1. サイトTOP>
  2. 『DEATH NOTE』12年ぶりとなる完全新作読切87ページが2/4発売のジャンプスクエア3月号に掲載!小畑健氏描き下ろし表紙イラストを先行公開

『DEATH NOTE』12年ぶりとなる完全新作読切87ページが2/4発売のジャンプスクエア3月号に掲載!小畑健氏描き下ろし表紙イラストを先行公開

2020-01-24 00:00 投稿

『DEATH NOTE』の12年ぶりとなる完全新作読切87ページが2020年2月4日発売のジャンプスクエア3月号に掲載される。小畑健氏描き下ろし表紙イラストを先行公開中。

以下、プレスリリースを引用



『DEATH NOTE』12年ぶり待望の完全新作読切が完成!掲載する「ジャンプスクエア」3月号の、小畑健氏描き下ろし表紙イラストを先行公開!!

「週刊少年ジャンプ」2004年1号(2003年12月1日発売)から2006年24号(2006年5月15日発売)まで連載された大ヒット作品『DEATH NOTE』。12年ぶりとなる完全新作読切87ページが、2月4日(火)発売の「ジャンプスクエア」3月号に掲載されます。このたび、その3月号表紙のために小畑健氏が新たに描き下ろしたイラストを先行公開いたします。描かれているのは、本編でもお馴染み死神・リュークと、主人公の″日本一頭のいい“中学生・田中実。小畑氏が描く精緻で美しいイラストと、新たな『DEATH NOTE』の物語にぜひご注目ください。

【「ジャンプスクエア」3月号表紙用 小畑氏描き下ろしイラスト】

01

■完全新作読切概要
タイトル:『DEATH NOTE』
著者:原作・大場つぐみ、漫画・小畑健
ページ数:87ページ(カラー扉ページ含む)
あらすじ:知能テストで3年連続1位を獲得した″日本一頭のいい“中学生・田中実(たなか ミノル)の前に、死神のリュークが現れる。出会いから2年後、実はノートでどんな計画を・・・?

本作は2019年7月13日(土)~8月12日(月)まで東京都・アーツ千代田3331で行われた「画業30周年記念 小畑健展 NEVER COMPLETE」にて冒頭10Pが初公開され、新潟会場、大阪会場でも一部公開された。また、ネーム版は本展東京会場の開催期間中に全ページがマンガ誌アプリ「少年ジャンプ+」にて公開され話題に。

©大場つぐみ・小畑健/集英社

■丸善・ジュンク堂・文教堂×「honto」×集英社連動キャンペーンも実施!!
概要:「ジャンプスクエア」3月号に『DEATH NOTE』完全新作読切が掲載されることを記念し、全国の丸善・ジュンク堂書店・文教堂で同号を購入すると、期間限定の特典が手に入るキャンペーン。

実施期間:2020年2月4日(火)~3月3日(火)

対象書店:全国の丸善・ジュンク堂書店・文教堂のhontoポイントサービス実施各店舗、honto本の通販ストア。 ※一部、本キャンペーン対象外の店舗がございます。詳細は右記のサイトより確認ください。
https://app.box.com/s/0plq9iako5jszo597dhb4ep22pzkdf1q

対象者:特典①~②は、対象店舗で「ジャンプスクエア」3月号(紙版)を購入し、「honto」に会員登録された方。また③~⑤の応
募は、これに加え「ジャンプスクエア」関連作品のコミックス(紙版または電子版)1冊以上を購入された方。
※対象の「ジャンプスクエア」関連作品の詳細は右記サイトよりご確認いただけます。
https://honto.jp/SQ
※「honto」とは…大日本印刷株式会社が運営する「書店と本の通販ストア」「電子書籍ストア」がひとつになった新しい本のWEBサービス(アプリ版あり)。

応募者特典内容:
① 【全員】「ジャンプスクエア」連載20作品の各1話目を集めた「SQスターターBOOK電子版」(無料)。
購入の翌日に「honto」のマイページに自動付与。※通販ストアにて購入の場合は、出荷をもって購入完了。

② 【全員】「ジャンプスクエア」3月号小畑氏描き下ろし表紙イラストの「スマホ用壁紙」。
上記①「SQスターターBOOK電子版」の巻頭ページに記載されたURL、または「ジャンプスクエア」3月号購入時のレシートに記載されたQRコードからダウンロードが可能。

③ 【抽選】「ジャンプスクエア」3月号表紙イラストをデザインしたクリアファイルを150名にプレゼント。

④ 【抽選】小畑健氏と大場つぐみ氏直筆サイン入り『DEATH NOTE』新作読切カラー扉イラストの複製原画を1名にプレゼント。

⑤ 【抽選】「小畑先生の生原画に触れられる鑑賞会」へ10名(予定)を招待。『バクマン。』に登場する「吉田氏」としてお馴染みの担当編集による解説や「ジャンプスクエア」編集部の見学、さらにプチギフトも予定。
※2020年4月3日(金)18:30~20:00集英社にて実施予定
③~⑤の抽選プレゼントについては、2020年3月中旬に当選された方のみにメールにて連絡し、会員情報に登録された住所宛に配送。

■『DEATH NOTE』作品概要
原作・大場つぐみ、漫画・小畑健。名前が書かれた人間を死に至らしめる”デスノート”を使い、自らの正義で犯罪者を裁く夜神月
と、それを追う世界的名探偵Lとの頭脳戦を描くサスペンスストーリー。「週刊少年ジャンプ」2004 年1 号(2003 年12 月1 日発売)から同誌2006 年24 号(2006 年5 月15 日発売)まで連載。ジャンプコミックス全12巻、文庫版全7 巻が刊行され、シリーズ累計発行部数は約3,000万部。2008年11号(2008年2月発売)では特別読切編が掲載された。2006年6月に公開された映画「デスノート」をはじめ、テレビアニメ、舞台、ゲームなど様々なかたちでメディア展開される。2015年7月から日本テレビ系でドラマ「デスノート」が放送、2016年10月には映画「デスノートLight up the NEW world」が公開、2017年8月にはNetflix にてオリジナル映画「Death Note/デスノート」が配信される。
■著者プロフィール
原作:大場つぐみ(おおば つぐみ)「週刊少年ジャンプ」2003年36号(2003 年8 月発売)の読切版『DEATH NOTE』で原作者としてデビュー。同作の連載版と、次作の『バクマン。』(「週刊少年ジャンプ」2008年37・38合併号~2012年21・22合併号で連載)はメディア化もされる人気作に。現在は「ジャンプスクエア」にて『プラチナエンド』(2015年12月号~)を連載中。漫画:小畑健(おばた たけし)新潟県新潟市出身。1989年に『CYBORG じいちゃんG』で「週刊少年ジャンプ」に連載デビュー。以来、『DEATH NOTE』をはじめ様々な原作者とのタッグで多数の漫画作品を手掛ける。その活躍は漫画の世界にとどまらず、イラストワークとして数々のコラボレーションも発表している。現在は「ジャンプスクエア」にて『プラチナエンド』(2015年12月号~)を連載中。



最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧