1. サイトTOP>
  2. 『原神』毒龍の死体はあるのか?ドラゴンスパインが気になる【プレイ日記第5回】

『原神』毒龍の死体はあるのか?ドラゴンスパインが気になる【プレイ日記第5回】

2020-10-30 21:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

原神

miHoYoから配信中の新作オープンワールドRPG『原神』のプレイ日記をお届け。

担当:しゃれこうべ村田(ツイッター

スパインと言えばスパインバスター(プロレス技)

もう今年も残り60日そこらですってよ! マジで? マジだよ! ビックリしたオレ!!

ってことで、しゃれこうべ村田です! 現在冒険ランクは39、世界ランク5が見えて参りました!

それはいいとして、10月9日に『原神』公式サイトで公開されたお知らせに、12月23日のアップデートで“ドラゴンスパイン地域”が公開される、みたいなことが書かれていましたよね~!

ドラゴンスパインとは、そう、モンドの南方にある雪山のあたりです。

20201030_原神 (8)

それで、ドラゴンスパインについてちょっと考えてみた訳ですよ!

スパインが背骨を意味する言葉であることを考えると、ドラゴンスパインは竜の背骨。

略せば竜骨、ということは船の背骨とも言える竜骨とつながって港系のエリアなのでは???

とか思ったら港はすでに璃月港があるし、そもそも船の竜骨は英語だとキール(keel)でしたよっていうね! HAHAHA!!

原神_20201015061427
20201030_原神 (10)

しかし、ドラゴンスパインという地名のヒント(というかほぼ答え)はアイテムに書かれていました!

“森の風拾遺集・龍の書”を読むと、どうやらドラゴンスパインはかつてモンドの地を襲った毒龍・ドゥリンの死体が眠っている場所なのだとか!

20201030_原神 (11)

腐敗魔獣の毒龍とかいうだいぶ危険そうな呼びかたをされているドゥリン、その骸が眠る地には何があるのか、これは気になるところ!

やはり秘境や地霊壇などが多かったりするのか、というか何ならドゥリンとのボス戦とかあるんじゃないかとけっこう期待しております!

※ドラゴンスパインに関する記述は基本的に妄想なので実際にどうなるかはわかりませんよ!

ドラゴンスパインの広さはどんなものか?

毒龍の骸がある、という土地柄(?)がわかったところで、つぎに気になるのはエリアの広さでしょう。

開放前は強行突破しようにもパイモンによって強制送還されてしまうため、ひとまず行ける範囲から見える景色でドラゴンスパインを観察!

やはり特徴的なのは、北方(画面上方向を北と仮定して)にそびえる高い雪山です。

原神_20201030174742
原神_20201030175035

モンド方面から璃月港方面まで、現在確認できる地図で白くなっている部分には広く雪山が連なっており、その向こうに広がる景色はまだ見えません。

20201030_原神 (14)

ただし全面的に雪景色という訳でもなさそうで、西方に回り込んでみると草原が広がっていることも確認できます。

局所的に雪山があるのはドゥリンの骸があることと何か関係があったり……?

原神_20201030175731
原神_20201030180218

▲2枚目が撮影ロケーション。基本的にこのあたりからドラゴンスパインの探索を始めることになる?

草原が見えたあたりから南下していくと、開放済エリアが浜になっているあたりで未開放エリアも海岸が広がっています。

璃月港方面から海岸線を眺めるとかなりゴツゴツとした景色が広がっており、見た感じだと港町のようなものはなさそうです。

原神_20201030180845

また、反対の東側から見ると、遠くに岩山のようなものが見えてます。

璃月港側から見ると陸地の広がりはあまりなさそうでしたが、海を隔てた先に島などはあるのかも?

原神_20201030181113

全体的に険しい景色が広がっている印象からすると、そもそも街的なものがあるかも若干怪しいところ!

しかし毒龍の骸が眠るという話があるだけに、そこで骸を弔うなり宝を探すなりする一団がいてもおかしくないような気がして、どんなキャラクターが登場するのかといったところも楽しみですね!

と、妄想を広げたところで今回はおさらば! 最後は、写真撮影モードを起動すれば進入禁止エリアで暗くなった画面を明るくできる、というとくに役にも立たない情報を共有してお別れ!

原神_20201030181435
原神_20201030181431

▲未開放エリアを覗くのには使える……?

◆『原神』攻略まとめwiki(電撃オンライン)はこちら!

Eiriok7WAAEjmoG

原神

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションアドベンチャー
メーカーmiHoYo
公式サイトhttps://genshin.mihoyo.com/ja
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧