1. サイトTOP>
  2. コーエーテクモ、『我が天下』や『戦国布武』を運営する中国・杭州绝地科技股份有限公司に対して訴訟提起を発表

コーエーテクモ、『我が天下』や『戦国布武』を運営する中国・杭州绝地科技股份有限公司に対して訴訟提起を発表

2020-01-17 18:35 投稿

コーエーテクモゲームスは、2020年 1月17日に、中国の杭州绝地科技股份有限公司に対して、著作権侵害等の行為の差止及び当該行為から生じた損害の賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起した。

以下、プレスリリースを引用



杭州绝地科技股份有限公司に対する訴訟提起のお知らせ

株式会社コーエーテクモゲームス(代表取締役社長:鯉沼久史、以下「当社」)は、2020年 1月17日に、中国の杭州绝地科技股份有限公司(以下「被告」)に対して、著作権侵害等の行 為の差止及び当該行為から生じた損害の賠償を求める訴訟を東京地方裁判所に提起しました のでお知らせいたします。

1.被告について
(1)会社名称 杭州绝地科技股份有限公司
(2)法定代表者 俞甲子
(3)所在地 中華人民共和国浙江省杭州市余杭区仓前街道欧美金融城2幢3701室
(4)事業概要 ”Bekko.com”のブランド名にて『我が天下』、『戦国布武~我が天下戦国編~』、『三国炎血伝』などのスマートフォン向けゲームアプリを配信・運営

2.事件の概要
当社が開発し知的財産権を保有するゲームソフトシリーズ「真・三國無双」、「信長の野望」、「三國志」及び「太閤立志伝」の音楽やゲーム画像が、当社の許諾を得ることなく、被告の ゲームアプリのWeb広告などに継続的に利用されております。
当社は、この利用行為を著作権侵害等に該当すると判断いたしました。

被告のかかる行為はユーザーの皆様を誤認させ、当社のパートナー企業の不利益となるば かりでなく、当社ゲームの開発に携わるすべての関係者の努力を踏みにじるものです。

当社として到底看過できないことから、今般、本件訴訟を提起するに至りました。

当社グループでは、今後も、国内・海外を問わず、著作権等の知的財産権の侵害行為に対し て引き続き厳格に対応すると同時に、多くのユーザーの皆様にご満足いただけるゲームを開発及び提供できるように努力してまいります。



最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧