1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 【今日の編集部】待望(?)の免許更新!大型自動二輪消滅、免許区分8トン⇒3.5トンだけど更新できればオーケー

【今日の編集部】待望(?)の免許更新!大型自動二輪消滅、免許区分8トン⇒3.5トンだけど更新できればオーケー

2020-12-01 20:00 投稿

免許を更新

【本日の担当:バサラ佐藤】
⇒ツイッター
バサラ佐藤01

念願の免許更新!!!

そもそも何があったかというと2年前の話。

免許更新を忘れるというミス。
●更新のハガキがこなかった(引っ越したけど住所変更はした。裏に印刷済みだった)
●ハガキ来たけど捨ててしまった
というのが理由なんだが、そもそもハガキはなくても免許は更新できる。
この年になるともはや誕生日とかどうでもよすぎてただ1歳老いていくだけなのだが、
毎年免許の更新日を確認することを忘れないようにしようと誓ったのだった。

ちなみに、免許の更新は
●誕生日の前後1ヵ月で可能
●11月12日の場合
10月12日~12月12日の間

ちなみに、万が一更新を忘れてしまっても、
●半年以内
ならわりと軽症でそのまま免許が更新できる。

ヤバいのが半年以上。半年以上1年以内の場合は、
一応仮免許の段階からやり直せる。
第1段階が飛ばせるんだけど、
これが結構長くて
●実技19時間
●学科15時間
も必要。スゲー長い。
あと金額も結構して、25、6万円だった気がする。

ほかにもやばいことがあって、
俺の場合は大型自動二輪免許もあったのだが、こちらは消滅。
仮免許は普通自動車免許の仕組みであり、
仮免許からやり直せるのは普通自動車免許のみで、それ以外の免許は6か月過ぎると失効っぽい。
というわけで、大型自動二輪は失効。

これ会社入ってから、コヤマドライビングスクールに行って取ったのに……。
25、6歳の時だったか……。

もう一点やばいのが、若い人は関係ないけど、
俺の場合、最初に免許を取ったのが平成8年。
平成19年6月1日までに普通自動車免許を取っている場合、
車両総重量8トン未満の車両まで運転できた。

それが取り直しになったので
車両総重量3.5トン未満の車両までに大幅ダウン。
といったところで、4トンロングとか乗ったことないので関係ないっちゃ関係ないんだけど……。

・大型自動車免許の消滅
・乗れる区分のダウン
・教習所にかかったお金
・仮免から実技と学科のスゲー長い時間
失ったものは大きい……。

ちなみに、これだけ言ってて免許の更新は来年末だと思っていたというマヌケぶりも発揮。
誕生日が12月なので、免許の有効期限が翌年の1月になっているので勘違いしていた模様。
てゆーか平成33年とかやめてくれませんかね……。わからんっての!w
公的資料とかは全部西暦にしてほしい。
まじでわかんなくなるので……。

今回は無事更新のおハガキが到着したので、
セーフでした……。
これで緑色の初心者免許からブルーにパワーアップ!
車はほぼ乗らないので、次はゴールドでしょう。
あと、新しい免許西暦も書いてあるじゃん!
そうだよ!それでいいんだよ!
つぎは2024年! じゃなくて2023年の11月末からね……。
紛らわしい!

12月1日の注目記事ダイジェスト

『Pokemon GO』とのパートナーシップをスタート 小田急グループのバス停約2400カ所がポケストップとして登場!

main




▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧