1. サイトTOP>
  2. 『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』プレイアブルキャラクターとして登場する“聖帝サウザー”の情報を先行紹介!

『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』プレイアブルキャラクターとして登場する“聖帝サウザー”の情報を先行紹介!

2020-10-26 15:20 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

北斗の拳 LEGENDS ReVIVE

あの人気キャラクターが再び登場!

100万ダウンロードを突破した、コミック累計発行部数1億部を超える伝説的漫画『北斗の拳』(原作:武論尊・漫画:原哲夫)を題材とした、スマートフォン向けゲームアプリ『北斗の拳 LEGENDS ReVIVE』。

“北斗神拳”一子相伝の歴史が途絶えた時代に、北斗の意志に導かれたプレイヤーが新たな伝承者となるため、強敵(とも)と出会い、その記憶を集めていく伝承リバイブRPGだ。

この記事では、非情の帝王“聖帝サウザー”の情報を先行公開。

南斗聖拳最強と謳われる、南斗鳳凰拳の使い手。独裁の星[将星]のごとく孤高の輝きを放ちながら、非情の帝王“聖帝”として世紀末の世に君臨する。

さらに、奥義“彷翔十字鳳”の動画も公開。

聖帝サウザー

聖帝サウザー

南斗聖拳最強の男[聖帝]として、独裁の星[将星]のごとく孤高の輝きを放つサウザーの姿。愛を捨て、肉親も友も情もなくおのれ以外を虫けらのように扱う彼は、無数の血の粛清が支える[非情の帝王]として、世紀末の世に君臨する。

hokuto007_115
hokuto007_147
hokuto007_214

必殺:極星十字拳
凄まじい踏み込みとともに手刀で相手を十字に斬り裂き、すかさず鋭い貫手突きから後ろ回し蹴りをたたみかける。

聖帝サウザー_攻撃聖帝サウザー_必殺

奥義:彷翔十字鳳
両腕を使って大きく跳ね上がる勢いで相手を打ち上げてから蹴り落とし、さらに全身に大きな闘気をまとって相手に突進する。

hokuto008_055
聖帝サウザー_奥義

“聖帝サウザー”は状態異常に強い技タイプで、気絶、秘孔縛、沈黙、激振孔、新血愁、必殺封印、闘気低下と追加ダメージを無効化できるので、秘孔縛による行動不可環境において、頼もしい性能。

また、“必殺封印”というデバフを持っており、敵拳士の強力な必殺技の阻害が可能だ。現時点で聖帝サウザーだけが持っており、解除も現状不可。

必殺封印は奥義の効果。目標とその後ろの敵拳士に60%の確率で[必殺封印]を1ターン付与するので、後列の強力な必殺技も封じることが可能。覚醒することで100%の確率で付与できるようになる。

奥義使用時に攻撃力だけでなくダメージ増加も上がるためダメージを出しやすく、さらに敵タイプが技タイプだった場合、与えるダメージがさらに上昇。

攻撃自体は単体攻撃であるが、目標に与えたダメージの一定%分を追加ダメージとして周囲にばらまくので、目標が技タイプだった場合、全体ダメージが非常に伸びやすい。

必殺で1ターンのあいだ、クリティカル回避率の半分にあたるクリティカルダメージ耐性を得られるのでクリティカルに対して非常に硬くなれる。

自身の闘気もかなり上昇させ、必殺発動率も上がるため、必殺発動ループに入ることができれば、かなりの頻度で奥義発動が可能となっているぞ。

パッシブの効果で自身のクリティカル回避率とクリティカルダメージ耐性を大幅に上昇させるので、必殺のクリティカルダメージ耐性を押し上げる。

さらに、気絶、秘孔縛、沈黙、激振孔、新血愁、必殺封印、闘気低下と 追加ダメージを無効化でき、HPが一定%以下になった時、自身のHPを回復とさらにシールドを張るため、回復阻害持ちのバスクが居ても耐えやすく、戦闘中2回まで発動できるので技タイプの中でも屈指の耐久力に。

登場時にクリティカル率とクリティカルダメージが上昇し、さらに奥義を放つ度にこれらが上昇していくので、サウザーの強化が完成した際の威力は見ものだ。

奥義の動画はこちら


※仕様は開発中のため、変更となる可能性があります。

北斗の拳 LEGENDS ReVIVE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttps://hokuto-revive.sega.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧