1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. 『あいミス』『ガルカフェ』『対魔忍』…2019年にお世話になった美少女ゲームを振り返る【美少女を愛でるゲーム生活 第12回】

『あいミス』『ガルカフェ』『対魔忍』…2019年にお世話になった美少女ゲームを振り返る【美少女を愛でるゲーム生活 第12回】

2019-12-27 12:00 投稿

美少女を愛でるゲーム生活 第12回

どうも、竹中プレジデントです。さて、2019年も残すところあとわずか。このブログも今回が2019年最後の更新となります。

「いつも読んでいただいてる方々ありがとうございます! 来年もがんばりマス」

このブログが掲載されるのは12月27日の予定なので、大掃除だったりコミケ参加の準備だったり、はたまた絶叫しながら仕事を片付けていたり、なんやかんやで忙しい日々を過ごしてる方が多いのではないでしょうか。

で、こういう年末シーズンに通例なのが“1年の振り返り企画”。テレビにしかり、雑誌にしかり、WEBメディアにしかり、特集を組んでその年をなんやかんや振り返ることはもはや年末の風物詩と言えましょう。

そんなわけで、本ブログでもこの年の瀬イベントにあやかって、2019年リリースされた新作タイトルの中で、個人的にすこすこな美少女ゲームを3作品ピックアップして紹介していこうかなって思います。2019年を総括総括!

No.1『あいりすミスティリア』

まず1作品目。

春の芽吹きとともにやってきたのは、美少女ゲームブランド“AUGUST”が手掛ける学園RPG『あいりすミスティリア』(『あいミス』)。

01

▲推しはソフィ。ババアじゃないしもしババアでもかわいいぞ。好きだ。

本作は、2017年12月にサービス開始されたもののゲーム内容改修のため長期リニューアルへ。PCブラウザ版が2019年1月31日より配信スタート、そして4月17日よりアプリ版がリリースされました。

もともと2017年に配信された際にもプレイはしていたのですが、リニューアルが入ったことでいつしか記憶の彼方へ……。それからかれこれ1年、Twitterで正式配信が始まったことを知り、再び『あいミス』の世界に足を踏み入れることに。

美少女成分を摂取しまくれる

『あいミス』には数多くの美少女たちが登場します。小っちゃい女の子からセクシーなお姉さん、はたまた年齢不詳(というかすごい年月生きている)なミステリアスレディまで。

このブログのテーマでもあるので、美少女成分をふんだんに摂取できるのは“前提条件”ではあるのですが……w

女の子それぞれにいろんな衣装が実装されていたり表情がころころ変わったりするところも好き。

02
03

萌え要素多めのストーリーに浸れる

このためにこのゲームをプレイしていると言っても過言ではないくらいにストーリーがイイ!

メインストーリーもそうだし、イベントストーリーのボリュームもなかなか。トータルで見ると、萌え7:シリアス3(もっと萌えが多いかも?)くらいのバランスで、読んでいて癒されます。

04
05

PCブラウザ版ではオトナな体験も!

そうなんです。DMM GAMESでPCブラウザ版があるってことはそうなんです!

僕自身、アプリ版が出てからはブラウザ版を開くことはほとんどないんですが、ひとつの選択肢として、そういう楽しみかたができる選択肢があるっていうのはとってもとってもうれしいなって。

NO.2『ガール・カフェ・ガン』

9月20日、夏から秋にかけて季節が巡るそんな時期に『ガール・カフェ・ガン』(『ガルカフェ』)は現れた。

06

▲推しは千姫。心なしかガチャへの登場頻度が高くて死んだ。

2019年にプレイしたゲームの中で、プレイ前後の“感情”の動きがもっとも大きかったのが、おそらくこのゲーム。ストーリーもいいし、キャラもかわいいし、欲望を満たせるし、なんだったらチュートリアルの展開もよかった。

プレイしながらスクショが捗っちゃうし、ついつい動画だって撮っちゃう、そんなゲーム。

着せ替えもできるしナデナデできる

女の子たちはLive2Dでゴッリゴリに動いてくれるうえに、ナデナデするといろんな反応を見せてくれる。しかもバリエーションがけっこうある謎のこだわり。制作者には「HENTAI」という最高級の賞賛の言葉をお贈りしたいほど。

一切の誇張なく、無限にナデナデして遊んでいられる最高のゲームなんですが、電車の中でプレイするのに勇気がいるのだけが悩みどころ。

08
07

キャラストーリーがイチャイチャ感あっていい

メインストーリーは重めの展開なんですが、キャラ個別のストーリーはイチャイチャパラダイス。読んでいくと、意外な一面が見えたりして“推し”がどんどん増えていくことになっちゃう。

09
10

衣装のチョイスに最高のセンスを感じる

リリースされてから約3ヵ月、いくつかのイベントが開催され、そのイベントのテーマに沿った衣装なんかも実装されているわけなんですが、

「衣装がすばらしい!」

と、世界の中心で叫びたくなるくらいに、衣装のチョイスがすばらしい。

王道の水着、

フェチ感がすごい戦術装備、

もはや本来果たすべき機能として成立しているのか疑いたくなるパジャマ、

チェスってえっちだったんだと気づかされたチェス装備、

とまあ、目を奪われちゃうラインアップ。

NO.3『アクション対魔忍』

それはまるで聖なる日を祝福するかのごとく、天から授けられたプレゼントだった。

12月24日、「感度3000倍」というパワーワードをひっさげて(?)、スマホゲーム界にやってきたシノビの国からの刺客『アクション対魔忍』。

事前情報から「このゲームは絶対やるやつだ」と期待はしていたんですが、実際にプレイしてみたら予想以上にすばらしいゲームに仕上がっていました。

11

▲3人とも快楽に弱そうな顔してる。

快楽に弱そうな対魔忍たちの衣装が豊富

もうね、期待していたものがそこにはあった! 本作には、アサギ・さくら・ゆきかぜの3人がプレイアブルキャラとして用意されていて、彼女たちを操作して戦っていくことになります。

で、彼女たちにはさまざまなコスチューム(衣装)があって、これらを着せ替えして楽しむことが可能。

そのラインアップも、制服からスーツ、バスタオルなど幅広いジャンルをカバーしていてすばらしい。

12
13

iOSとAndroid、ダブルでおいしい

さらにさらに、リリース初日からTwitterで話題になっていましたが、iOSとAndroidで対魔忍ちゃんたちの仕様に差異があるんですよね~~~~!!

iOSのほうが露出が低くなっていて、Androidのほうはかなーり露出度が高くなっています。まあ、露出が高いから正義というわけでもなく、端末さえ用意すれば好きなほうのパターンで楽しめるというのはありがたいですわね。

ちなみに、個人的にはiOSのほうがフェチ感があって好き。

1415
1617

謎の撮影モードが可能性の塊

これまたリリース初日、Twitterで話題になりまくっていた謎の撮影機能“プライベートルーム(β)”

自由にポーズをつけて撮影できるんですが……

 19
 18

いろんな(意味深)な楽しみかたができそうでワクワク。

ただ、ポーズをつけるのがかなり難しいので、いくつかのテンプレポーズをあらかじめ用意されていると助かるんですががが……w

とにもかくにもまだ、また(β)なので、今後のアップデートに期待したいところ。

以上3タイトルが個人的にすこすこな美少女ゲームです!

さーて、2020年はどんな美少女に出会えるのか、楽しみデス

文/竹中プレジデント(@takepresident

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧