1. サイトTOP>
  2. 『デレステ』イベントコミュで一番活躍しているのは?期間限定イベント出演回数トップ10

『デレステ』イベントコミュで一番活躍しているのは?期間限定イベント出演回数トップ10

2020-09-11 11:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

イベントコミュで活躍したアイドルたちを振り返る

配信がスタートしてから5周年を迎えた『アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ』。ゲーム内でも特に目玉となるコンテンツが期間限定イベントだ。

様々なアイドル達のユニットと新曲の発表と共に、各イベントでは「イベントコミュ」としてユニットのメンバーやそれを取り巻くアイドルたちの交流が描かれ、ハートウォーミングなストーリーから、ギャグ要素のあるエピソード、時にシリアスな場面など様々な一面のぞかせてくれる。

IMG_0997

今回は、そんな期間限定イベントにおいて、直近で終了した5周年記念曲のイベント『Go Just Go!』までに出演回数の多いアイドルトップ10を紹介しよう。

第8位 姫川友紀(登場回数14回)
①ゴキゲンParty Night
②きみにいっぱい☆
③Lunatic Show
④With Love
⑤冬空プレシャス
⑥Stary-Go-Round
⑦ススメシンデレラロード 月宮雅/愛野渚
⑧TAKAMARI☆CLIMAXXX!!!!!
⑨ススメシンデレラロード 斉藤洋子/水木聖來
⑩TRUE COLORS
⑪ミラーボール・ラブ
⑫ススメシンデレラロード 成宮由愛/桃井あずき
⑬Joker
⑭Go Just Go!

 IMG_0897

野球が大好きな元気娘で、非常にパワフルなキャラクターだがイベントで見せるパフォーマンスは多岐にわたる。“ゴキゲンParty Night”のようなポップスソングや、“きみにいっぱい☆”のようなサンバ調から、ロックナンバー“Lunatic Show”。はたまた“With Love”のようなロマンチックなラブソングや、“Joker”のようなオシャレなロックに参加。豪快で明るくさっぱりした性格だが、多面的な表現ができる実に魅力に溢れたアイドルだ。

同数第8位 橘ありす(登場回数14回)
①生存本能ヴァルキュリア
②咲いてJewel
③Near to You
④イリュージョニスタ!
⑤ドレミファクトリー
⑥ススメシンデレラロード ライラ/柳瀬美由紀
⑦ススメシンデレラロード 浅利七海/横山千佳
⑧ススメシンデレラロード 月宮雅/愛野渚
⑨ススメシンデレラロード 斉藤洋子/水木聖來
⑩夏恋-NATSU KOI-
⑪TRUE COLORS
⑫ススメシンデレラロード 今井加奈/若林智香
⑬輝け!ビートシューター
⑭Go Just Go!

IMG_0900

年少組アイドルでも落ち着いた雰囲気で、歌声やパフォーマンスは年齢以上の大人っぽさを感じさせる“橘ありす”。初参加のイベント、“生存本能ヴァルキュリア”と続く“咲いてJewel”など最初はメロディアスでグッと世界観に引き込まれる楽曲に参加。“Near to you”、“ドレミファクトリー”では可愛らしくポップな印象。一方、“夏恋-NATSU KOI-”ではミドルバラードで“クール橘”の魅力を披露し、多彩ぶりを発揮している。

同数第8位 神谷奈緒(登場回数14回)
①オルゴールの小箱
②BEYOND THE STARLIGHT
③STORY
④Nothing but You
⑤双翼の独奏歌
⑥Trinity Field
⑦Frost
⑧エチュードは一曲だけ
⑨Stage Bye Stage
⑩ススメシンデレラロード 斉藤洋子/水木聖來
⑪ススメシンデレラロード 大石泉/兵藤レナ
⑫オタク is LOVE!
⑬オウムアムアに幸運を
⑭Go Just Go!

IMG_0903

キャラクターとしては明るくてボーイッシュなイメージが強いが、最初に参加した“オルゴールの小箱”や“STORY”では優しく穏やかな歌声を披露。“Nothing but You”や、クール属性のセンターユニット“Triad Primus”の楽曲“Trinity Field”ではアーティスティックな面も見せる。そんな中、アニメ好きアイドルで組んだユニット“虹色ドリーマー”では、趣味を語らう仲間同士で普段とは違った嬉々とした様子を見せる。同ユニットの楽曲“オタク is LOVE!”は、コールやセリフも多用されるコミカルな1曲でユニークなパフォーマンスを見せてくれる。

第4位 前川みく(登場回数15回)
①アタシポンコツアンドロイド
②つぼみ
③BEYOND THE STARLIGHT
④EVERMORE
⑤Nothing but You
⑥Take me☆Take you
⑦Halloween♥Code
⑧HARURUNRUN
⑨ススメシンデレラロード 堀裕子/楊菲菲
⑩Starry-Go-Round
⑪ススメシンデレラロード 浅利七海/横山千佳
⑫きゅん・きゅん・まっくす
⑬Athanasia
⑭Joker
⑮Go Just Go!

 IMG_0904

猫耳アイドルと言うある意味、キャラとしては王道一直線の設定ながら、最初のイベントのデジタルチューンな“アタシポンコツアンドロイド”からバラードの“つぼみ”、そして続いてアップテンポな“BEYOND THE STARLIGHT”と、楽曲の振れ幅にどれも見事にマッチしている。“Nothing but You”や“Joker”ではクールな一面も見せるなど、自分の個性を曲げない信念を持ちながらも幅広い活躍を見せている。

第4位 渋谷凛(登場回数15回)
①Nation Blue
②Snow wings
③ゴキゲンParty Night
④STORY
⑤∀NSWER
⑥Trinity Field
⑦恋が咲く季節
⑧Happy New Yeah!
⑨エチュードは1曲だけ
⑩ススメシンデレラロード 西園寺琴歌/篠原礼
⑪ガールズ・イン・ザ・フロンティア
⑫Stage Bye Stage
⑬ススメシンデレラロード 斉藤洋子/水木聖來
⑭TRUE COLORS
⑮Great Journey

 IMG_0905

クールのセンターアイドルがここでランクイン。自身のソロ曲をはじめ、イベントでは“Nation Blue”や、“Triad Primus”の3人によるハーモニーで圧倒的な歌唱力の高さをみせる“Trinity Field”など、クールでパワフルな歌声によるパフォーマンスを見せる。しかし、いざ、参加しているイベント楽曲見てみると、“ゴキゲンParty Night”や“Happy New Yeah!”などテンションのあがるポップスソングや、懐メロテイストな“エチュードは1曲だけ”などジャンルは幅広い。

同数第4位 一ノ瀬志希(登場回数15回)
①Tulip
②つぼみ
③明日また会えるよね
④EVERMORE
⑤Halloween♥Code
⑥Virgin Love
⑦クレイジークレイジー
⑧ガールズ・イン・ザ・フロンティア
⑨ススメシンデレラロード ライラ/柳瀬美由紀
⑩Trust me
⑪きゅん・きゅん・まっくす
⑫バベル
⑬夢をのぞいたら
⑭オウムアムアに幸運を
⑮Go Just Go!

IMG_0995

ややハスキーで小悪魔的なセクシーボイスが魅力の“一ノ瀬志希”は、『デレステ』初となるユニットで、トップクラスの人気を誇る“LiPPS”に参加。また、特に印象的なのは2つのデュオユニットへの参加だ。“宮本フレデリカ”とのユニット、“レイジーレイジー”による楽曲“クレイジークレイジー”では切なくて幻想的な雰囲気のバラードを披露。一方、“二宮飛鳥”とのユニット、“Dimension-3”による楽曲“バベル”では、EDMサウンドのハードな曲調で高い歌唱力を見せる。ソロでの人気も含めて、男性と共に女性からの支持が強い。

同数第4位 五十嵐響子(登場回数15回)
①明日また会えるよね
②ラブレター
③With Love
④イリュージョニスタ!
⑤桜の風
⑥ススメシンデレラロード 三好紗南/古澤頼子
⑦ススメシンデレラロード 西園寺琴歌/篠原礼
⑧ススメシンデレラロード 堀裕子/楊菲菲
⑨ススメシンデレラロード ライラ/柳瀬美由紀
⑩Palette
⑪ススメシンデレラロード 月宮雅/愛野渚
⑫Stage Bye Stage
⑬Unlock Starbeat
⑭ススメシンデレラロード 成宮由愛/桃井あずき
⑮Go Just Go!

IMG_0994

キュートのセンタ―ユニット“ピンクチェックスクール”に所属する“五十嵐響子”が4位にランクイン。キュートの属性曲である“明日また会えるよね”、“With Love”や“桜の風”に、前述の“ピンクチェックスクール”の楽曲など明るく爽やかなラブソングが多い。本人の柔らかなイメージにピッタリなイベントが多い中、7thライブ大阪公演のテーマ曲となった“Unlock Starbeat”に参加。ロックバンドでベースに挑戦しており、持ち前の包容力でメンバーを優しく支える。

第2位 片桐早苗(登場回数16回)
①きみにいっぱい☆
②Near to You
③命燃やして恋せよ乙女
④モーレツ★世直しギルティ!
⑤イリュージョニスタ!
⑥冬空プレシャス
⑦ススメシンデレラロード 小松伊吹/安斎都
⑧ススメシンデレラロード 西園寺琴歌/篠原礼
⑨SUN♡FLOWER
⑩ススメシンデレラロード 堀裕子/楊菲菲
⑪義勇忍侠花吹雪
⑫ススメシンデレラロード 月宮雅/愛野渚
⑬ススメシンデレラロード 斉藤洋子/水木聖來
⑭TRUE COLORS
⑮ススメシンデレラロード 成宮由愛/桃井あずき
⑯ヒーローヴァーサスレイナンジョー

IMG_0907

ランクインメンバーの中では最年長。トリオユニット“セクシーギルティ”のリーダーを務め、一回り違う高校生の2人と一緒に若々しく活動する様子を見せる。一方、演歌調な“命燃やして恋せよ乙女”や、恋愛だけじゃない女性らしさを歌ったクリスマスソング“冬空プレシャス”など、10代では出せないアラサー女子らしい深みを増した魅力を見せてくれる。残念ながらメインで参加している“SUN♡FLOWER”以降、イベントコミュではゲスト出演のみとなっている。

同数第2位 本田未央(登場回数16回)
①Orange Sapphire
②Snow Wings
③ゴキゲンParty Night
④STORY
⑤情熱ファンファンファーレ
⑥イリュージョニスタ!
⑦Happy New Yeah!
⑧Spring Screaming
⑨SUN♡FLOWER
⑩君への詩
⑪スパイスパラダイス
⑫Stage Bye Stage
⑬Sun!High!Gold!
⑭夢をのぞいたら
⑮Great Journey
⑯ススメシンデレラロード 浅野風香/藤居朋

IMG_0996

パッションのセンターアイドルが2位にランクイン。最初のイベント、“Orange Sapphire”や、パッションのセンターユニット“ポジティブパッション”の楽曲“情熱ファンファンファーレ”と“スパイスパラダイス”、さらに“SUN♡FLOWER”や“Sun!High!Gold!”など、パッションらしい明るくてテンションのあがるイベント楽曲が満載。シンデレラ総選挙での総合順位や各属性の順位でも好成績をマークし、“君への詩”や“Sun!High!Gold!”など総選挙楽曲イベントの参加がここまでの出演回数の要因になっていると思われる。

第1位 城ヶ崎美嘉(登場回数17回)
①Orange Sapphire
②Tulip
③BEYOND THE STARLIGHT
④EVERMORE
⑤shabon song
⑥Kawaii make MY day!
⑦Twin☆くるっ★テール
⑧ツインテールの風
⑨ススメシンデレラロード 三好紗南/古澤頼子
⑩ススメシンデレラロード 西園寺琴歌/篠原礼
⑪SUN♡FLOWER
⑫ガールズ・イン・ザ・フロンティア
⑬青空エール
⑭TRUE COLORS
⑮Gossip Club
⑯ススメシンデレラロード 成宮由愛/桃井あずき
⑰Go Just Go!

IMG_0909

見事1位を獲得したのは、長らく姉妹アイドルの姉として活躍してきた“城ヶ崎美嘉”(現在は、双子アイドルの久川姉妹もいる)。カリスマギャルアイドルとして、“LiPPS”や“セクシーギャルズ”などに参加し、セクシーさをウリに存在感を示す。一方、“城ヶ崎莉嘉”の姉と言う立場でセットで登場する場面があったり、テレビアニメでは“シンデレラプロジェクト”を見守るポジションで、“先輩アイドル”という属性が付与されたように思う。その結果、様々なイベントでゲスト出演することになり、最多出演に繋がっているのではないだろうか。

5年間の中で開催された多数のイベントコミュで、見事1位を獲得した“城ヶ崎美嘉”。しかし、1回差で“本田未央”、“片桐早苗”と続いており、4位も2回差で4人が固まっているので、すぐに入れ替わる可能性が高い。
特に2位につけている“本田未央”は出演回数2位ではあるが、参加イベントの15/16にメインメンバーとして参加という抜きん出た実績を持っている。
さらに、今後はポスト“new generations”的な信号機トリオ、“#ユニット名募集中”の“夢見りあむ”とボイスが追加された“砂塚あきら”、“辻野あかり”の本格参入も予想され、“本田未央”、“渋谷凛”、“島村卯月”もイベントに絡んでくることが予測される。
また、現在、アプリ内で定期配信されるショートアニメ、『アイドルマスター シンデレラガールズ劇場Extra Stage』でサプライズボイス実装などが行われることで関係性の深いアイドルたちの活躍もあるだろう。
様々なアイドルの一面だけでなく、新たな繋がりも描かれていくイベントコミュに今後も期待したい。

アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリズムアクション
メーカーバンダイナムコエンターテインメント
公式サイトhttp://cinderella.idolmaster.jp/sl-stage/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧