1. サイトTOP>
  2. 世界初『ポケモンGO』公式スペース“Pokemon GO Lab.”潜入リポート

【年末年始休業のお知らせ】
2019年12月27日(金)15時~2020年1月6日(月)11時まで、お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

世界初『ポケモンGO』公式スペース“Pokemon GO Lab.”潜入リポート

2019-12-20 20:19 投稿

ポケ活を彩るグッズが続々登場

東京・池袋にある大型商業施設サンシャインシティ。専門店街アルパの2階にある“ポケモンセンターメガトウキョウ”に、世界初の『ポケモンGO』公式スペース“Pokemon GO Lab.”がオープンした。

本記事ではオープン翌日、2019年12月20日実施されたプレスツアーにフリーライターの深津庵が参加。多彩なグッズはもちろん、公式スペースの魅力と今後の展開についても紹介していく。

pokegorab01

13種類以上ある魅惑のポケGOグッズ

今回、公式スペースに登場した『ポケモンGO』公式グッズは、ゲームの世界をイメージしたムゲンふかそうち型ポーチやデイリーレイドパスデザインのIDカードケース。お土産にも最適なポケコインをイメージしたチョコ(540円)やギフトキャンディ(864円)といったもの。

さらに、スマホベルト(1760円)やマルチリンク(2090円)などのスマホアクセサリー類。チーム別キャップ(3300円)やポロシャツ(4070円)、ステンレスボトル(3080円)といったアパレル類など、どれも欲しくなってしまう13種類以上のラインナップだ。

pokegorab02

▲『ポケモンGO』の世界を連想させるグッズのほか、スマホケースやカバー、タオルやクリアファイルもあったぞ。

ジムの様子を映し出し大型ディスプレイ

そして注目すべきは、横浜のみなとみらいで開催された“ピカチュウ大量発生チュウ!”で“Pokemon Synchronicity”の演出の一部を手掛けたことでも知られるライゾマティクスによる該当ジムの様子を映し出す大型ディスプレイだ。

pokegorab03-1
pokegorab03-2
pokegorab03-3

▲“Pokemon GO Lab.”のジムを占拠しているポケモンとトレーナーの情報。長時間ジムを防衛したポケモンのランキング、ジムを占拠したチームの比率といったデータがランダムで表示されている。

また、占拠しているチームカラーに応じてフリースペースの照明が変化。リアルタイムで反映される大型ディスプレイに自分のアバターを映すため、何度もジムバトルにチャレンジしてしまうだろう。

pokegorab04
pokegorab05

▲天井には各チームのエンブレム、等身大のウィロー博士など、フリースペースは見ているだけで楽しくなってくる。なお、来年には各チームリーダーの等身大フィギュアも登場するようだぞ。

pokegorab06

▲開店前の訪問だったが該当ジムはつねにトレーナーたちが奪い合う状況。専有するチームや配置されたポケモンたちの情報がその都度更新される様子は見ているだけで楽しかった。

9ヶ国語に対応したポケモントレードブース

フリースペースの奥にはポケモンを交換したい人のために、“交換に出すポケモン”と“探しているポケモン”を記載するシート。さらに、9ヶ国語に対応したポケモンの名前一覧表が設営されている。

初日はこの企画がとても好評だったようで、10枚あったシートでは足りず、スタッフがトレーナーたちに呼びかけたという。

今後様子を見ながらシートの枚数も増やすということだ。

pokegorab07

▲海外限定や色違いなどほしいポケモンの名前を書いたら準備完了。フリースペースにいるトレーナーたちに見せて交換し合うというわけだ。

なお、12月20日から23日の4日間、下記の時間帯に“伝説レイドバトル”が発生。

12月20日(金曜)午後18:00から
12月21日(土曜)午後15:00から
12月22日(日曜)午後15:00から
12月23日(月曜)午後18:00から

さらに、当ブースのジムバッジをゴールドにするとウィロー博士の特製ステッカーがもらえるキャンペーンが2020年2月29日まで実施されている。

pokegorab08

▲これがウィロー博士の特製ステッカー。来年、各チームリーダーの等身大フィギュアが登場したら所属チームカラーのステッカーが加わるとうれしいよね。

各チームリーダーの等身大フィギュアはもちろん、今後もフリースペースはさらなる進化を遂げていくことがプレスツアーの中で明かされた。

“GOスナップショット”や“相棒と冒険モード”といった新機能。コミュニティディや『ポケモン ソード・シールド』とのコラボなど、今年の『ポケモンGO』はイベントの連続だった。

はたして2020年はどんな体験ができるのか。

『ポケモンGO』はもちろん、ついにオープンした世界初の公式ブース“Pokemon GO Lab.”の進化にも注目していきたい。

pokegorab09

▲交換ブースの床にはバトルスタジアム風のデザインが施されている。近々実装される“集合写真モード”を使えば、これまでにない新しいスナップショットが撮れそうだ。

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

ポケモンGO

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルその他
メーカーナイアンティック
公式サイトhttp://www.pokemongo.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧