1. サイトTOP>
  2. 外出自粛の気晴らしにはうってつけ!『Google ストリートビュー』を使って自宅にいながら国内&海外旅行気分を満喫しよう!

【お問い合わせ窓口 休業のお知らせ】
お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
【休業期間】2020年8月4日(火)17時~2020年8月13日(木)11時

外出自粛の気晴らしにはうってつけ!『Google ストリートビュー』を使って自宅にいながら国内&海外旅行気分を満喫しよう!

2020-05-02 11:00 投稿

実家近くの散策にも使える!

外出自粛が続く最中に迎えることとなったゴールデンウィーク。外出を自粛しなくてはならないけれど、せっかくの大型連休に少しでも外出気分を味わったり、旅行に行った雰囲気に浸りたい……そんな人にオススメしたいのが『Google ストリートビュー』!

1

『Google ストリートビュー』は、Googleや一般の投降者がアップロードした360°パノラマ写真を使用して、世界中を擬似的に歩き回れるアプリ。有名な観光名所はもちろんのこと、海の中や森林地帯など、なかなか行くことのできない場所を360°自由に眺められる、まさに旅行気分が味わえるアプリだ。

写真 2020-04-30 15 12 08写真 2020-04-30 15 13 47

本記事では、『Google ストリートビュー』の使いかたや、アプリ内で巡れる観光名所の数々を紹介していこう。

・『Google ストリートビュー』の使いかた
・ホワイトハウスからベネチアの水路まで無料で観光し放題!

『Google ストリートビュー』の使いかた

『Google ストリートビュー』はスマートフォンアプリ版、ブラウザ版どちらでも使用できる。アプリ版はダウンロード、ブラウザ版は“Google ストリートビュー”で検索すればそのまま活用することが可能だ。

使いかたはシンプルで、行ってみたい場所を検索するだけ。候補としていくつか住所が表示されるので、目的の場所を選んでみよう。

住所を選ぶとマップがその位置まで移動し、ストリートビューでパノラマ写真が見れるポイントが赤丸で表示。ここで画面下の写真をタップすれば、その位置まですぐに移動できる。

写真 2020-04-30 15 05 34写真 2020-04-30 15 05 39

▲ワード検索をかけずに、任意の位置まで自分で移動して探すこともできる。

1

▲画面下部の写真を上にスワイプすると、その位置で撮影された写真の中から人気のものを確認できる。ここで気になる写真をタップして見ていってもいい。

写真を選ぶと、前後左右まで自由に動かせる360°パノラマ写真を眺められるように。

また、場所によっては画面下に矢印が表示されており、これをタップすることで動き回ることも可能。実際に自分で歩き回っているような感覚で、施設などを巡れるようになっている。

たとえば、ワーナー・ブラザース・ロンドンを検索すれば、内部にある『ハリー・ポッター』エリアなどを鑑賞し放題だ。

写真 2020-04-30 15 07 26写真 2020-04-30 15 07 38
写真 2020-04-30 15 09 47写真 2020-04-30 15 10 03

また、『Google マップ』を使用すれば、観光スポット以外の道路などもパノラマ写真で確認することができる。

使いかたは『Google ストリートビュー』と同様で、行きたい場所の住所を指定するか、マップ上をロングタップして赤いピンをマップに刺すだけ。ピンを刺すと画面左下に写真のアイコンが出るので、これをタップすると写真が見られるようになる。

海外の町並みを眺めてみたり、アニメ・ゲームの舞台になった場所の聖地巡礼や、なかなか帰れない実家の近くを散策してみるのもおもしろそうだ!

写真 2020-04-30 15 27 05写真 2020-04-30 15 27 41
2

▲ブラウザ版でも操作方法は同じ。行きたい場所にピンを指して、画面下に表示される写真をタップしよう。

3

▲大抵の道路は矢印をタップして移動することができる。

ホワイトハウスからベネチアの水路まで無料で観光し放題!

ここからは、実際にストリートビューを使って観光できるスポットをいくつか紹介していく。

自分で好きな場所を眺めてもいいのだが、とくに見たい場所が思いつかないときはWEBサイト“Google マップ アドベンチャー”でオススメスポットを見るのがオススメだ。

4

Googleマップ アドベンチャーでは、パノラマ写真が多く揃っている人気のスポットの写真への案内が用意されている。ここで気になった項目をタップすれば、その位置まで移動してそのまま観光をスタートすることが可能だ。

写真 2020-04-30 17 19 09写真 2020-04-30 17 21 02

▲海中の写真があるガラパゴス諸島や、徒歩だけでなくゴンドラからの写真も用意されたベネチアなど見どころ満載!

観光名所は世界に数多くあるが、たとえばアメリカのホワイトハウスであればその内部まで写真で確認したり、ルートを辿って探索できるようになっている。

ハリウッド映画でよく見るホワイトハウスの内部をじっくり堪能できるので、映画好きの人にはとくにオススメしたいスポットだ。

写真 2020-04-30 15 18 11写真 2020-04-30 15 17 00
写真 2020-04-30 15 16 33写真 2020-04-30 15 16 49

ほかにも、ベネチアでは徒歩で歩いて建造物を確認したり、水路を辿って町並みを見たりと多角的に見れるのもストリートビューならではの楽しみ。

写真 2020-04-30 15 29 13写真 2020-04-30 15 30 01

自然の風景が好きな人なら、ガラパゴス諸島やアマゾン川、グレートバリアリーフに行ってみてもいいだろう。

ボートで散策している風景や滝のある場所、さらには海中での写真まで多く揃っているので、植物や魚などをじっくりと眺められる。

写真 2020-04-30 17 39 45写真 2020-04-30 17 44 13
写真 2020-04-30 17 45 11写真 2020-04-30 17 45 16

▲同じ写真でも、ぐるっと見回せば下のほうにウミガメがいたりと発見があるのも楽しい。

もちろん、海外だけでなく日本の観光スポットもストリートビューで巡れる。

ユニバーサルスタジオ・ジャパンでは、入り口から園内までさまざまな写真が揃っており、中にはルート設定がされているものも。実際に遊びに来たような気分で歩き回って楽しめるようになっている。

写真 2020-04-30 15 12 59写真 2020-04-30 15 12 24

端島(軍艦島)も、一度見てほしいスポットのひとつ。

フェリーで移動するところから上陸する位置から順に撮影されており、実際に観光するのと同じようなルートで巡っていける。廃墟好きにはたまらない写真も掲載されているので、ぜひ一度確認してみてほしい。

写真 2020-04-30 15 14 56写真 2020-04-30 15 14 33
写真 2020-04-30 15 15 11写真 2020-04-30 15 15 26

ほかにも、沖縄の美ら海水族館や浜辺の写真などもアップされているので、こちらもオススメ。

写真 2020-04-30 15 21 42写真 2020-04-30 15 22 09

挙げていけばキリがないほど、多くのスポットのパノラマ写真が揃っている『Google ストリートビュー』。外出自粛が続くいま、気晴らしにはうってつけのアプリだ。

一度行ってみたかった観光地や海外旅行の下見にも使える便利なサービスになっているので、スマートフォンやPCを使ってぜひ一度体験してみてほしい。

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧