1. サイトTOP>
  2. ゲーム攻略>
  3. ドラゴンクエストタクト>
  4. ドラクエタクトプレイ日記>
  5. 『ドラゴンクエストタクト』デスマウンテンのハードクリア!ライアン5覚醒も終わりアンドレアル集めに勤しむ【プレイ日記第20回】

『ドラゴンクエストタクト』デスマウンテンのハードクリア!ライアン5覚醒も終わりアンドレアル集めに勤しむ【プレイ日記第20回】

2020-11-18 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

ドラゴンクエストタクト

『ドラクエ』大好きライター、ゴジラ太田の『ドラゴンクエストタクト』(#ドラクエタクト)まったりプレイ日記を掲載。

シミュレーション超苦手だけどデスマウンテンのハードクリアできた!

皆さんこんにちは、ゴジラ太田です! ある日、『ドラクエタクト』担当編集者からこんな指令が。「おまえらデスマウンテンのハードクリアできなかったら次回から仕事はないと思えよ(かなり誇張)」。プレイ日記の第1回で書きましたが、筆者はシミュレーションが超苦手。

でもハードクリア報酬の“はかいのてっきゅう”は強いので手に入れたい! というわけで、手持ちの仲間たちを駆使してなんとかハードをクリアできました! 簡単に各場所のパーティ構成と戦いかたを触れたいと思います。

■結界のほこら 北西

 01

バギ、ドルマ属性に弱い敵が多いので、それらの攻撃手段を持つ仲間で編成。ヘルバトラーの撃破を最優先して、その後に残りの敵を片づけるという戦いかたで勝利。

■結界のほこら 北東

 02

メラ属性に弱い敵が多いので、それらの攻撃手段を持つ仲間で編成。エビルプリーストは序盤はマホカンタが張られているので、まずは周囲の敵をせん滅。マホカンタが切れたら、りゅうおうのれんごく魔弾などで一気に倒しました。

■結界のほこら 南西

03

バブルキングをリーダーにして、毒無効の耐性を持つギガデーモンを激減にします。あとは、みがわりを使う仲間に寄り添いながらバブルキングはもうどくのいきをギガデーモンたちに使用。効くかは運次第なので、成功するまで何度もやり直しました。それ以外の敵は眠りに弱いので、ラリホーなどで眠らせて弱点属性のドルマ属性呪文でもダメージを与えていき勝利。

■結界のほこら 南東

 04

ヒャド属性に弱いので、それらを使える仲間たちで編成。3体のアンドレアルが出現しますが、HPの高い個体が仲間を呼んでアンドレアルがどんどん増えていきます。ヒャダルコなどの範囲攻撃でまとめて攻撃するのはもちろんですが、HPの高い個体を最優先で倒すようにしました。コイツさえ倒せば仲間を呼ばれないので、残ったアンドレアルを慎重に倒せば勝利です。

■デスピサロ戦(デスマウンテン)

05

デスピサロと道中に出現する敵はメラ属性に弱いので、強力なメラ属性を使える仲間を、と思ったらアームライオンしかいませんでした……。

デスピサロは完全体になると永続マホカンタを使ってくるので呪文攻撃は不可能。そのため、アームライオンを意地でも護りながら戦うために、ここでもみがわり戦法で挑戦。道中で出現する敵をじっくりと倒していき、アームライオン、ライアンの攻撃力を上げてみがわりで守れる陣形でデスピサロを待ち受けます。あとはやられる前にやる!

ライアンは鉄甲斬を使いデスピサロの守備力低下を狙いました。回復役がエンゼルスライムなのは、結界戦で高ランクの回復役を使い切っていたから。特技のレベルは、回復&補助系は1のまま、攻撃系は5まで上げたらなんとかなりました。

ちなみに、デスピサロが完全体になる前に攻撃を当てて永続マホカンタを張らせない戦いかたもあるようですが、筆者は無理でした(´;ω;`)。

というわけで、シミュレーションが苦手ながらも手持ちの仲間でなんとかハードまでクリア! はかいのてっきゅうも取れたので、ひと安心です。

06

そして、デスマウンテンに挑んだときは覚醒4まで済ませていたライアンですが、その後最後の覚醒も完了!

メダルを約3万枚も集める必要があるため、前回の日記で「なんだこの途方もない数は……」と泣いていましたが、バトルロード周回に使っていた時間をイベントクエスト周回に充てたら余裕で集まりました! むしろ、どんだけバトルロードやっていたんだよっていう(笑)。

 07

SPスカウトでは、新たにクリフトが登場! ベホマラーを使えるほか、対象の移動を封じるレッグスラスト、必殺技の狼牙突き・極など攻撃や妨害系も得意なキャラクターになっています。ステータスはこんな感じ。

 08
09

回復手段を持ち無属性攻撃持ちなので、どのクエストにも入れられる汎用性の高さがいいですね。スライムエンペラーもベホマラーを使えますが、クリフトと比較してみました。

 10
 11

守備力はスライムエンペラーが圧倒的に高いですが、HPがかなり低め。特技ではベホマラーのほかにスクルト、エールが使えます。

一方でクリフトは守備力は低めですがHPがかなり高い! 特技ではベホマラー以外では攻撃手段が豊富で、攻撃力と呪文耐性を上げる“神官の加護”があるので、物理系の相手と戦うときはスライムエンペラー、呪文系の相手と戦うときにはクリフトがいいのかな?

そして、イベントクエストで新たに仲間になるアンドレアルは、こんな感じ。

 12

覚醒すると移動力が3になり、射程の長い攻撃手段が多いのが魅力。はげしいおたけびは、まれに対象を休みにできるので使い勝手がよさそうです。

先週はデスマウンテン攻略で精神がチカラ尽きたので、今週はまったりアンドレアルを集めることにします。

それでは、また!

ドラゴンクエストタクト

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttps://www.dragonquest.jp/tact/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧