1. サイトTOP>
  2. 【大塚角満の『RAZIEL(ラジエル)』日記#18】剣皇、相まみえる(2)

【大塚角満の『RAZIEL(ラジエル)』日記#18】剣皇、相まみえる(2)

2020-06-26 14:17 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

RAZIEL(ラジエル)

剣皇、相まみえる(2)

◆イヤな予感

前回の日記で書いた通り、いよいよメインストーリーも大詰めを迎え、第八幕のボスと対決することになった。

第八幕のボス……その名は“剣皇”

剣皇だよケンオウ。剣の皇帝ですよ!!

その名前の格から言って……おめえさん完全に、メインストーリーのラスボスじゃねえかwww

そんな感すら覚える。どうにも、イヤな予感しかしない。

しかも、第七幕くらいまでの自分と敵の戦力比は、

自分7:敵3

↑これくらいの感覚で、圧倒的にプレイヤーサイドに分があったのだが、第八幕に入って、明らかにこの比に狂いが生じ始めている。現状だとちょっと贔屓目に見ても、

自分6:敵4

こんな感じで、下手をすると自分5.5、敵4.5くらいまで肉薄されている気も……。そんな中で登場する剣皇なのだ。ナメてかかったら、絶対に痛い目を見るぞ……。

なので剣皇にたどり着くまでの道中は、なるべくHPを減らさないよう細心の注意を払っての行軍となった。

1

HP吸収のスキルをつねに回すことを心掛け、さらにスキルポイントをキープするために通常攻撃もキチンと敵に当てていく(通常攻撃でスキルのリソースが溜まるのだ)。このきめ細かい立ち回りのおかげもあって、ボスの剣皇のもとにたどりついたときには、

2

HPもSPもほぼ満タン!! 万全の態勢!!

こんな感じだったんだけど……オイオイ、やっぱり剣皇、ゴツくてデカくてこええなあ!!!w

◆剣皇との激突

そして、第八幕最後の決戦が始まった。

こちらの立ち回りはボスだからと言って変わらず、HP吸収と“先祖の怒り”(先祖のじいちゃん3人を召喚して戦わせる鬼畜技)をガンガン発動させて、敵の体力を削っていく……。これしかない。

でも……。

3

剣皇の振り回す巨大な剣の攻撃力が高く、みるみるうちにこちらの体力が減っていく……。

やっぱり、防御度外視の捨て身戦法をするには早かったか……?

そんな後悔が頭をよぎりだしたとき、見たくなかった画面がスマホに表示されてしまった。

4

うわあああああ!!! やっちゃったああああ!!!

さ、さすが剣皇……((((;゚Д゚))) あっと言う間に屠り去られてしまったわ……((((;゚Д゚)))

しかも、いつ使ってしまったのかよく覚えていないのだが、けっこうたくさんあったはずの“復活の羽”が最後の1枚になっている(苦笑)。こ、これ、どこで手に入れるんだ……?? さすがにゼロ枚じゃ、怖くてミッションに出られないんだけど……。

それでも、

「ここで引き返すの、めんどくさいな……」

と思ってしまい、ラストの復活の羽を消費。

復帰後は慎重に立ち回ったこともあってか、

5
6

なんとか剣皇を退けることができたのでありました!

◆いざ! リベンジ!

しかし……。

やっぱり、釈然としない。

クリアーはしたものの、こっちがボコられてしまったのは厳然たる事実である。きっと剣皇の野郎は、

「あいつ、わしに負けたくせに先に進んでやんのwww ぷぷww だっさwww」

こんな陰口を言っているに決まっているのだ!! くっそ……!! ばばば、バカにしやがって!!!

脳筋戦士、ひとり憤って第九幕から引き返し、剣皇へのリベンジ戦に向けて準備を始めた。

……と言えば聞こえがいいけど、じつは第九幕はレベル50に達していないと入ることができず、俺はこのときレベル49だったので、

「リベンジとレベル上げも兼ねて、もう一度あいつに挑んでやるか!!」

ということになったのだよ。

ちなみにこのときから、

7

“傭兵”のシステムがアンロック。いわゆる“従者”を連れて戦いに行けることになった。

そこで、自分の装備を整えるとともに、

8

タダで回せた傭兵ガチャから出てきた“ベリーク・スタンコン”君にも武具を装着。

9

この、見るからに低いレアリティーである“B”と地味な見た目から、

「このおっさん……明らかに一般人だよな^^;」

と瞬時に見抜いたものの、現状、手持ちの傭兵はこのおっさんしかいないので付いてきてもらうことにしたw

その結果……!

10

「うりゃりゃりゃりゃりゃ~~~!!!」

なんと、先ほどはボコられた剣皇を逆に圧倒!!w 危ない場面は一度もないまま削りまくり、

11

おっしゃあああああ!!! リベンジ達成~~~!!!ww

これでなんの憂いもなく、第九幕に進出できるぜ!!!

続く。

第17

大塚角満

大塚角満(おおつか・かどまん)…… 著書に、『モ ンスターハンター』シリーズのプレイ日記をまとめた『逆鱗日和』シリーズが9作、『ダークソウル』のプレイ日記をまとめた『折れてたまるか!』シリーズな ど。

RAZIEL(ラジエル)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクションRPG
メーカーIndra Soft
公式サイトhttp://jp.raziel.indragame.com/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧