1. サイトTOP>
  2. 【今から始めるPUBGモバイル】第2回:元日本1位!GACKTクラン所属プレイヤーうめちゃむが教える“初心者がドン勝を取るための操作設定”

【今から始めるPUBGモバイル】第2回:元日本1位!GACKTクラン所属プレイヤーうめちゃむが教える“初心者がドン勝を取るための操作設定”

2020-03-13 15:00 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

PUBG MOBILE

自分にあった設定を見つけよう!

今回は第2回ということで、基本設定について紹介していこうと思います! 初期設定からよくわからないのでまったく変えてない初心者の方も多いはずです。

『PUBG MOBILE』は設定する項目もたくさんあって、専門的な用語もちらほらとあるので、こういったゲームに慣れていないと、設定画面を見ても「何の設定なんだかわからない」という人も多くいると思います。

ということで、ここでは設定画面について解説をしつつ、まったく同じ設定にしても困らない基本設定や、感度設定の調整方法についても触れていきますので、最後までお付き合いお願いします!

まずは設定を確認していこう!

とりあえず、メインメニュー画面の右下にある歯車ボタンをタップして、設定画面を開いてみましょう! 開くとまず出てくる基本設定の画面には、アカウント連携やゲームプレイにおける基本的な事項の設定項目があります。そしてそのほかにも、画面右側にはたくさんのタブがあり、ここで設定メニューが切り換えられるようになっています。

基本設定

こうして見ると『PUBG MOBILE』は、かなり細かく設定を変更できることがわかると思いますが、何をどう設定すると“いい感じ”になるのか、初心者のうちだとわかりにくい部分はさっぱりですよね? 僕もそうでした。っていうか、僕は見慣れないゲームの設定画面ってめんどくさくてすぐ閉じちゃうんですけど、その手間を惜しまず、ここを先に設定しておくとゲームが10倍は早く上手くなります!(たぶん……)

この設定の中には、プレイヤーのプレイスタイルに応じて、設定内容を変えたほうがいい項目もありますが、「上達を目指すなら、この設定は必須!」といったものもあります。もちろん、プレイヤーの好みが最優先ではあるので、いろいろ触って試してみることも大事なのですが……。

ここでは僕が設定している内容をベースに、注目してもらいたい4つのポイント“エイムアシスト”、“リーン撃ち”、“自動オープン”、“クイックマーカー”を紹介していきます。

この4つの設定はドン勝を取るのにもかなり重要になってくる要素なので、しっかり設定してバンバン“ドン勝”を取っていきましょう!

エイムアシスト

エイムアシストとは、銃を構えて狙いを定めるとき、自動で、少しだけ狙い(エイム)が敵に寄ってくれるという便利機能なのですが……じつはこの設定のオン/オフには賛否両論があります。

便利なんです! 便利なんですけど、スナイパーライフルを始めとする単発撃ちの武器では機能しませんし、乱戦のときにエイムが勝手にズレてしまうこともあるので、「いま、エイムアシスト発動したよね?」と、気になってしまうんですよね。

でも、プレイングをアシストしてくれる機能なので、ゲームに慣れないうちはオンにしておいたほうが敵を倒すのが楽になると思うので、最初はエイムアシストをオンにしておくことをオススメします! それで実際にプレイしてみて「機械的にエイムが敵に寄ってしまうのが合わないなぁ」と感じたら、オフにしてみましょう。

結局、エイムアシストのオンオフは好みですね!(笑) ちなみに僕は、最近はエイムアシストをオンにしてプレイしています。オン/オフ両方の設定で、それぞれワンシーズンずつ試してみましたけど、そんな変化を感じることはありませんでした。それなら、せっかくの機能を使わないほうが損してる気がしません?

リーン撃ち

リーンとは、簡単に言えば上半身だけ傾けて射撃姿勢を取ることです。リーンを使えば、建物の影に隠れているときに全身を表に出さなくても射撃が出来るので、被弾を抑えることが出来ます。

それに、リーンを手早く切り換えることができれば、体全体を大きく動かさなくても頭の位置をちょこちょこ動かせるので、ヘッドショットをもらいづらくなります。なので、リーン撃ちの設定はオンにして、左右どちらのリーンも使いこなせるように、練習しましょう!

リーンをしないと、これだけ身体が露出してしまう…これじゃ被弾率も上がってしまいますよね

▲リーンをしないと、これだけ身体が露出してしまう…これじゃ被弾率も上がってしまいますよね。

リーン時は被弾が少ない
リーン時拡大

▲でも、リーンすればこれだけ露出面積を押さえられます! 敵が狙える的を小さくするのって、重要です!

自動オープン

自動オープンの設定を有効にしておくと、プレイヤーが扉に近づくだけで、自動で扉を開けてくれます。

これだけ聞くと「楽でいいじゃん!」と思ってしまいますが……。まぁ便利で楽ではあるんですけど、『PUBG MOBILE』では音を立てずに移動することが重要になることも多いので、勝手に扉を開けられたら困ることも多いんですよね。

なので非常に便利な機能なのですが、この機能はオフがオススメ! この設定で慣れていったほうが、きっと後々で得すると思います。

クイックマーカー

最新のアップデートで追加された新機能で、とにかくめっちゃ便利な機能でオフにしておく理由がないので、これはぜひ有効設定にしておきたい! デフォルトでは無効になっている機能なので、設定で忘れずに有効にしておきましょう!

ちなみにこの機能はボイスチャットを繋がなくとも、円滑に意思疎通をするためのもので、設定を有効にした際に出現するボタンをタップするだけで、狙った位置にマーカーを付けたり、アイテムの存在を味方に知らせることができます。

またこのボタンをダブルタップすれば味方にアラートも出せますし、長押しするとホイールメニューが出てきて、より詳細な情報を味方に共有し、連携を図れるようになります。

『PUBG MOBILE』は、情報を持っているかいないか、そしてそれを味方と共有出来ているかどうかが、勝敗に直結することが多いゲームなので、こうして手早く情報共有ができるのは、すごく便利!

もともとあるクイックチャットにも、敵の位置を知らせる機能やアイテムの位置を知らせる機能はあったのですが、操作に慣れないと手早い情報共有が出来なかったんですよ。

それに、クイックチャットで打たれたマーカーが約9秒で消えてしまうのに対して、クイックマーカーで打たれたマーカーは約15秒となっているのも大きいです。表示時間が短いと 「え?消えちゃったけど敵どこ?」と再度マークを要求することになり、情報共有が遅れてしまいますから。

とにかく、ふたり以上でプレイをする際にはとにかく便利な機能なんです。今後かなり重宝しそうな機能でもあるので、くり返しになりますが、忘れずに有効にしておきましょう!

グラフィック設定

基本設定を押さえたつぎは、グラフィック設定をしていきましょう。ここで重要なのは、グラフィック設定のクオリティとフレームの設定。その名の通りの設定項目なので、「グラフィックのクオリティを変えたところで、べつにゲームプレイには影響ないんじゃ?」と感じる人もいるかと思いますが、ここの設定はけっこう大事です!

たとえばクオリティという設定項目を“HDR”まで上げると、めっちゃリアルな画質になるのですが、その反面、端末によってはゲーム中の動作が重くなり、操作しづらくなってしまうこともあります。また、性能がいい端末を使っていても、ゲーム画面内に異常なくらいエフェクトがバンバン出るような戦闘になると、処理が追いつかず重くなってしまうことも。

なので、リアルな画質からリッチなゲーム体験を得たいという方は高画質設定でもいいと思いますが、ゲーム内容、プレイ内容から充実したゲーム体験を得たいという人は、クオリティ設定を“スムーズ”に、フレーム設定を極限に設定しましょう。

この設定にすれば、ゲームの動作がとにかく軽くなり、ラグが減るので、安定して直感的なプレイが可能になります!

グラフィック

ちなみに、いまでは上級者のほとんどがこの設定にしているようです。

やっぱり、操作していて動きがもっさりしてしまうとおもしろさは欠けてしまいますし、ラグが原因で負けてしまうと、どこにもぶつけようのない悲しさが湧き上がってしまいますから。ラグが多いと、自分の画面内にいる敵の位置と、実際の敵の位置にズレが生じて、「あれ?当ててたはずなのになんで倒せないの??」とかあるんですよ。

ほかにも、アサルトライフルのマガジンを撃ちきる時間にも差が出るので、これが撃ち負ける原因になっったりもします(涙)。

なので、貪欲に勝利を目指したい場合は、描画のクオリティを下げ、フレーム設定を上げておきましょう!

またこのほか、グラフィック設定ではアンチエイリアス設定を有効にするのもオススメです。これを有効にしておくと、建物などの輪郭が荒くなる現象を緩和してくれるんですよ。索敵に力を入れている僕にとっては、建物と人の区別はしっかりしておきたい! 建物などの輪郭が荒いと、目がチラついて疲れちゃうし、動いてるものに対しての反射が遅れちゃいますから。

端末によっては設定できない可能性もあるのですが、もし有効にできるならぜひ試してみてください。

取得設定

取得設定、とくに自動取得の設定も重要です。自動取得とは、落ちているアイテムを自動で拾ってくれる機能で、すごく便利ではあるのですが……無効にしておくことをオススメします。

弾薬の取得上限を設定したり拾いたいグレネードだけを拾えたりと、本当に便利な機能ではあるのですが、この機能に頼り切ってしまうと、ゲームを覚え、習熟していくのが遅くなってしまいます。

装備武器を落ちているものへと変更する際に「あれ? いま拾った武器の弾薬の種類ってなんだっけ? いま持ってるのと違う弾を拾い集めなきゃダメ? それともこのままいける?」と、いちいちバックパックを開いて確認するのは非効率です。足が止まってしまえば、それだけリスクを背負うことになりますしね。

逆にこれを無効にしておけば、アイテムを覚えるのも早くなりますし、自分で選ぶクセができるので上達も早くなります!

ただ、これはあくまでも脱初心者を目指した上でのアドバイスになるので、「カジュアルに楽しめればいいや!」という場合は、有効のままでも問題ありません。自分のプレイスタイルに合わせて設定を使い分けましょう!

自動取得オフ

感度設定をしよう!

さて、オススメ設定紹介もこの項目で最後になります。実際に戦場に出たとき、物資を漁ったり、敵に照準をあわせるのに使う視点変更の感度を調整していきましょう!

感度がデフォルト設定のままだと、なかなか思ったようにエイムが合わないどころか、思ったようなアクションすら出来ないこともあると思います。人によっては、その設定に体の感覚のほうを合わせていく人もいるかと思いますが、感覚に設定をあわせるほうが、断然楽チンです!

それに、感度への理解を深めれば、ゲームの腕も格段に上がっていきますので、ぜひ参考にしてみてください。

感度とは一体何なのか……!?

“感度”とは、簡単に言ってしまえば、視点移動や銃の照準を合わせる際のスピードを決める設定内容です。感度を高くすれば、指をちょっとスライドさせただけで、ゲーム内の視点はグイッと大きく動き、逆に感度を小さくすれば、同じ指の動きでも視点の移動は小さくなります。

入力された操作に対して、ゲーム内でどれだけの反応をするのか、その倍率を示した示準ですね!

FPSやTPSなどのシューティングゲームでは、敵に狙い(エイム)を合わせられるかどうかで、プレイングの質に差が出てきますから、とても重要な設定項目です。なので、自分にとってのベストな設定をどうやって探すのかで、苦心している人も多いと思います。一部の上級者にいたっては、その日の体調に合わせて毎日この設定を調整している人もいるって聞きますし。

とにかく、感度設定はそれくらい重要な設定なんです。『PUBG MOBILE』では、この感度設定ひとつをとっても、細かく調整できるようになっているので、トレーニングモードなどを使って、しっかり調整していきましょう!

調整の仕方にはいろいろありますが、後述で調整方法の一例を記していきますが、まずは感度調整の各項目についてまとめていきます。

うめちゃむ感度画像1
うめちゃむ感度2

カメラ感度とスコープモード感度の違い

カメラモードは視点を動かすときの感度で、スコープモードはスコープを覗いているときの感度です。移動するときや建物の中を漁ったりするときは、素早い視点移動をしてスムーズな索敵をしたいけど、スコープを覗いているときはしっかり狙いを定めたいですよね? 『PUBG MOBILE』はその要望に応えるよう、それぞれに“カメラ感度”が用意されています。

僕はカメラ感度を高めに設定しているので、階段を上がるときに、振り向きすぎて逆走しちゃうこともあります(笑)。みなさんはそんなことがないよう、しっかり自分の体に合わせた調整をしましょう!

感度の合わせかた

さて気になる“自分にとっての最適な感度の合わせかた”についてですが、一般的な手法をひとつご紹介しておきます。

やりかたは簡単! まずは設定をいじらないまま、画面の中央から離れたところに映っている適当な何かを目標に、感覚でスッと視点移動をさせます。このとき、動いた照準が目標を通り越してしまったら感度を下げ、届いていなかったら感度を上げましょう。ポイントは、可能な限り素早く照準(エイム)を動かすことです。

これをくり返して、自分の感覚とゲームの設定をすり合わせていき、感覚的にバシッと照準(エイム)が合うようになったら設定完了です。感覚で狙いが定まるようになれば、咄嗟に撃ち合いが始まってもビタッと狙いが定まるようになりますよ!

高感度と低感度のメリット・デメリットは?

上で説明した方法を使って、自分の感覚にあった設定を作るのは非常に重要です。ただ、場合によっては自分の感覚を設定に合わせていくことも重要になります。

接敵したとき、エイムが間に合わず、何もできないままやられちゃったことってありませんか? 最初のころは僕もよくありました。その原因は“感度が低い”ことにあったんです。

慣れていないうちは敵がどこにいるのか想像できないので、とっさに見つけても感度が低くて視点が追い付いてこないんですよ。

感度が低いとエイムが追い付かないことも

▲感度が低いとエイムが追い付かないことも。

こんなときは、設定をいじって感度を高くして解決しちゃいましょう。スコープ無しでのカメラ感度が100%の場合、一気に200%くらいまで上げちゃうのもいいと思います。視点変更がかなりスムーズになると思います!

その感度が高い環境で、また自分の感覚と設定を少しずつすり合わせるように、少しずつ設定をいじってきましょう。ただ、感度が高すぎると移動しづらくなってしまったり、画面酔いをしてしまうこともあるので、そこは注意してください。

ほかにも、スナイパーライフルを使っている時など、遠距離の敵が狙いにくかったこともありませんか?
丘上や岩の裏など、遠くて小さい敵に狙いを定めるには時間がかかってしまいがちです。合わせてるあいだにやられてしまったりとかもよくある話です……。

そんなときは、6倍スコープや8倍スコープなどの高倍率スコープのカメラ感度を思いっきり下げてしまいましょう!

遠距離は低感度にするとしっかり狙える

▲遠距離は低感度にするとしっかり狙えます!

基本的には、遠距離の敵を狙うときにはスコープを覗くと思います。この高倍率スコープのカメラ感度が高すぎると、ブレが大きくなってしまい、狙いが定めづらくなってしまいます。

つまり、近くの敵を狙う場合は感度を高くして、遠くの敵を狙う場合は感度を低くするのがいいわけですね。上に、僕がふだん使っている感度を載せておくので、そちらも参考にしてみてください。ちなみにプレイ環境は、iPad使用で、置いてプレイしているのでジャイロは使っていません。

【高感度・低感度のメリット/デメリット】
・高感度のメリット
咄嗟に視点を振りやすく、すぐに撃ち返せる。 ・高感度のデメリット
遠距離エイムの精度が落ちる。・低感度のメリット
遠距離の対象を狙いやすくなる。

・低感度のデメリット
視点移動に時間がかかるため、近距離戦が難しくなる。反転するのに何度もフリックが必要になるケースも。

【ジャイロ感度に関して】

ジャイロスコープ感度とは、設定でジャイロスコープ操作を有効にしている場合に適用される感度設定です。ジャイロスコープ操作とは、端末を傾けるとカメラが移動する操作モードで、より直感的な操作を可能にするものです。

指先の操作で大まかな狙いを付け、ジャイロ操作で細かく狙いを定めるなど、人によって様々な使われかたがなされる便利な操作方法ですが、得手不得手がハッキリ分かれる操作でもあるので、端末を手で持ってプレイされる場合は一度試してみて、自分に合うかどうかを確認してから、感度設定をしてみるといいでしょう。

まとめ

いかがだったでしょうか?

『PUBG MOBILE』はもちろん、FPS/TPSゲームで自分にあった基本設定や感度設定を見つけるというのは永遠の課題です。『PUBG MOBILE』がリリースされたときからずっとプレイしている僕でさえ、ゲームのアップデート直後には「なんか前と感覚違うなぁ」と設定とにらめっこするときが、やっぱりまだあるんですよね!

そもそも、その日の体調や気分によって「なんか違うんだよな……」と感じることもありますし。そんなとき、僕はマップ:サノックをクラシックモードで遊び、ブートキャンプに降りて実際にプレイしながら感覚とのすり合わせをしています。

トレーニングモードで調整するのもいいのですが、サノックならプレイ時間も短いですし、なにより実際のプレイのほうがおもしろいですからね(笑)。

ここまで語ってきてなんですが、大事なのは“自分で色々試してゲームの理解を深めること”です。自分にあった設定を見つけるのも、そうですが、ゲームへの理解が深まれば、ゲームプレイも上手くなっていきますし、最大限に楽しめるようにもなります!

<文:うめちゃむ>

【うめちゃむ】
PUBG公式パートナーのひとりにして、『PUBG MOBILE』のランキングで日本1位に輝いたこともあるトッププレイヤー。『PUBG』ファンとしても知られるアーティスト“GACKT”氏が抱える強豪クラン“GKT”のメンバーも務める。

『PUBG MOBILE』関連実績
・『PUBG MOBILE』元日本1位
・PUBG公式パートナー
・大会“RAGE REVENGE”への出場経験(teamGACKT)
・GACKTさんのパートナー

そのほかのゲーム実績
・アプリゲーム『白猫プロジェクト』ランクカンスト4人目。初期トップランカー
・アプリゲーム『ドラゴンプロジェクト』グランプリ優勝(8回以上)
・アプリゲーム『ドールズオーダー』ランキング5位(1シーズン)
・Youtubeで最も勢いのあるクリエイターに贈られる“急上昇ゲームクリエイター”に選出

Twitterはこちら
YouTubeチャンネルはこちら

PUBG MOBILE

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーPUBG
公式サイトhttps://pubgmobile.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧