1. サイトTOP>
  2. 【新作】『クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』インプレッション!遊びだしたら止まらないスルメゲーム

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

【新作】『クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』インプレッション!遊びだしたら止まらないスルメゲーム

2020-03-26 15:30 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z

一度始めたら止まらないランゲーム

本日より、ブシロードから『クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z』の配信がスタートした。配信に先駆けて、テスト版をプレイする事ができたので本稿ではファーストインプレッションをお届け。

【FIX】ランナーZ_KV(宣伝用)

こちらは、既に配信中となっている『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!』の新作で、自動で走る“しんちゃん”を操作しながら移動距離とスコアを稼いでいくランゲームとなっている。

何と言っても本作の特徴は、前作の横スクロールタイプのステージ進行ではなく、手前から奥に向かって移動する縦スクロールタイプのタイプのゲームになっていることだ。左、中央、右の3つのラインを走りながら、障害物を避けつつ、ステージ上に配置されている“チョコビ”を回収してスコアを獲得する。本作ではタップではなく上下左右にフリック操作をして、“しんちゃん”をコントロールする。

 プレイ画面(走る)プレイ画面(右へ移動)

▲手前から奥へと進む縦スクロールのランゲーム。本作では、街に落ちている”チョコビ”を、追いかけてくるUFOよりも早くゲットしていくというストーリーだ。

※前作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!』の画像
カスカベランナープレイ画面

▲前作『クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!!』では横スクロールアクション。

上にフリックするとジャンプをして、障害物を避けたり空中に浮いている“チョコビ”を獲得できる。下へのフリックでは地面を転がるアクションで一部の障害物の下をくぐれるぞ。左にフリックすると、左のラインへ移動。右へフリックすれば右のラインへ移動。ピーマンや通行止めの看板などはジャンプで避けられるが、ニンジンや壁など通常のジャンプでは避けられない障害物も。集中力を切らさずに、瞬時に判断しながら左右へ移動し安全なルートが確保しよう。

プレイ画面(ジャンプ)プレイ画面(障害物をくぐる)

▲ジャンプは気持ち手前で飛ぶイメージ。ギリギリでジャンプすると失敗しやすい。

1回でも障害物に当たってしまったら失敗となり、スタートに戻される。ただし、課金アイテムの”きんのたま”を使うことで3回、もしくは広告を見ることで1回まで、失敗した場所からのコンティニューが可能だ。ステージクリアの概念はなく、どれだけ多くの距離を走ってスコアを獲得できるかを楽しむゲームとなっている。“しんちゃん”の移動速度はそこまで早いとは感じないが、“チョコビ”を獲得しようと欲張りすぎると、絶妙に配置されている障害物にやられてしまう。特に“チョコビ”柄の壁は横から左右にフリックして体当たりする“おしりアタック”でスコアも稼げるため、ついつい連発して、壁が途切れたところでうっかりライン移動して障害物に当たってしまったこともあった。

プレイ画面(おしりアタック)1

▲“おしりアタック”をよくばると、うっかり失敗してしまうことも。

一定時間、画面に出現する“チョコビ”をまとめて回収できる“じしゃく”や、障害物のない空中を移動できる“クレヨンロケット”もステージ中にランダムで登場する。“クレヨンロケット”での飛行中は、空中にも“チョコビ”が配置されており、安全にスコアを稼ぐチャンスだ。

 item_magnet012

▲“じしゃく”の使用中は画面に登場する“チョコビ”が一気に獲得できる。

 item_rocket01プレイ画面(背景:かわのそば公園・クレヨンロケット)

▲“クレヨンロケット”の使用中は空中にも“チョコビ”が配置される。障害物はないので落ち着いてしっかり獲得しよう。

“チョコビ”の獲得でゲージを溜めると、一定時間ボーナスステージに切り替わる“ファイヤーモード”へ。障害物がないステージなので、スコアを稼ぎつつ、小休止できるのもありがたい。

 プレイ画面(ファイヤーモード)

▲“チョコビ”が大量に登場。さらに“じしゃく”を持っていれば大量獲得のチャンス。

ゲームを有利に進める“コスプレ”や“おうえんおとも”

前作同様、“しんちゃん”に様々な効果を付与する“コスプレ”と、様々なサポートをしてくれる“おうえんおともキャラ”も登場する。それぞれ、ゲーム中のアイテムである“きんのたま”を使った“コスプレ”ガチャと、“おうえんおとも”ガチャをまわす事で手に入れる事ができる。どちらもレアリティが★~★★★★まで存在し、★の数が多い程、ゲームを有利に進める能力を持っている。

3IMG_6111
54

“しんちゃん”がほかの登場キャラクターや歴代映画のコスチュームのコスプレをするぞ。各コスチュームごとに、スコアアップ、じしゃくやロケットの効果アップといった様々な効果がある。衣装を楽しみつつ、性能面での恩恵も得られるというわけ。

7
 cos_1011_アクション仮面しんちゃん8

▲作中に登場するおなじみのヒーロー、“アクション仮面”の衣装で楽しめる

“おうえんおとも”は“しんちゃん”の家族である“ひろし”や“みさえ”を始め、友達や様々な人物が登場。スコアがアップしたり、アイテムの効果時間を延長するなど、様々なサポートが受けられる。前作では“しんちゃん”を追随する形で表示されていた“おうえんおとも”だが、本作ではスタート地点で応援してくれる。

10
11

▲“おうえんおとも”はスタート地点で応援してくれる

“コスプレ”と“おうえんおとも”の能力を見定めながら、有利に進められる組み合わせを見つけるのも面白さの一つだ。また、今後は映画作品とのコラボで限定キャラが登場するなどの追加要素もあるということで、こちらにも期待したい。

ゲームをより楽しむ要素として、“ミッション”が用意されている。普通にゲームをしていればクリアできる簡単なものから、難易度の高いものまで様々だ。この“ミッション”のクリアによって、メダルを獲得できるぞ。また、メダルはプレイの結果によっても手に入り、“コスプレ”や“おうえんおとも”のレベルアップでメダルを使用する。どんどんメダルを集めることでより“しんちゃん”を強化できるというわけ。何度もゲームに挑戦し、育成を楽しめるのも本作の醍醐味のひとつ。

『クレヨンしんちゃん』の作中で登場する“ふたば幼稚園”や、アニメのファンにはおなじみの“かわのそば公園”などのランドマークが登場することもある。慣れるまでは余所見しづらいと思うが、余裕が出てきたら背景も観ながら世界観を楽しもう。

プレイ画面(背景:ふたば幼稚園)12

プレイしてみての感想だが、本作の魅力は何と言っても簡単な操作で誰もが楽しめる気軽さだ。ゲームを始める際にスタミナを消費したり何かアイテムを使う必要がないので、ついつい何度もチャレンジしてしまう癖になるゲームとなっている。隙間時間でもサクッと楽しめるオススメの一本だ。

クレヨンしんちゃん ちょ~嵐を呼ぶ 炎のカスカベランナー!! Z

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーブシロード
公式サイトhttps://runnerz.bushimo.jp/
配信日2020年3月26日
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧