1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. ソーシャルインフォ取得&リンガ・フランカとの提携のねらいと展望が語られたブシロードグループDX発表会発表内容まとめ

ソーシャルインフォ取得&リンガ・フランカとの提携のねらいと展望が語られたブシロードグループDX発表会発表内容まとめ

2020-08-26 20:02 投稿

2020年9月19日よりブシロードのゲームイベント開催

2020年8月26日。ブシロードはブシロードグループDX(デジタルトランスフォーメーション)に関する発表会を実施した。本稿では、このブシロードの発表会で発表された内容をまとめて掲載する。

kiji_01
kiji_03

▲登壇者、左から声優の美波わかな、ブシロード代表取締役社長の橋本義賢氏(以下、橋本氏)、リンガ・フランカ代表取締役の新福恭平氏(以下、新福氏)、ブシロードの根本雄貴氏(以下、橋本氏)。

■発表内容一覧

kiji_02

■ソーシャルインフォの取得について

株式を100%買い取り、ソーシャルインフォを連結子会社化としたことについて橋本氏は「BtoCはもちろんのこと、ソーシャルインフォが展開している2種類の媒体(ソーシャルゲームインフォ、アニメレコーダー)は業界関係者からも評価を頂いている面を持つ」と切り出し、ブシロードの事業のひとつでもある他社IPプロモーションをお手伝いするという意味でも取り扱い媒体が2種類拡充される形となったとコメント。ただし、取得したからといって2種類ある媒体がブシロード色に染めるということはないともコメントした。

kiji_04

なお、2020年9月1日よりソーシャルインフォの代表取締役社長にブシロードの根本氏が就任することが発表された。根本氏は「ソーシャルインフォの媒体は、いずれも中立性をしっかり重視して運営していきたい。『バンドリ!』寄りの媒体になるわけではなく、両媒体を通じてアニメ業界、ゲーム業界を盛り上げていきたい」と語った。

■リンガ・フランカとの提携について

50%の出資を行い資本業務提携していくこととなったリンガ・フランカについて橋本氏は「リンガ・フランカが運営している電子コミックサイト『マンガドア』を通じて、市場全体の売上が伸びている電子書籍業界の波にのっかって売上を伸ばしていくことが狙い。また、『マンガドア』を通じてブシロードIPだけではなく、オリジナル作品を電子で作っていく点について強化をしていく」とコメント。直営という形になるので“ならでは”の展開ができるのではないかとメディアミックス含め模索している段階とのこと。

kiji_05

こちらの発表で登壇したリンガ・フランカの新福氏は「『マンガドア』は出版社と近い媒体であると位置付けていて、いまあるものを大事にしていく。そのうえ、新たなコンテンツを増やしていくことを重視して作業を行っている」とコメント。ブシロードとのやりとりの具体例としては、2020年8月から“ボイスコミック”というフルボイスでマンガが楽しめるコンテンツを提供している。このボイスコミックもチャレンジの段階だが、これに留まらず第2弾、第3弾と展開を広げていきたいとブシロードとともに新規コンテンツを開拓していくことを語った。

■MOG部門の成長について

MOG(モバイルオンラインゲーム)部門の成長について橋本氏は「既存ならびに新規アプリとなる『ラブライブ!スクールアイドルフェスティバル ALL STARS』、『ヴァンガード ZERO』、『ロストディケイド』がいずれも堅調に推移し、上昇傾向にある」とコメント。なお、FY21にも『アサルトリリィ Last Bullet』、『D4DJ Groovy Mix』『アルゴナビス from BanG Dream! AAside』といった大型タイトルをリリース予定なので期待してもらいたいと語った。

kiji_06

■各事業部門のDX推進事例

最後に各セグメントごとのDX推進事例についての紹介が行われた。

kiji_07

TCG部門ではブシロードリモートファイト(略称:BRF)を用意し、オンラインでの対戦環境を整備。MD部門では同部門扱いとしてVTuber事業展開に先駆け、VTuber事務所“いろどり芸能郵便社”を設立、現在同事業では、第1次審査が終わり、第2次審査を実施中とのこと。

kiji_08
kiji_09

また、同社の音楽ならびにスポーツ関連におけるイベント事業について橋本氏は「会場に席を用意しつつ、ネットを通じたリアルタイムライブ配信も有料で実施。さらにライブビューイングによる千秋楽・アーカイブ配信も展開し、さまざまな形でコンテンツを見ることができる環境を試験的に展開中」とコメント。コロナ禍ならでは施策はほかにもあって、ほぼ毎日ブシロード関連コンテンツの番組をネット配信したり、新日本プロレスでは、プロレスラーが過去の試合を解説したり、海外の戦いをネットを通じてリアルタイム翻訳するなど、スポーツ観戦ならびにプロレスのコアファンがよりコンテンツを楽しんでいただくための施策を試行錯誤中とのこと。

■新たなイベントが開催決定!

最後に今後実施予定のイベントに関する発表が行われた。タイトルは“ブシロードゲーム祭り”となっていて、2020年9月19日~9月30日までオンライン&オフライン(秋葉原&池袋で展示会ベースのイベントを展開予定)で実施予定とのこと。詳細は記事下部のリンク先をチェックしてもらえればと思う。

kiji_10

“ブシロードゲーム祭り”特設サイトはこちら

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧