法使い STORY
ある休日の朝。図書館へ出かけようと家を出たさくらは、知世やケルベロス(ケロちゃん)とともに見たこともない場所に足を踏み入れる。
そこは、異世界クエス=アリアスだった。
境界騎士団オルハらの助力でもとの世界に戻ろうとしたさくらたちだったが、さくらの持つクロウカードが四散してあちこちに飛び去ってしまう。
さくらは“君”やウィズとともに、各地のギルドマスターたちに協力してもらい、クエス=アリアスでクロウカードを集め直すことになる。

©CLAMP・ST/講談社・NEP・NHK

4年ぶりのバレンタインガチャ到来! 少女とチョコの6つの物語

現在開催中のイベント、“St.Valentine 2021”。過去3年間は新イベントにバレンタインの内容を盛り込んだ形となっていたが、今年は2017年以来となるバレンタインを銘打ったガチャが開催された。

今回は6種の新精霊たちを、精霊のデザインを担当したデザイナーさんのコメントとともに紹介する。

kuro26_Val_key

新イベント:St.Valentine 2021
開催期間:2021年2月12日16時~3月18日15時59分(予定)

Sweet Triangle エニィ(CV:美山加恋)

kuro26_chara03

遥かな過去の時代からやって来た少女。
神秘の力を使い、たびたび世界を救ってきた。
今回は好きな人にチョコを贈るという風習を知り、緑の甦った世界を駆け回る。

【キャラクターデザイナーコメント】

センターのエニィは、彼女らしさを大切に色気が出過ぎないようにする塩梅が難しく、絶妙な距離感を出すのにとても苦労しました。
ほかのイラストにも共通しているのですが、プレイヤーの皆さんと距離が近い印象にしたかった為、キャラを大きめに配置しています。
緑化したクロディラ異界もとても緻密に描かれていますので、背景にもご注目いただけますと幸いです。

白翼に包まれて リザ&リュディ(CV:富田美憂&山下誠一郎)

kuro26_chara04

故郷を目指し、異界を旅する二人組。
訪れた異界でとある少女にかかった呪いを解くことになり、仕事にかかったが……。
その仕事は一筋縄ではいかなかった。

【キャラクターデザイナーコメント】

「ずっと過酷な戦いに身を置いてきたリュディを優しくて温かみのある空間に連れてきてあげたい」、「いつもみんなのために料理を作ってくれたリザを今度は作ってもらう側にしてあげたい」という意図を込めています。表情や小物、仕草などの細かい部分でもリザとリュディらしい関係性を表現できた一枚になったかと思います。

ラブリー呑兵衛 五所川原五美(CV:石飛恵里花)

kuro26_chara05

五所川原五美。酒飲みである。
エニグマMTGの合法的なタダ飲みを咎められ、ふらりふらりと酒と肴を求めさまよい歩く。
すると、一軒の酒場にたどり着いた。そこは怪人たちの酒場であった。

【キャラクターデザイナーコメント】

普段のゴショガワラからは想像できないちょっと意外な一面を見てドキっとしたいなという意図から制作しました。今回のバレンタインでは他のキャラがふんわり甘くかわいらしい雰囲気なので、本作は少しビターできらびやかな印象にしましたが、それが似合ってしまうのもゴショガワラの魅力だと思います。

夢に遊ぶ夢 セシーリア・ヴェルレ(CV:名塚佳織)

kuro26_chara06

いつも眠たいふしぎな女の子。
アレクの依頼で王都ウィリトナの異変を調査する「君」は、セシーリアと再会する。
その時すでに、彼女の起こすおかしな事件は始まっていた――

【キャラクターデザイナーコメント】

いつも眠たげで可愛らしいイメージとバレンタインをどう組み合わせるかチーム内でいろいろな意見を出し合い、チョコマシュマロを枕にして眠るメルヘンで甘く可愛らしいイラストにまとまりました。
いっしょに、くつろいでいただけたら嬉しいです。

幸せの味 テーラ・プラエ(CV:田所あずさ)

kuro26_chara07

高い戦闘力を誇る少女型ガーディアン。
チョコを手作りするもバカ舌が災いして失敗……
そんな空回りをしていた彼女は、自分が真に為すべきことと巡り合う。

【キャラクターデザイナーコメント】

チョコを渡すのではなく、幸せそうに食べていてほしい! とチームで意見がまとまり、次々と運ばれるおいしいチョコに夢中になっている姿をイラストにしました。手元の星チョコはレグルの手作りです。

新人?めゐど ツクヨ・オトエヒナ(CV:花守ゆみり)

kuro26_chara08

歌と舞いを司る和の国の神様。
価値観を「あっぷでーと」するため、人間になって下界の街、八百八町を訪れ、
ひょんなことから「めゐどかふぇ」で働くことになる。

【キャラクターデザイナーコメント】

カフェで働くツクヨの話にまとまり、メイド姿のイラストになりました。和洋折衷な衣装はスカートの丈感や装飾にこだわりました。
露出をほぼ無くして、淑やかで可愛らしいイメージを大切にしています。
運んでいる和スイーツもとても美味しそうに仕上がっておりますので、一緒に味を想像して楽しんで頂けたらと思います。

担当ライターのプレイリポート:『黒ウィズ』これまでの8年を振り返る~キャラクター&精霊カード編

『黒ウィズ』は2021年3月でなんと8周年! 筆者はAndroid版リリース当日からプレイを始めたのですが、最初期の『黒ウィズ』はいまの姿とは大きく違っていました。2013年3月、当時はまだ珍しかったスマートフォン専用のネイティブアプリという形で登場し、そこから幾度に渡るアップデートによって、より楽しく、そしてよりプレイしやすくなり続け、現在に至ります。

そこで今回は『黒ウィズ』8周年を記念し、筆者が振り返る『黒ウィズ』の思い出を2回に分けてお届けしようと思います。まずはキャラクター&精霊カード編として、手持ちの精霊たちの思い出と、ゲーム内のプレイヤー投票によって決まった人気精霊TOP3を年度別にお届けしましょう。

2013年

この年の3月に『黒ウィズ』がリリースされました。初期の精霊たちは、最終進化させた際の最高のレア度がSだったのですが、みなさん覚えていらっしゃいますでしょうか?

ガチャはクリスタルガチャしかなく、そこからは最終進化でレア度BやB+の精霊が出ることもあったのです。ちなみに、筆者が初めて引いた最高レア度Sの精霊はクイントゥス。いまでこそいじられキャラとしてプレイヤーに愛される彼ですが、自分のデッキのなかでしばらくのあいだ唯一のレア度Sの精霊として活躍してくれたので、特別な思い入れがあります。

また、9月にはその後も続く初期の長期シリーズとなった“クロム・マグナ魔道学園”がスタート。『黒ウィズ』で本格的なストーリーがついた初のイベントで、イツキやリンカなど、それまでのガチャにはいない新しい精霊たちが登場したのも印象的でした。

kuro26-01kuro26-02

▲現在のボックスを入手順でソートして、筆者が最初期に獲得した精霊を確認。最大レア度B+の精霊がいくつか見えますが、当時はこのような精霊たちを主力としてデッキ構築していたのです。そんななかで、高いステータスを持つクイントゥスは強い精霊だったという印象が残っています。

2014年

2014年では、2月に開催されたイベント“ショコラフォレスト”で登場した報酬精霊“パッツァ”が印象深いですね。2種類の最終進化形態があり、とにかく集めるのに苦労した記憶があります。

また、年末には人気投票の結果を反映したイベント“天界の双子 訣別のクロニクル”が開催されています。以降は、クリスタルガチャやウィズセレクションの精霊たちが主要人物として登場するイベントが次々と開催されるようになりました。それまで、これらの精霊たちは個別に短いストーリーが付いていたのですが、本格的な物語のなかで活躍するのが嬉しかったですね。

なお、現在の“黒ウィズゴールデンアワード”に相当する人気投票“黒ウィズ精霊グランプリ”はこの年から開催されています。

<プレイヤー投票:第1回黒ウィズ精霊グランプリ>(2014年2月)
1位:ミネバ・クロード
2位:サーシャ・スターライト
3位:ピノ・マリアンヌ

<プレイヤー投票:第2回黒ウィズ精霊グランプリ>(2014年10月)
1位:ファム・リリー
2位:ミカエラ・セラフィム
3位:リヴェータ・イレ
※上位の精霊が登場するイベントの開催が告知された。

kuro26-03kuro26-04

▲この年のガチャ精霊では、秋の“Halloween Night”で“デビル魔道少女 リルム・ロロット”が引けたのが嬉しかった! これが筆者が初めてお迎えしたリルムの精霊カードとなりました。また、火属性の回復の手持ちがほとんどいなかったので、この頃に手に入れたリースもありがたい存在でしたね。

2015年

この年には、“幻魔特区スザク”や“覇眼戦線”、“超魔道列伝”、“空戦のドルキマス”といった長期シリーズが始まりました。リヴェータとルドヴィカ、アリエッタ、リルム、エリス、レナ、ディートリヒといった面々は、この時点ではすでにクリスタルガチャやウィズセレクションで登場していましたが、主要人物として活躍する舞台が与えられたことで、さらに魅力的な存在となり、キャラクターやストーリーを重視する『黒ウィズ』のスタイルがはっきりと確立されたのではないかと思います。

この年に活躍した精霊と言えば、なんといってもアリエッタでしょう。複属性を持ちながら非常に高い攻撃力を有し、プレイヤーに大きな衝撃を与えました(自分はいまだにお迎えできていません……)。

<プレイヤー投票:マジカルグリコグランプリ>(2015年5月)
1位:ファム・リリー
2位:ミコト・ウタヨミ
3位:ミカエラ・セラフィム
※上位6位までの精霊が“マジカルグリコクエストII ひえひえサマークルーズ”で限定精霊カード化された。

kuro26-05kuro26-06

▲人気者のクロも2015年に初登場。同様にイベント報酬として初登場したエターナル・ロアも印象的な存在です。リルムとロアの迷コンビは、いまも続く『黒ウィズ』名物のひとつですね。

2016年

プレイヤーから絶大な支持を得たシリーズ“黄昏メアレス”が3月に開始。新規キャラクターとして登場したリフィル、ルリアゲハ、ラギトといった精霊たちが大人気となりました。11月には続編も開催され、その人気を確たるものにしています。

<プレイヤー投票:第3回黒ウィズ精霊グランプリ>(2016年3月)
男性1位:ディートリヒ・ベルク
男性2位:アルドベリク・ゴトー
男性3位:ダイトメア=ラギト
女性1位:ミコト・ウタヨミ
女性2位:アリエッタ・トワ
女性3位:アデレード・シラー
※この年から男性精霊部門・女性精霊部門に分かれた。

<プレイヤー投票:新人王決定戦2016>(2016年12月)
男性1位:アシュタル・ラド
男性2位:ヴェレフキナ・アマン
男性3位:ヒビキ・マスグレイヴ
女性1位:イーニア・ストラマー
女性2位:ガトリン・G・U
女性3位:ミルドレッド

kuro26-0708

▲“謹賀新年2016”ではディートリヒを引いたのですが、ふだんの様子からは想像できない、どこか陽気な雰囲気に驚きました。多用したのは“黄昏メアレス”のルリアゲハ。スペシャルスキルの継続ダメージが便利で、助けられることが多かったです。

2017年~2018年

この時期、自分はいったん『黒ウィズ』から離れていたため、2016年途中から2018年は休眠期間。そのためあまり多く語れるものはないのですが……。2017年の登場キャラクターを見ると“魔轟三鉄傑 対地獄三十六歌仙”、“アイドルωキャッツ”で大暴れしたガトリンが注目ポイントでしょう。

そして2018年には“SUGARLESS BAMBINA”や“Birth Of New Order”といった少し辛口なシナリオが特徴的な新シリーズや、“MARELESS 夢現の蝶”、“空戦のシュヴァルツ”など長期シリーズのスピンオフ作品が登場したことが気になるポイントですね。“Birth Of New Order”のリュオンは悲劇的な運命とそのイケメンぶりで女性を中心に人気を集め、2018~2019年の黒ウィズゴールデンアワード男性部門で1位を獲得しています。

<プレイヤー投票:黒ウィズゴールデンアワード2017>(2017年6月)
男性1位:アルドベリク・ゴトー
男性2位:ディートリヒ・ベルク
男性3位:アシュタル・ラド
女性1位:ガトリン・G・U
女性2位:クレティア・ブライユ
女性3位:リルム・ロロット

<プレイヤー投票:黒ウィズゴールデンアワード2018>(2018年4月・5月)
男性1位:ディートリヒ/アルドベリク/リュオン
男性2位:テオドール/レッジ/レグル
男性3位:カイン/キワム/アリオテス
女性1位:リルム/クレティア/イスカ
女性2位:エーファ/リフィル/エニィ
女性3位:ユッカ/アリエッタ/カヌエ
※初登場時期により3部門に分けて投票。左から2013~2014、2015~2016、2017~2018の精霊

2019年

この連載企画の開始を機に、1月に復帰。最初にプレイした“FairyChord Prelude”は『黒ウィズ』としては珍しい現代日本風の世界観となっており、主人公リレイのふつうの女の子っぽさが印象に残りました。同年のゴールデンアワードでは“FairyChord”シリーズに登場するリレイとルミスフィレスで女性部門1位と2位を独占。投票までの短期間で高い人気を獲得したのが伺えますね。

そして個人的には、3月の“6th Anniversaryガチャ”の精霊カードは強く記憶に残っています。新スキル“EX-AS”を引っさげての実装で、6周年を迎えた『黒ウィズ』に大きな変化が感じられました。

また、10月には“ARES THE VANGUARD(アレス・ザ・ヴァンガード)”が始まり、翌年のゴールデンアワードで人気1位を獲得するアレスちゃん(アレイシア)ら個性豊かなヒーローが新登場しています。

<プレイヤー投票:黒ウィズゴールデンアワード2019>(2019年4月)
男性1位:リュオン・テラム
男性2位:アルドベリク・ゴトー
男性3位:ディートリヒ・ベルク
女性1位:鶴音リレイ
女性2位:ルミスフィレス
女性3位:アリエッタ・トワ

kuro26-09kuro26-10

▲“6th Anniversaryガチャ”と“黒ウィズゴールデンアワード2019”では背景付きの限定精霊カードが登場。プレミアム感がある豪華なカードで、人気キャラクターが物語のいちシーンのなかに描かれています。

2020年

これまでの連載企画でも触れた通り、2020年は“覇眼戦線”や“空戦のドルキマス/空戦のシュヴァルツ”、“黄昏メアレス/MARELESS”など長期に渡るシリーズが物語としてひと区切りを迎えています。一方で前年に登場していたアレスちゃんが活躍する“ARES THE VANGUARD”シリーズが躍進、期待の新シリーズ“SOUL BANKER”もスタート。ヴィレスとラシュリィは次代を担うキャラクターとして注目が集まりました。

<プレイヤー投票:黒ウィズゴールデンアワード2020>
男性1位:スノウ・シラユキ
男性2位:ディートリヒ・ベルク
男性3位:アルドベリク・ゴトー
女性1位:アレスちゃん(アレイシア)
女性2位:鶴音リレイ
女性3位:サンセット=リフィル

kuro26-11kuro26-12

▲“7th Anniversaryガチャ”では、背景や精霊が動くアニメーションカードが登場しました。同じくアニメーションカードが採用された“黒ウィズゴールデンアワード2020”では、大人気となったアレスちゃんも人気投票第1位で選ばれています。

自分は2年ほど休んでいる期間があるのですが、それでも『黒ウィズ』の思い出を語ると話は尽きません! みなさんの印象に残っている精霊たちは、どんな顔ぶれでしょうか?

次回は物語編としてシナリオやシリーズのお話をさせていただこうと思っているので、楽しみにしていてくださいね。

さて、今回の“黒ウィズ連載企画”はいかがだったでしょうか。本コーナーでは、今後もここだけでしか見られない『黒ウィズ』の貴重な情報&イラストをお届けしていきます。これからもご期待ください!

©COLOPL, Inc.

クイズRPG 魔法使いと黒猫のウィズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG/クイズ
メーカーコロプラ
公式サイトhttp://colopl.co.jp/magicianwiz/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧