1. サイトTOP>
  2. 一時サービスの休止、長期間のメンテナンスを経て生まれ変わる!『ダンボール戦機』題材のオリジナル作品『装甲娘 ミゼレムクライシス』開発陣インタビュー

一時サービスの休止、長期間のメンテナンスを経て生まれ変わる!『ダンボール戦機』題材のオリジナル作品『装甲娘 ミゼレムクライシス』開発陣インタビュー

2020-04-20 12:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

装甲娘 ミゼレムクライシス

やるからには中途半端なことはしない、大幅リニューアルへの思い

レベルファイブ原案のもと、DMM GAMESが現在開発中の『装甲娘 ミゼレムクライシス』。

本作の前身となる『装甲娘』は、レベルファイブが展開中の人気シリーズ『ダンボール戦機』に登場するホビー用小型ロボット“LBX”をモチーフにデザインされた“装甲”をまとう少女たちによる、『ダンボール戦機』の派生作品として発表され、当時話題を呼んだ。

2018年にPC版が配信されたが、『装甲娘 ミゼレムクライシス』としてリニューアルされ、未配信のアプリ版とともに改めてリリースされることが発表された。

そんな本作であるが、その後2度のリリース時期の変更があり、昨年2019年末に2020年春~初夏配信であることが発表された。

もうすぐ春も終わろうとしているが、果たして現在の状況は……?

53[1]

本記事では、『装甲娘 ミゼレムクライシス』のプロデューサーを務める平井善久氏、ディレクターの瀬川修平氏にインタビューを実施。リニューアルに至った経緯、現在の開発の状況などをお伺いした。

WA5_0719

▲DMM GAMESで、本作のプロデューサーを務める平井善久氏(写真右)と、ディレクターの瀬川修平氏(写真左)。

‟『ダンボール戦機』らしさ”を大事にリニューアル

――2018年にリリースした『装甲娘』は半年後にサービスの一時休止、リニューアルすることが決定しましたが、ここにはどんな経緯があったのでしょうか。

平井善久氏(以下、平井) いちどリリースはしましたが、ユーザーさんの求めていたクオリティに達していなかったということですね。私はリニューアルが決まってからこのプロジェクトに入ったのですが、私自身も『ダンボール戦機』のファンでしたので「もっといいものを作りたい」という思いがありました。そこで信頼できるメンバーを集めて作ることになりました。

――プロジェクトメンバーも入れ替えた、大掛かりなものだったのですね。

平井 はい。やはり『ダンボール戦機』は大きなIPですので、会社的にも中途半端な状態ではいけないという判断だったのだと思います。運営の方法なども含めて、根本から見直していくことが決まりました。

瀬川修平氏(以下、瀬川) 私も『装甲娘』のリリース当時は別のタイトルに関わっていたのですが、作り直すことが決まって、招集を受けました。その時は「え、それまでのタイトルは?」と思いましたね(笑)。でも、任されたからにはやりきりたいと思いました。

WA5_0632

▲自身も『ダンボール戦機』のファンであったと語る平井氏。本作に強い思いをかける。

――具体的にどのように作り直していこうとしたのですか?

瀬川 まずはユーザーさんからアンケートをとりました。ゲームバランス、シナリオ、イラストなどの評価項目を設け、結果としては半分ほどのユーザーさんがイラストを評価してくださっていた一方、シナリオやバトルシステムなど、多くの部分であまり良い評価が得られなかったため、全体的に改修する方針となりました。

平井 『ダンボール戦機』の派生作品なのに‟『ダンボール戦機』らしさ”が足りなかったというのがいちばんにあります。ですので改修はそれを軸に、ゲームのあちこちに『ダンボール戦機』の要素を取り入れています。キャラのデティールに“LBX”っぽさを入れたデザインにしたり、シリーズに登場していたキャラクターを加えるほか、ストーリーも『ダンボール戦機』の世界から数年後のパラレルワールドとして作り直すこともしました。

WA5_0647

▲複数の案件を掛け持ちながら、徐々にこちらにアサインした瀬川氏。「最初はこんなボリュームになるとは思わなかったけど、ここでやるしかないと思った」と語る。

――リニューアル版には“ミゼレムクライシス”というサブタイトルが付いていますが、これもストーリーにかかわってくるのでしょうか。

平井 『装甲娘 ミゼレムクライシス』は『ダンボール戦機』の世界を引き継いだパラレルワールドが舞台となります。サブタイトルの“ミゼレムクライシス”と深い関連性を持つ“ミゼル”というキャラクターが『ダンボール戦機W』に登場するんですよね。

瀬川 『ダンボール戦機W』で起こった事件が『装甲娘 ミゼレムクライシス』の世界では“ミゼルクライシス”と呼ばれているんですが、その事件が起きてから時間が経過した後に、同じような事件が発生します。その模倣犯の略称が“ミゼレム”(ミゼルの残滓)と呼ばれ、それらの事件を”ミゼレムクライシス”と呼んでます。ストーリーに密接に関わる部分なので、詳しくは配信後を楽しみにお待ちください!

2020-04-07_11h59_32

▲本作とのつながりを感じさせる“ミゼル”は『ダンボール戦機W』では主人公の前に立ちはだかるが……。

平井 メインストーリーはフルボイスになっているため、ボイスもすべて収録し直しましたね。

――イラストも変わっていますよね。

瀬川 はい。リニューアル前はPOPさんだけにお願いしていたのですが、POPさんはもちろん、いろいろなイラストレーターさんにお願いすることで、キャラのバリエーションを増やすことができました。『装甲娘 ミゼレムクライシス』は、配信時には40人前後のキャラの実装を想定しています。

d2581-2772-782376-1

▲初リリースから反響が大きかったイラストを担当していたPOP氏は、再開発後も引き続き本作にたずさわっている。

――改修にあたり、レベルファイブ側の反応はいかがでしょうか。

平井 レベルファイブさんも、こちらの熱意を受け止めて、ご協力いただいておりますね。

瀬川 『ダンボール戦機』の要素を入れたぶん、今まで以上にご監修していただくことも増えたのですが、スムーズにやりとりできるように配慮していただいています。そういった開発体制も、リニューアル前とはだいぶ違っていい形がとれていると思います。

もちろん作品オリジナルの魅力もてんこもり

――『装甲娘』として独自に力を入れた部分をお聞かせください。

平井 本作はダンボール戦機を人間化しているのではなく、ふつうの女の子が“LBX”の装甲をまとっています。いわゆる擬人化ではなく、ジャンルで言うとメカ少女作品に入るんでしょうか、彼女たちは、戦ってないときはふつうの女の子としての生活を送っています。『ダンボール戦機』の世界観を受け継ぎつつも、そういう女の子たちによるオリジナルのストーリーが展開されるので、そちらもぜひ楽しんでほしいですね。

2020-04-07_10h14_34

アニメーションPVでは、カジュアルな姿で活動するメインキャラクターを確認可能だ。

瀬川 『装甲娘』という言葉通りの“装甲”のかっこよさも見てほしいですね。ただかっこいいだけではなく、女の子に合わせてかわいく見せることもうまくできたと思っているので、ぜひいままで『ダンボール戦機』に触れたことない方でも、ここから入って知っていただきたいです!

平井 本当に、幅広い方に遊んでもらいたいですね。声優さんも早見沙織さん、小清水亜美さん、小松未可子さん、Lynnさんといった本当に豪華な方々に参加していただいたので、声優ファンの方たちにも注目してもらえたらと思っています!

2020-04-07_12h06_40

▲カラーリングだけでなく、武器にいたるまでモチーフがしっかりと活かされた“装甲”は要チェック!

二度の配信延期、そしてレター配信の取り組み

――再開発が始まり、リリース時期が決まってから配信延期を2回されていますが、どんなことがあったのでしょうか。

瀬川 もともとこのプロジェクトは1年でやる予定となっていたのですが、お話ししてきた通り、見直してみると改修すべき点がたくさん出てきました。いちど配信してしまってから徐々にバージョンアップ、という案もあったのですが、たとえ今前向きに待っていただいているユーザーさんに対してであっても、触った時に「なんか違うな」と思わせてしまったら、おそらくもう二度と戻っては来てくれないと思ったんです。やるからには中途半端なことはせず、すべて改修してから出そうと決めました。そしたら、どうしてもタイトなスケジュールになってしまい、延期を決定しました。

平井 2回目の延期に関しては、弊社のリリース判定をする審査機関では審査に通っていたのですが、項目ごとに見ると育成コンテンツの点数が芳しくなく、そこを強化するために延期させていただきました。2回目ということで、ユーザーさんには申し訳ありませんが、開発のこだわりとして、この期間で育成コンテンツ以外の部分に関してもクオリティアップを図っております。

――延期によりユーザーが離れてしまうかもしれないという心配もあったかと思いますが、対策は考えましたか?

平井 再開発をすると長期間時間が空いてしまうので、そのあいだにどうやって情報を提供すればいいのかと考えた結果、SNSなどを活用していくのがいいのではないかと思い、YouTubeでのプロデューサー・ディレクターレターとして動画を公開したり、Twitterでキャラクターのモーションを公開したりしています。

2020-04-07_08h42_59

プロデューサー・ディレクターレター動画では、開発進捗を平井氏、瀬川氏がトーク形式で発信している。

平井 情報の発信に関しては、ユーザーさんが感じる「このプロジェクトは動いているのか」「いまどういう状況なのかがわからない」といった感覚が少しでも緩和されればいいな、という思いがありました。

瀬川 延期情報もレターでお伝えすることにしたのですが、いざ伝えるとなった際は開発側としてかなり緊張しましたね。

平井 そうですね……。最初はレターを通じてきびしいご意見もいただきましたが、『ダンボール戦機』の山野博士や、ジャック・ジェラートの登場を発表したときから、風向きが変わったように思いました。こちらが熱意をもって開発していることが、レターを通じて伝わったのかなと思います。

WA5_0679

▲「あれ、今から撮ろう! っていきなり平井さんから言われるんですよ」と瀬川氏。

――配信後もこうしたレターは引き続き配信されますか?

平井 形を変えるかもしれませんが、開発の状況を発信できるようなものは続けていきたいと思っています。リリース後もユーザーさんの意見を取り入れる方法を模索していきますので、引き続きSNSなどを通じて、意見を頂戴できればと思います。

――気になる配信日に関しておうかがいできますか。

瀬川 2020年春~初夏と発表しておりますが、今度こそ、ここはブレないと思っております!

平井 現在事前登録を受け付けておりますので、ぜひこちら登録していただき、もうしばしお待ちいただければと思います。

⇒事前登録はこちら

――いよいよ配信が近づいた感じですね! 配信後の展望などはありますか?

瀬川 私は、まずユーザーさんに『装甲娘』を受け入れてもらえたら嬉しいです。リリース後に完璧に満足していただくことは難しいと思いますので、着実にアップデートしていってユーザーさんに定着していただければなおうれしいですね。。

平井 引き続き、いろいろな面で展開していきたいですね。直近でのアニメ化に関してはゲームとは別の世界観のアニメ化になるのですが、ゲーム上のシナリオでも別の方法で展開出来ればうれしいですね。グッズ化の展開に関しては現在はプラモデルだけですが、やはり『ダンボール戦機』と同じく『装甲娘』もフィギュア映えするデザインになっているので、たくさん機会があればいいなと思います。

anima_mainv

▲アニメ版は、本作とは異なる雰囲気を感じるティザービジュアルが公開中。

――最後に本作を楽しみにしている読者へのメッセージをお願いします。

瀬川 お待たせした皆さんには本当に申し訳なく思います。ご満足いただけるように、精魂込めて開発を行ってきましたので、楽しみにしてください。ユーザーの皆さんといっしょに『装甲娘 ミゼレムクライシス』を盛り上げていきたいと思っていますので、リリース後もよろしくお願いします。深いシナリオだったり、キャラがかわいかったりと、楽しく遊べるゲームになっていると思いますので、このタイミングで初めて知った方にもぜひ遊んでいただきたいです。

平井 皆さん、本当にお待たせしてしまい、申し訳ございません。ユーザーの皆さんのご期待にそえるように開発しましたので、ぜひ遊んでみてください。SNSなどを通してユーザーの皆さんのご意見をお聞きしつつ、ゲームとしても開発としても成長していきたいと思っております。『ダンボール戦機』ファンの方もそうでない人も楽しめるようになっておりますので、ぜひ、『装甲娘 ミゼレムクライシス』をよろしくお願いします。

現在事前登録受付中!

現在DMM GAMES(PC版)限定で、選んだ装甲娘を最大★3まで育てられる事前登録イベントが開催中! DMM GAMES(PC版)リリース時に、育てた分のユニットチップ(★上昇に必要なアイテム)を入手できるのでお見逃しなく!

▷DMM GAMES(PC版)で事前登録

また、事前登録者数に応じて報酬がもらえるキャンペーンを実施中。報酬ラインナップは下記の通りとなっている。

<報酬詳細>
60万人達成(済) コアストーン750個
70万人達成時 コアストーン1050個
80万人達成時 コアストーン1500個+ジ・バニャン

事前登録キャンペーン情報_i

ほかにも、Twitterにて、抽選で30名様にAmazonギフトコード10,000円分がプレゼントされるキャンペーンも実施中!

<応募方法>
1.装甲娘公式アカウント(@soukou_official)をフォロー
2.該当ツイートをRTで応募完了

<応募期間>
2020年4月16日~リリースまで

【装甲娘 ミゼレムライシス 事前登録はこちら】

装甲娘 ミゼレムクライシス

対応機種iOS/Android/ブラウザ
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDMM GAMES/レベルファイブ
公式サイトhttp://soukou-musume.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧