1. サイトTOP>
  2. 『荒野行動』3年目最初のコラボは『銀魂』!! 2017年のリリースから進化を続ける大ヒットタイトルの2年間を振り返り

『荒野行動』3年目最初のコラボは『銀魂』!! 2017年のリリースから進化を続ける大ヒットタイトルの2年間を振り返り

2019-11-28 12:00 投稿

3年目の『荒野行動』も激アツの予感…!

日本のiOSとGoogle Playのダウンロードランキングで1位を何度も獲得し、国内約3000万ダウンロード、“Google Play ベストオブ 2018”ではユーザー投票部門で最優秀賞を受賞するなどファンから根強く愛されている『荒野行動』。

EIBwFYfUUAA6mVJ

そんな『荒野行動』が先日2周年を迎えた。さまざまなタイトルや企業とのコラボに加え、esportsタイトルとしても本格始動し3年目の動向にもますます期待が寄せられている。

本記事では、3年目の皮切りとなる『銀魂』コラボの紹介のほか、この2年間で行われたアップデートやコラボ内容など、簡単に『荒野行動』の歴史を振り返っていく。

▼2周年イベントのリポート記事はこちら

『銀魂』コラボが11月27日からいよいよ開催!

Ph01

先日2周年イベントを終えたばかりの『荒野行動』だが、3年目一発目のコラボは、日本の超人気作品『銀魂』。

このコラボでは、登場するキャラクターになれる衣装や車両スキンはもちろん、抽選でプレゼントが当たるキャンペーンも開催される。

キャンペーンでは、コラボ衣装セットが当たるリツイートキャンペーンや、ゲーム内でキーワードを入力して、ゲーム内アイテムをゲットできるキャンペーンなど、もりだくさんな内容となっている。

コラボ衣装&車両スキン

本コラボの目玉である衣装は、『銀魂』の万事屋メンバーである銀時、神楽、新八(メガネだけではない)に完全になりきれるほどのクオリティ。衣装のほか、エリザベスや定春、ジャスタウェイが仲間スキンとして登場する。

Ph02

▲神楽の赤いチャイナ服を見事に再現。

Ph03

▲エリザベスは、戦場で一緒に付いてくる仲間スキンとして登場だ。

衣装だけではなく、車両スキンも追加される。後輪部に“銀”の文字が入った銀さん愛用のスクーターや、“御用”とかかれた赤提灯が側部に付いた真選組のパトカーなど、原作に登場する車両が忠実に再現されている。衣装と組み合わせることで、原作のワンシーンを再現することも可能だ。

Ph04

▲銀さんのスクーター。数少ないバイクスキンなのでぜひとも手に入れたい。

Ph05

▲白と黒を基調とした真選組のパトカー。

コラボアニメのほかRTキャンペーンも実施中!

公式Twitterや特設サイトでは、ここだけでしか見れないコラボアニメが公開中。『銀魂』のノリはそのままに、銀さんたちが実写(?)で『荒野行動』実況動画に挑戦。まさかのあのキャラクターも登場するので、ぜひチェックしよう。

Ph06

▲銀さんと神楽が実写(?)で登場?

また、コラボ動画の感想を ♯荒野行動 、 ♯命がけだぞコノヤロー のハッシュタグふたつをつけてツイートすると抽選で、荒野行動グッズセットが抽選で当たるキャンペーンも実施中なので、忘れずに参加にしよう。

(C)空知英秋/集英社・テレビ東京・電通・BNP・アニプレックス

『荒野行動』の2年間の進化を辿る!

ここからは『荒野行動』の2年間を簡単に振り返っていこう。

リリース当時は、約100人のプレイヤーが最後の1人(1チーム)になるまで戦闘をくり広げる“バトルロイヤル”がスマホでお手軽に楽しめることから注目を集め、リリースしてからすぐにビッグタイトルとなった。その後も、さまざまなアップデートにより進化し続け、新規プレイヤーはもちろん、古参プレイヤーたちの心をがっちりと掴んでいる。

Ph01

さらに、2019年10月31日には、初のコンシューマー版となるNintendo Switch版をリリース。スマホ版の魅力はそのままに、テレビにつないで大画面で遊べたり、ジャイロ操作に対応していたりと、Switchならではのプレイが楽しめる。

kouy_1

それでは『荒野行動』を進化させてきた、アップデートをいくつかピックアップして紹介していこう。

新たなマップ“嵐の半島”の登場

最初の大型アップデートでは、新マップである“嵐の半島”が追加された。当時はマップが“激戦野原”のひとつしかなかったが、このアップデートにより遊びかたの幅が広がる形になった。

Ph02

激戦野原に比べ、面積がかなり広くなっており、多くの町や建造物で構成されたのが嵐の半島。遮蔽物が少なく見晴らしのいいサーキット場や、高低差を生かした戦闘が楽しい火山の谷地、町全体が水浸しになって移動がしにくい水没の町など、バラエティー豊かな場所が多くあり、プレイヤー待望のアップデートに。

グラフィックの進化

Ph03

新マップ嵐の半島が追加された大型アップデートでは、新マップの追加にあわせてグラフィックも大幅に進化。建物や地面などがより綺麗に描かれたほか、水面の動きやリアルな影の表現など、ゲームのビジュアル面のクオリティが格段に向上。現在もアップデートを重ね進化を続けている。

Ph04

▲グラフィックの向上だけではなく、キャラクターのモーションなども進化。

FPSモードの実装

このモードの登場は、全ユーザーに新たな体験を提供した。通常は自分の後ろ姿が見えた三人称視点のゲームだったが、自分の目から見える一人称視点でのゲームプレイを可能に。全員が一人称視点になるレジャーモード、一人称大作戦では、三人称視点では味わえないリアリティある戦闘を体感することができ、より緊張感のある試合を体験できる。現在は設定からFPSモードに切り替えて楽しむことができる。

Ph05

▲TPSとは違ったゲーム性で楽しめる。

東京が舞台の新マップ

嵐の半島に続き、3つ目のマップ“東京決戦”が追加。マップ名にある通り、東京が舞台のマップとなっており、新宿や渋谷、秋葉原などの都市で構成される日本由来のマップになっている。

開発チームが計3回にわたって日本を訪れ実際の風景を見て制作したとのこと。ゲーム内の建物や風景も非常にリアルでこのマップの追加を待ち望んでいたファンも多かった。

Ph06

このほか、新しい武器や乗り物の追加に新モードの実装など、この2年間で怒涛のスピードで進化しているのが『荒野行動』の特徴。3年目もきっと我々に新たな驚きを提供してくれるだろう。

コラボ作品&企業をまとめておさらい!

ここからは、この2年間で『荒野行動』がコラボしてきたものを一挙に掲載していく。

IPとのコラボ

■進撃の巨人コラボ

記念すべき最初のコラボとなったのは漫画やTVアニメで大人気の『進撃の巨人』。調査兵団の制服や超大型巨人のマスクなどのコスチュームのみならず、原作でおなじみの“立体機動装置”をゲーム内のアクションで完全に再現し話題となった。

【開催期間】
・第1回:2018年8月1日~8月14日
・第2回(復刻):2018年11月22日~12月5日
・第3回(復刻):2019年8月22日~9月8日

Ph07

▲立体機動装置の登場により文字通り立体的な戦闘を楽しむことができた。

Ph08

▲大迫力の超大型巨人のテーマなども登場。

(C)諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

■ポプテピピックコラボ

『ポプテピピック』とのコラボは多くのユーザーが衝撃を受けたことだろう。このコラボから“仲間スキン”が実装され、戦場で“ポプ子”や“ピピ美”がペットのようについてくる新アイテムスキンが登場した。『進撃の巨人』とはまた異なるコラボの仕方でユーザーを沸かせた。

【開催期間】
2018年12月31日〜1月13日

Ph09
pop定镜
pipi定镜

(C)大川ぶくぶ/竹書房・キングレコード

■KOF ’98UMコラボ

コラボ第3弾は懐かしの格闘ゲーム『KOF』とのコラボ。“草薙京”や“不知火舞”など、5人の人気キャラとなり戦闘を楽しむことができた。また、一部の銃スキンでは敵を倒すとボイスが聞けたりと、ユニークなギミックなども。

【開催期間】
・第1回:2019年3月15日〜3月28日
・第2回:2019年6月30日~7月14日
※2019年10月24日に一週間限定でコラボガチャとスキン販売のみが実施。

Ph10

▲炎を操る貴公子“草薙京”となり、戦場で暴れまわることができた。

Ph11

▲車や銃も、不知火舞と彼女の持つ扇子がイメージされており、赤を基調とした鮮やかなデザインで登場した。

(C)SNK CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED.

■新世紀エヴァンゲリオンコラボ

使徒の襲来や、“初号機”への搭乗ができることで話題になった『新世紀エヴァンゲリオン』コラボ。使徒襲来モードでは、通常の戦闘とは異なりプレイヤーがエヴァンゲリオンに乗って戦うという新しい体験を生み出し、第6使徒とのアニメさながらの戦闘を再現した。

【開催期間】
2019月5日31日~2019年6月13日

Ph12
EVA

(C)khara

■フェアリーテイルコラボ

『フェアリーテイル』とのコラボでは、“ナツ”や“エルザ”などの衣装はもちろん、作中に登場する魔法を使った大迫力な戦闘を楽しむことができた。乗り物に弱いナツとウェンディのコスチュームで乗り物に乗ると酔ってしまうなど、原作ファンがクスリと笑える要素も。

【開催期間】
・第1回:2019年7月31日~8月13日
・第2回:2019年9月30日~10月14日

Ph13

▲作中に登場するキャラクターごとの専用魔法での熱い戦闘。

Ph14

▲大迫力の魔法を忠実に再現。

(C)真島ヒロ・講談社/フェアリーテイル製作委員会・テレビ東京

人気YouTuberや芸人とのコラボ

■YouTuberスカイピースとコラボ

前述したIP作品とのコラボのみならず、スマホのゲームタイトルでは珍しいYouTuberとのコラボを実現しのも『荒野行動』の特徴だ。

Youtuberスカイピースとの1周年を記念したコラボ楽曲『荒野行動あるあるソング作ってみたwwwwww』は800万再生を突破。また、2019年11月8日に公開された2周年テーマソング『英雄』もスカイピースが担当し注目を浴びている。

▼『荒野行動あるあるソング作ってみたwwwwww』

▼『英雄』

■お笑い芸人 和牛とコラボ

『荒野行動』に関連した投稿動画の中から優秀な作品を決めるコンテスト“荒野の光”の取り組みの一環として、人気お笑い芸人“和牛”とコラボ。和牛のふたりが『荒野行動』のプレイ実況をする予想外のコラボが大反響。

和牛の荒野実況チャンネルはこちら

企業コラボ

■荒野Championship

2019年5月から約3ヶ月間行われた『荒野行動』初となるeスポーツイベント“荒野Championship-元年の戦い”では、ソニーモバイルコミュ二ケーションズ、TikTok、Logicool、DXRACER、BZiTA、楽天コレクション、楽天チケット、Rakuten LIVEら、総勢8社とコラボをし、それぞれ違った形でイベントを盛り上げた。

Ph15
Ph16

▲ソニーモバイルコミュニケーションズとのコラボは、ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia1を大会用公式端末として採用。

▶大会のリポート記事はこちら

■Shimamura衣装コラボ

バトルロイヤルゲームとファッションセンターの異色なコラボも実現。“しまむら”ではコラボTシャツが発売され、それを記念しゲーム内では実際に発売されたTシャツの衣装が配布された。

Ph17

▲ゲーム内のキャラクターとおそろいの格好に。

■有名ステーキチェーン店“いきなり!ステーキ”とコラボ

有名ステーキチェーン店“いきなり!ステーキ”とのコラボが実施。荒野行動をモチーフにした店舗や、コラボメニュー、プレゼントキャンペーンなどもりだくさんな内容になっていた。

Ph18

『荒野行動』がイベントに参加して盛り上げることも

■UUUM Fes

『荒野行動』は、YouTuberでUUUMに所属するクリエイターたちの祭典UUUM Fesに参加。人気YouTuberグループ“はじめしゃちょーの畑”とコラボしたステージイベントや等身大パネル展示、ドリンク・ステッカーの配布を行い、注目を集めた。

Ph19

▲はじめしゃちょーの畑とコラボした等身大パネルは、長蛇の列ができるほどの人気フォトスポットに。

Ph20

▲ステージでは、オープニングアクトとしてはじめしゃちょーの畑とともに盛り上げた。

■YouTubeファンフェスタ

YouTubeファンフェスタでは、“スカイピース”と荒野行動1周年リリース記念のタイアップテーマソング『荒野行動あるあるソング作ってみたwwwwww』を披露し、約6500人の観客が熱狂した。

Ph21

以上、簡単にではあるが『荒野行動』の2年間の軌跡を振り返ってきた。アップデートやコラボ、イベントなどを通し、リリースされてからの2年で『荒野行動』がいかに進化し続けてきたか、伝わっていれば幸いだ。

荒野行動

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルFPS/TPS
メーカーNetEase Games
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧