1. サイトTOP>
  2. 『龍が如くONLINE』桐生一馬(1988)・立華 鉄の性能をガチンコ評価!

『龍が如くONLINE』桐生一馬(1988)・立華 鉄の性能をガチンコ評価!

2020-06-25 14:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

龍が如く ONLINE

すごろくイベントから登場したキャラクターたちをレビュー

セガより配信中の『龍が如くONLINE』(以下、『龍オン』)。この記事は、『龍オン』にて日々登場するキャラクターたちを、ときには “辛口に” ときには “若干の主観” を交えつつレビューしていくものだ。

今回は、すごろくイベントステップアップ極ガチャで登場した桐生一馬(1988)と立華 鉄をガチンコレビュー。

おすすめ度のスコア(10点満点)は、現環境や今後追加されるキャラクターによって日々変動するものなので、あくまでも現時点でのものとしてご了承いただきたい。

1

キャラクターレビュー

キャラクター名おすすめ度属性・タイプ奥義
2(1) 桐生一馬(1988)8.5技・補助ボス闇討
▼リーダースキル
男性の味方の速度が100%上昇
▼バトルスキル
敵3体へ防御力無視で攻撃力180(240)%攻撃とヒートゲージを250増加
▼ヒートアクション
敵全体のスキルクールタイムを9秒間-30(-50)%減速(ドンパチ時)
アビリティ①:麻痺状態になる確率を30(-50)%減少
アビリティ②:ボス襲撃時の獲得Ptが5(9)%上昇(敵陣営より連合Ptが少ないと更に5(9)%上昇)

●今回の桐生はすごかった
このガチンコ評価1発目に登場し、いきなりスコア付けのバランスを悩ませてくれた強キャラクター、無印武市半平太をトレースしたような性能を持つのがこの桐生一馬(1988)だ。粒ぞろいであった維新コラボキャラクーをこういう形でトレースしてくれるのはありがたい限り。

バトルスキルは、敵3体へ防御力無視攻撃とヒートゲージ250の増加で、ゲージ増加量、クールタイム、初期位置は無印武市のそれと同様、攻撃倍率に至っては武市の最大200%に対し240%と完全な上位互換となっている。攻撃力自体もはるかに上だ。

ヒートアクションは、敵全体のスキルクールタイムを9秒間最大50%減速ということで、無印武市よりも効果時間が1秒長くなり、減速率が10%低下している。

なお、スキルクールタイム減速の効果は80%の上限が設けられたので1度お知らせをチェックしておこう。

次回アップデート時のバトル内容調整に関して

リーダースキルが凄まじく、男性の味方の速度が100%上昇。10%と見間違えたのかと何度も確認してしまったが、100%で間違いないようだ。文字通り桁違いの効果。アビリティ①による被麻痺確率の大幅な軽減もあり、連撃役にはうってつけだ。

ただし今回の桐生はこれだけでは終わらない。当然連撃系の奥義になるのかなと思いきや、なんとボス闇討だ。アビリティ②の最大18%条件も、ボス闇討であれば必然的にクリアーすることになるのであってないようなもの。これにより連撃役はもちろんのこと、そうでないプレイヤーにとっても優秀なキャラクターとなっている。

リーダースキル、バトルスキル、ヒートアクション、アビリティ、そして間口の広さまで一芸どころか三芸、四芸と持ち合わす、まごうことなき強キャラ。引いて損なし。

キャラクター名おすすめ度属性・タイプ奥義
3(1) 立華 鉄7.1心・回復防御の陣
▼リーダースキル
味方全体の状態異常になる確率が15%減少
▼バトルスキル
味方全体のHPを16(24)%回復し敵全体へ3秒間の封印
▼ヒートアクション
味方全体の通常攻撃時のヒートゲージ上昇量を秒数無制限で22(30)%上昇
アビリティ①:攻撃タイプの敵の人数×4(8)%防御力上昇
アビリティ②:全味方の攻撃時にそれぞれのHPを1(5)%回復

●“三國の知略”対策キャラクター
注目のヒートアクションは、味方全体の通常攻撃時のヒートゲージ上昇量を秒数無制限で最大30%上昇。コストは0。これだけだとちょっとピンとこないかも知れないが、“秒数無制限スキル”といえば秋山 駿(花見)だ。花見秋山が真・究極闘技で大活躍しているように、この立華のヒートアクションの効果も重複し、高難度の長期戦向きキャラクターであることがわかる。もっとも有効なのが、真・究極闘技“三國の知略”で、ヒートゲージ上昇量を積みあげることで攻略しやすくなるという対策キャラクターになっている。

バトルスキルは、味方全体のHPを回復しつつ敵全体へ確定封印をばらまくというもの。全味方が通常攻撃時に回復性能を得るというのもおもしろい。

ただしあくまでも長期戦向きの性能で、ドンパチへの適正は低い。同じ心属性にスーパースターのサイの花屋がいるので、ドンパチにおいてはヒートゲージをあげる礎を築くよりも直接花屋であげてしまうほうがいいだろう。奥義も花屋の攻撃の陣に対して、立華は防御の陣。現ドンパチ環境、且つ新キャラクターとしてはこの奥義はきびしい。むしろドンパチ向きではないですよと教えてくれているようなものなので、高難度の長期戦向きと割り切って使いたい。

龍が如く ONLINE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガ
公式サイトhttps://ryu-ga-gotoku-online.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧