1. サイトTOP>
  2. 『ディアブロ』シリーズ最新作『ディアブロ イモータル』は基本プレイ無料!ハクスラの良さを大切にし、課金での装備獲得は不可能に

『ディアブロ』シリーズ最新作『ディアブロ イモータル』は基本プレイ無料!ハクスラの良さを大切にし、課金での装備獲得は不可能に

2020-12-18 08:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ディアブロ イモータル

ゲームプレイが第一優先!

BlizzardとNetEaseが共同開発中のMMOARPG『ディアブロ イモータル』において、開発者よるメディア向けオンラインプレゼンテーションが行われた。

今回のプレゼンテーションでは、『ディアブロ イモータル』開発チームのリード・プロデューサーであるカレブ・アーセナー氏とリード・ゲームデザイナーを務めるワイアット・チェン氏が本作の紹介や質疑へ応答を行った。

Caleb Arseneaux - Lead Producer のコピー

▲カレブ・アーセナー氏。『ディアブロ イモータル』開発チームのリード・プロデューサーを務め、NetEaseと連携して本作の全体的な開発管理にあたる。

Wyatt Cheng - Lead Game Designer のコピー

ワイアット・チェン氏。『ディアブロ』のスピード感溢れるアクションと深みのあるロールプレイングシステムのすべてをモバイルへ移植する責任者。

本記事では、オンラインプレゼンテーションでわかった本作の情報や質疑応答の内容をまとめてお届けしていく。

ストーリー

『ディアブロ イモータル』では、『ディアブロ II ロード オブ デストラクション』と『ディアブロ III』の間の出来事が描かれる。

プレイヤーは、ウェストマーチのような拠点に足を運び、現地の商人と取引を行って冒険の準備を整える。サンクチュアリでデーモン・スレイヤーたちとパーティーを組んで、終わりの見えない危険に満ちたダンジョンを踏破していく。

価格や課金

本作は基本無料プレイで、あらゆるコンテンツ、ストーリー、クラスが無料で利用可能になる予定であると発表された。

ゲームプレイが第一優先としており、課金が成長システムで必須になることはなく、課金は単に楽しむためだけのものと話し、課金の要素としては、装備の追加効果を再抽選するための素材やバトルパスのようなものが挙げられた。

また、地域限定でテクニカルα版の配信も予定されており、ユーザーからのフィードバックを開発に活かしていくとのこと。

登場するクラス

テクニカルα版では、バーバリアン、モンク、ウィザード、デーモン・ハンターが使用可能。質疑応答にて、正式ローンチ時にはクルセイダーとネクロマンサーも実装予定と判明した。

DIM_AlphaAnnounce_DemonHunter_Female_CharacterSelect のコピー
DIM_AlphaAnnounce_Monk_Male_CharacterSelect

装備

ハクスラの醍醐味である装備収集について、「悪魔を倒して装備を手に入れるという『ディアブロ』の核となるゲームプレイは、課金によって回避できることがあってはならない」と語り、装備(武器や鎧、装飾品)は自力で手に入れる必要があることが公開された。

▲キャラクターの右側の6つがメインスロット。兜、鎧、肩当て、下衣、メインハンド武器、オフハンド武器の6種類。

装備は最大20ランクまでレベル可能で、ランクが上がるたびに追加のステータスを獲得し、5レベルごとに追加の特性をランダムで獲得する。

DIM_AlphaAnnounce_Barbarian_OnWestmarch_LegendaryItemReforge_SvotsReach

▲ランクアップで獲得した追加の能力については、再鍛造システムを利用することで再抽選することができる。

ダンジョン

本作では、“エルダーリフト”というランダム生成された短めのダンジョンが実装される。報酬としてXPと戦利品が獲得可能。

本ダンジョンでは、進行バーが空の状態で開始され、モンスターを倒すにつれてバーが溜まる。バーがMAXになるとラスボスが出現し、それを倒すと1回の挑戦が終了となる。

DIM_AlphaAnnounce_DemonHunter_OnTombOfFahir_SegithisSpiderBossFight

マーケット

プレイヤー同士でチャーム加工用素材やサブスロットにセットできる宝石などを売買できる“マーケット”が導入予定。前述の通り、装備についてはマーケットで販売できない。悪用やBOTの利用を防ぐために、あらゆる取引は匿名で行われ、誰がどの取引を行っているかはわからない仕様となっている。

質疑応答

ここからはカレブ・アーセナー氏とワイアット・チェン氏への質疑とそれに対する応答を掲載していく。

Q.テクニカルα版はオーストラリアから配信とのことですが、正式ローンチの際も一部地域からローンチされていくのでしょうか?

A.今回はテクニカルα版についてのことしかお答えできないのですが、正式ローンチ時には日本語でプレイ可能です。

Q.操作方法とオートプレイの可否について教えてください。

A,操作は、左下にバーチャルスティック、右下に攻撃ボタンが5つという配置。自分でプレイしてもらうことを楽しんでもらうつもりなので、オートプレイは現状は予定していない。

ただし、目的地を設定すると自動で向かってくれるオートナビゲーションシステムは導入される予定。

Q.外部デバイスの使用はサポートされるのでしょうか?

A.現時点ではっきりしたことは言えませんが、要望が多いので今後実装は検討している。今回のテクニカルα版では、モバイルユーザーがどれだけ快適にプレイできるかを調査し、それらが完璧に仕上がってから開発を考える。

Q.本作では何人パーティーでのプレイができるのでしょうか?

メインストーリーは1~4人のパーティーを組んで進めていくものとなっている。ダンジョンについては、難度がノーマルの場合は、1人~4人、ヘル以上は4人が必須となる。また、パーティーのメンバー数によって敵の強さも変わってくる。

Q.パーティーはランダムな人と組めますか?

A.パーティーの組み方は色々用意されている。グローバルチャット、近くのプレイヤーをタップ、ギルドで募集、ダンジョンに入る際に検索など。多くのソーシャル機能を用意しているので、パーティーを組むのはそこまで苦労しないはず。

Q.ギルド機能もあるとのことですが、コミュニケーション以外でギルドでできることは何でしょうか?

A.ギルド専用のアチーブメントや報酬が用意されている。コミュニケーションの部分が充実していて、ボイスチャットやライブチャット、ギルドチャットなどを利用できる。また、15秒以内のボイスメッセージを残すこともでき、このボイスチャットはゲーム内の機能でテキスト化される。

ギルドダンジョンなどはないが、特定のダンジョンギルドメンバーでクリアーなどのアチーブメントはある。

Q.マーケットでレアアイテムが出品された場合は早い者勝ちなのでしょうか?

A.みんなが欲しいようなレアアイテムに関しては出品されてから一定の待機時間が設けられている。待機時間が終了したあとは早い者勝ちとなる。

Q.マーケットは課金しないと利用できないのでしょうか?

A.ゲーム内には3種類の通貨がある。プラチナムを集めることでマーケットは利用できる。

『ディアブロ イモータル』内の通貨

ゴールド:強化などのマーケットと関連のないところで使用する。モンスターを倒すことで獲得可能
プラチナム:マーケットでのアイテム購入などに使用。ゲーム内で獲得するか、永遠のオーブで購入することができる
永遠のオーブ:ゲーム内課金で入手できる通貨

Q.最後に楽しみにしているユーザーに向けてコメントをお願いします。

今回は、ユーザーに向けて新しい『ディアブロ』タイトルを提供できるということが、1番の楽しめるポイントとなります。既存ユーザーの方にはハクスラの真骨頂を楽しんでいただき、『ディアブロ』をプレイしたことない人には、ハクスラの楽しみを知ってもらいたいなと思います。

モバイル端末ということで既存のプレイヤーと新規のプレイヤーがいっしょに遊べる場所を作り上げて、新しいストーリーやキャラクター、これまで語られていなかったワールドストーンやサンクチュアリについてプレイヤーの皆さまにお届けしたいと思います。

本タイトルを日本、そして全世界のプレイヤーにお届けできることを楽しみに思っております。ありがとうございました。

ディアブロ イモータル

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG/MMORPG
メーカーBlizzard Entertainment/NetEase Games
公式サイトhttps://diabloimmortal.com/ja-jp/
配信日配信日未定
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧