1. サイトTOP>
  2. テンセントゲームズ新作MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』ハイエンドゲームクラスのグラフィックの秘密に迫る

テンセントゲームズ新作MMORPG『コード:ドラゴンブラッド』ハイエンドゲームクラスのグラフィックの秘密に迫る

2020-02-20 14:32 投稿

この記事に関連するゲーム ゲーム詳細

CODE:D-Blood(コード:ドラゴンブラッド)

テンセントゲームズから配信予定の新作スマホ向けMMORPG『コード:ドラゴンブラッド』。
最新のゲームエンジンUnreal Engine 4を用いて制作された、本作の美しいグラフィックスについて解説。
開発チームによりハイクオリティな本作の魅力が明らかとなった。

以下、プレスリリースを引用



超大作RPGスマホゲーム『コード:ドラゴンブラッド』(CODE:D-Blood)のハイクオリティーグラフィックスの秘密をご紹介

世界的なゲーム・パブリッシャー「Tencent Games」からリリースされる本作「コード:ドラゴンブラッド」は、「Archosaur Games」が最新のゲームエンジン「Unreal Engine 4」を用いて開発したスマートフォンをプラットフォームとした、映画のように迫力満点!自由に楽しめる超大作RPGです。
現在「コード:ドラゴンブラッド」(以下、ドラブラ)は、iOS、Android両プラットフォームに向けて事前登録を開始しています。「ドラブラ」は、2020年待望の新作MMORPGスマホゲームの一つ、ぜひご登録ください!

App Storeリンク:https://app.adjust.com/r4jjb33_yt3rdjg?campaign=prePR02
Google Storeリンク: https://app.adjust.com/r4jjb33_yt3rdjg?campaign=prePR02

最新ゲームエンジン「Unreal Engine 4」を採用し、ハイエンドゲーム機クラスのグラフィックでスマホゲームを制作

世界でトップクラスのゲームエンジンメーカーであるEpic Gamesと業務提携をすることでUnreal Engine 4(以下、UE4)の能力を最大化してドラブラに採用されています。これにより、次世代のCG技術である「PBRレンダリング」(Physical Based Rendering)を用いることで、スマホゲームでありながらハイエンドゲームと同等の美麗グラフィックスでゲームを楽しめます。高精細かつリアルに描かれた世界をぜひお楽しみください!

(1)最新ゲームエンジンUE4を用いて、スマホゲームでAAA級グラフィックを実現

main

昨年開催されたGDC2019(ゲーム開発者が集う祭典)にて、Epic Gamesのブースにて、ドラフラのライブデモを初公開しました。UE4で表現された圧倒的かつ美麗なグラフィックスは多くの来場者の注目を集めました。

sub1

ドラフラの美麗グラフィックは、ゲーム内で様々なこだわりを見せます。
映画のようなドラマチックな映像を再現するために、UE4のシネマティック・シーケンサー技術(ゲーム内のデモシーンを制作ツール)や、ポスト・プロセス・エフェクト技術(ゲーム内のエフェクト制作ツール)、カメラワーク技術を使用することで、既存のスマホゲームのデモシーンやエフェクトを凌駕する圧倒的美麗グラフィックを実現しています。

sub2

ひとつのシーンでも、UE4のライティングシステムにより、ゲーム内の時間によって異なる表情を見せます。夕暮れの時、雨の日など天候による色彩の変化をリアルに表現。ゲーム内の操作による陰影の方向の変化なども再現することで、あたかもその場にいるような臨場感を味わえます。

sub3

(2) PBR技術(Physical Based Rendering)により、もうひとつのリアルワールドを再現

sub4

PBRとは物理に基づいた光と物質を表現するレンダリング技術で、ゲーム画面の中に現実世界同様のリアルさを表現するといものです。金属やプラスチックなど素材の質感の違いですら精細表現して、さらにはリアルタイムで陰影も変化します。PBR技術は世界的に次世代ゲームのトレンド技術となっており、ドラフラではその最新技術によるグラフィックスでゲーム体験を楽しめます。

(3) GPUパーティクル技術を採用! ハイクオリティーな視覚効果と没入感を実現

sub5

パーティクルとは、飛び散る光線、弾ける火花といったゲーム内で描かれる特殊効果の粒子のこと。従来の3Dゲームでは、「CPUパーティクル」と呼ばれるCPUに依存した技術で表現しているものが大半です。ですが、ドラブラではUE4エンジンの技術である「GPUパーティクル」と呼ばれるGPU(グラフィクスに特化したプロセッサ)を使用する技術を用いることで、ゲーム内で描かれる特殊効果の数々、弾道の軌跡や爆発などをリアルに表現することが可能になりました。

細部にわたる洗練された作り込みによる映画のような没入感

sub6

ドラフラは「現実を越えて、より現実に」という信念のもと、ゲーム全体をデザインしました。Epic Gamesの全面的な技術協力により、次世代ゲーム機のゲームクオリティーを達成。舞台となる近未来の東京は、電信柱ひとつから緻密に描かれ、プレイヤーにリアルなゲーム体験を提供することが可能になりました。

(1)リアルなオープンワールド環境をリアルに再現 没入型ストーリー体験

sub7

ドラフラでは、現実世界同様のリアルなオープンワールド環境を作ることを実現しました。広場や海岸などの空間表現をリアルに描写することはもちんのこと、そこで飛び交うハトや、ビーチで動き回るカニといった小動物までもリアルに描かれていてます。またそれらの小動物は、プレイヤーキャラクターの動きによりリアルタイムで反応します。

sub8

登場するフィールドは広大で、UE4のサブレベル技術により大勢のゲームデザイナーチームで制作されています。ゲーム内ではシームレスに移動を楽しめます。その広大なフィールドを爽快に走り回れるバイクなどの乗り物も用意されています。

sub9

キャラクターの豊かな表情や動作に注目。UE4の最新モーションキャプチャー技術、フェイスキャプチャ技術により、登場するキャラクターたちが紡ぐストーリーに没入します。

 sub10

(2)リアルな天候システムで、ゲーム内で四季も昼夜も体感

sub11

ドラフトの世界では、ゲーム内で四季も昼夜もリアルタイムで表現します。
UE4の最新技術により高精細で描かれる天候システムで、ドラフトの世界での生活を彩ります。

sub12

開発チームは、実際の気象状況を調査して。気象状況の再現、気象変化による環境の色彩変化を徹底し、24時間変化する気象環境を実現しました。これによりプレイヤーのただいな没入感に提供します。

(3)精緻なキャラクター描写:人物、服装、モデルを完璧に創造する

アートチームは、3Dモデリング、ハイレートのフレームワーク、テクスチャを用いて、幾度となく試行錯誤を繰り返し、高精度なキャラクター描写を実現しました。

sub13

キャラクターたちを着飾るファッションにもアートチームは徹底的にこだわりました。そのデザインモチーフもSF風、アメリカンカジュアル風など多岐にわたります。また、UE4を用いることで可能になった衣服の質感の違いまで、そのこだわりが徹底されています。これらのファッションはプレイヤーがカラーコーディネートできます。誰もがうらやむ美しいファッションデザインを追求することができます。

ゲーム内で登場する車も先に説明したPBR技術でリアルに再現。ボディの質感の違い、シートの本革シートの質感まで再現されています。

 sub14

公式Twitterをフォローして最新情報を入手しよう!

皆様のご支援とご協力おかげで、現在ドラフラ事前登録者数は5万人突破を達成しました! ありがとうございます!
現在公式Twitterでは、アマゾンギフトコード(1万円)ぶんが10名様に抽選で当たる、RTキャンペーンを実施中です。
公式Twitterでは最新ニュースを配信中! 今後もキャンペーンは展開していますので、フォローよろしくお願いします!

sub15

さらなる最新情報にご期待ください!
<<私たちのサイバーライフは目前だ>>



CODE:D-Blood(コード:ドラゴンブラッド)

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルMMORPG
メーカーSixjoy Hong Kong Limited
公式サイトhttp://codedblood.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧