1. サイトTOP>
  2. 『D2メガテン』デビルバスター極 ヴィシュヌ戦攻略・前編/ギミック解説

【お問い合わせ窓口 休業のお知らせ】
お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
【休業期間】2020年8月4日(火)17時~2020年8月13日(木)11時

『D2メガテン』デビルバスター極 ヴィシュヌ戦攻略・前編/ギミック解説

2020-07-06 12:46 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

D×2 真・女神転生 リベレーション

ギミックを看破して攻略!

セガより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。この記事では、デビルバスター極 ヴィシュヌ戦を攻略していく。ギミック解説編と実戦編にわかれており、こちらは前編のギミック解説編となっている。

IMG_8040_result

【初心者・中級者向け攻略ガイドはこちら】

▼適性悪魔解説と実戦編はこちら

ヴィシュヌ攻略前編のポイント
・クエスト概要
・敵の構成と危険スキル
・ボスのギミック解説

クエスト概要

今回のボスは魔神 ヴィシュヌ。ヴィシュヌといえば踏みとどまり系のスキル“アヴァターラ”が特徴であるが、今回のボスももちろん所持。+仕様となりより強力になっている。

これにより、踏みとどまり系を無効化するスキル持ちが非常に有効で、それらを所持していればそこまで苦戦する相手ではないだろう。そうでない場合は長期戦となるので、これをどのように乗り切るかがポイントだ。

敵の構成と危険スキル

●1WAVE目

IMG_8031_resultIMG_8032_result

●2WAVE目(危険スキル:アイスエイジ・裁きの雷火・アヴァターラ+)

IMG_8033_resultIMG_8034_resultIMG_8035_result

ボスのギミック解説

まずヴィシュヌの“アヴァターラ+”に注目。破魔貫通を得て、死亡時にHP20,000を回復する。ヴィシュヌのHPが、24,837なのでほぼ全快に近い。この踏みとどまりを無効化しないのであれば、HPは44,837と思っておけばいいだろう。

IMG_8038_result

▲これが“アヴァターラ+”。貫通、踏みとどまり、回復、回避率増加と、このまま既存のヴィシュヌにほしいようなスキルだ。

火炎弱点となっているが、“火炎抵抗”により、火炎でのダメージが50%減少してしまうので、半プレスを取れるというだけでダメージはあまり期待できない。

そして、このヴィシュヌよりも厄介なのが取り巻きのカーマだ。“サマリカーム”、“ファストラスタ”、“ファストメディラ”を所持し、ヴィシュヌが大幅に強化され耐久にも磨きがかかってしまう。1番HPの低いオセを先に落としても、復活されてしまうので注意したい。

一方のオセは、“命中の極意”を持つ物理アタッカーだ。ジオダインも物理攻撃力依存の打撃技となっている。オセ=物理無効というイメージがあるかも知れないが、このオセは素体ということで物理無効を所持していない。前回の極リリスに引き続き、物理で押し切りやすいボスだ。踏みとどまり無効があればもちろん、なくても一旦ヴィシュヌの攻撃を耐えられるHPさえ確保できれば、比較的倒しやすい。手持ちの揃っているプレイヤーであれば、物理でドーン!っと短期決着を目指すのがおすすめだ(※あくまでも物理パに自信がある場合)。

そうでない場合は、ちょっと工夫が必要だ。弱点を突いても大してダメージの入らないHP44,837の相手に挑まなくてはいけない。ある程度の長期戦は必至となるので、どのように耐久するかがポイントだ。

●カーマに注意!
1番の問題はカーマ。ファストラスタでアタッカーのヴィシュヌとオセを強化され、ファストメディラで回復されたうえに、自身も魅了を付与してくる。これらを対処するだけでも、編成がすべて埋まってしまうほどだ。タルカジャ状態のヴィシュヌが使う“アイスエイジ”と“裁きの雷火”は非常に高火力となっており、これだけは絶対に撃たせてはいけないスキル。毎ターン強化される以上、こちらも毎ターンデバフをし続けないといけなくなってしまうので、行動を大きく制限されてしまい、とうぜん長期戦になれば魅了対策まで入れないといけないという始末。

考えられる対策は、状態異常の緊縛。緊縛状態にできればパッシブスキルが発動しないので、これひとつで強化、回復、そして魅了への対処から解放される。

IMG_8075_result

▲難度を大きく押し上げているのがこれ。逆にこのファストラスタさえ対策できれば凡庸なボスに早変わりだ。

●オセは放置で
カーマを黙らせることができれば、オセは放置でOKだ。命中の極意を持っていても、スクスク状態(スクカジャ×スクンダ状態)を維持できれば回避が現実的になってくるので、オセを生かしておくことでプレスターンを潰す機会に恵まれる。

ということで、倒す順番は( カーマ → ヴィシュヌ → オセ) となりそうだ。

●弱点は厳禁
バフが乗ったヴィシュヌの単体攻撃は必殺クラスのダメージ。氷結、破魔、そしてオセからの電撃で弱点を突かれないように注意しよう。

IMG_8074_result

▲バフが乗っていると弱点でなくともこのような大ダメージ。AIはここを確実に突いてくるので弱点残しは厳禁だ。

“アヴァターラ+”は、物理回避率50%増加も付いており、こちらが物理攻撃をする際もスクスク状態が大切だ。そしてこのスクスク状態の維持のためにカーマのファストラスタの対策が必要ということで、ここが大きな攻略のポイント。

後編では、実際にその立ち回りをみていこう。

【初心者・中級者向け攻略ガイドはこちら】

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧