1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『聖闘士星矢 ライジングコスモ』氷河vsミロの激戦が見られる13章も非常に熱かった【プレイ日記第15回】

『聖闘士星矢 ライジングコスモ』氷河vsミロの激戦が見られる13章も非常に熱かった【プレイ日記第15回】

2020-11-13 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

聖闘士星矢 ライジングコスモ

テンセントゲームズのスマホ向け3DRPG、『聖闘士星矢 ライジングコスモ』(以下、『聖闘士ライコス』)。本作のプレイ日記をお届け。

tenkoji01担当:テンコジ
⇒ツイッター

新コンテンツ“火時計”についてはすみません

みなさん、こんにちは!ライターのテンコジです。最近以下のようにタイトル画面が変化した『聖闘士ライコス』プレイ日記第15回をお届けさせていただきます。

kiji_001

ということで今回は新PvPコンテンツ“火時計”を遊んでみた感想を……と思ったのですが、皆さんすみません。“火時計”はバトルフィールドにて【月・水・金・日】の【12時~14時&18時~24時】という限られたタイミングでしか遊べないコンテンツでして、そのことをチェックし忘れていた自分は木曜日に「さぁ、火時計やるぞぉー」とウキウキでゲーム起動したら「え、ダメじゃん」ってなった次第でした(汗)。

ですので、火時計は第16回のプレイ日記で取り上げさせていただきます。

kiji_002

▲“火時計”遊べませんでした、すみません。

話を切り替えまして、2020年11月12日19時に『聖闘士ライコス』公式Twitterが更新され、新キャラクター“星雲・瞬”の続報が発表されました。正式名称は“アンドロメダ星雲・瞬”となっていて、11月13日8時よりゲーム内にて実装されています。ツイートの文言曰く「ネビュラストリームを重ねて、一気に解放して敵に絶大ダメージ」という文言があるので、ネビュラストリームの運用が鍵になりそうですね。

kiji_003

さて、今回は久々にストーリーを勧めたので13章の話でもしていこうかなと思います!以下ネタバレ要素となりますので、大丈夫な方のみ下にスクロールして続きをお楽しみいただければと思います。

kiji_004

 

 

 

 

 

 

13章では天秤宮に突入した星矢たちが氷の棺に閉じ込められた氷河を発見します。星矢はペガサス流星拳で氷の棺を破壊しようとしますが、圧倒的な硬さの前に星矢の攻撃はビクともしませんでした。

kiji_005

紫龍はこの氷の棺を破壊するために、圧倒的な攻撃力を誇る天秤座の黄金聖衣の力を使うことにします。6種類の武器を内包した天秤座の黄金聖衣から槍を手にした紫龍は小宇宙を高めて氷の棺を一突き! すると圧倒的な硬度を保っていた氷の棺が瞬く間に水蒸気へと変化していきました。天秤座の黄金聖衣激ヤバですね(汗)

kiji_006
kiji_007

しかし、冷え切った氷河の体は一刻の猶予もなく、瞬は彼の体を温めるべく自らの小宇宙を限界まで燃やし続けます。ちょっとやそっとでは語れない「熱い友情」とはまさにこのことかと見ていて感じました。

kiji_008

瞬の小宇宙の変化に先を急ぐ星矢たちもさすがにまずいと感じたのか、ひとつ先の天蠍宮から瞬のもとへ引き返そうとします。そこに蠍座のミロが現れて、星矢たちの動きを封じます。一転してピンチです。

kiji_009

そんな彼らの危機に瞬の力で正常な状態へと回復した氷河が駆けつけ、ミロの相手をすると宣言。星矢・紫龍・瞬に先を急ぐよう伝えます。

kiji_010
kiji_011

氷河vsミロの一騎打ち開幕! 氷河は持ち前の氷の力でミロを氷漬けにしますが、ミロには効かないようですぐ氷の呪縛から抜け出していました。その後、氷河にカミュの気持ちを教えるミロ。しかし、友と同じ戦いを歩めないのなら余計なお世話だと言わんばかりに啖呵を切った氷河は、ミロとの対決の唯一の勝ち筋にすべての力をぶつけました。

kiji_012
kiji_013

氷河の見出した勝機、それはダイヤモンドダストの凍気によってミロの星命点を突くことでした。ミロ曰く「黄金聖衣がなければ負けていた」とのこと。しかし、この勝機にすべての力を出し切った氷河はミロの横を通り抜けたところで力尽き、倒れてしまいます。

kiji_014
kiji_015

そんな彼を助けたのは先ほどまで氷河の行く手を遮っていたミロでした。彼は沙織のもとに集まった聖闘士たちが正しいのか、それとも教皇とともに戦う自分たちが正しいのか、それを見極めに行くと語るのでした。

kiji_016

13章はこれにて終了となります。今回はクールなふたりが戦いを繰り広げていただけに叫ぶシーンもひと際少なく感じましたが、それでも熱い展開・ギリギリの戦いは変わらずといった感じでガッツリ見入ってしまいました。といったところで本プレイ日記15回目も終了しようと思います。次回こそは宣言通り“火時計”について語りたいと思いますので引き続きよろしくお願いします。

聖闘士星矢 ライジングコスモ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーテンセントゲームズ
公式サイトhttps://seiyarc.jp
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧