1. サイトTOP>
  2. 『メダロットS』まさかのゲームボーイ仕様に!?タイトル画面&特別ロボトルをチェックせよ【エイプリルフール】

『メダロットS』まさかのゲームボーイ仕様に!?タイトル画面&特別ロボトルをチェックせよ【エイプリルフール】

2020-04-01 01:22 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

メダロットS

エイプリルフールに感涙という意外性!

2020年4月1日と言えばエイプリルフール。もはや各種タイトルでエイプリルフール限定のネタが仕込まれるのはお約束となっている。

『メダロットS』はどうかと言えば、タイトル画面からして歴代シリーズのプレイヤーには感涙ものの演出が用意されていた。

タイトル画面がゲームボーイで発売された初代『メダロット』を模したドット絵になっているのだ。

20200401_メダロットGB (1)
20200401_メダロットGB (2)

▲いつも通りのタイトル画面とBGM……、と思いきや、不意に画面が崩壊!

20200401_メダロットGB (3)

▲暗転ののちに現れるのがこの懐かしさ満点のタイトル画面だ。これはたまらない。

タイトル画面のモチーフとなっている初代『メダロット』の発売は1997年11月。

発売から22年以上が経過したいま、現行タイトルとして『メダロットS』をプレイできていることに、改めて感動した人も多いことだろう。

特別ロボトルでヒカルたちに挑め!

エイプリルフール限定のネタはタイトル画面だけではなく、初代『メダロット』にちなんだ特別なロボトルも用意されている。

“襲来! チームMR1-S”と銘打たれたロボトルでは、“カブト ver.”、“クワガタ ver.”、そして“S ver.”のステージが用意されており、懐かしの機体と戦うことができる。

本ロボトルはアイテムなどのドロップはないが、各ステージの初回クリアー報酬のルビーは獲得できるので、できれば全ステージクリアーしておきたい。

20200401_メダロットGB (4)
20200401_メダロットGB (5)

▲しかもメタビーは初代『メダロット』のカラーリングとなっている。こちらはエイプリルフール限定でなく実装されたらうれしいが、果たして……?

20200401_メダロットGB (6)

▲クワガタバージョンではもちろんロクショウが登場。こちらも専用のカラーリングとなっている。

20200401_メダロットGB (7)
20200401_メダロットGB (8)

▲ロボトル中のBGMもバッチリゲームボーイ版になっているので、ぜひとも音ありで楽しもう。

20200401_メダロットGB (9)

▲最終ステージの“S ver.”はヒカル、アラセ、ヒサキという原点と現在が交差するムネアツチームとのロボトルだ。

ファンシーエールが1日復刻(これは本当)

また、4月1日限定でファンシーエールのピックアップガチャが開催される。

エイプリルフールの開催ではあるが、こちらは本当のガチャなので、ファンシーエールをゲットしておきたい人はこの機会を逃さないようにしよう。

20200401_メダロットGB (10)
20200401_メダロットGB (11)

▲ガチャは1日限定なので、ファンシーエールが欲しい人は忘れずに!

エイプリルフールネタは1日限定というのがお約束だが、この懐かしいタイトル画面やロボトル中のBGMが1日だけで終わってしまうのはじつに惜しい。

オプションなどで4月2日以降も見られるようになることを祈りつつ、この懐かしさをたっぷり堪能するとしよう。
▼そのほかのエイプリルフール2020の記事はこちら

メダロットS

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
メーカーイマジニア
公式サイトhttps://www.medarotsha.jp/ms/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧