1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 北欧神話のトール&ロキとミョルニル【しゃれこうべが語る元ネタの世界 第7回】

北欧神話のトール&ロキとミョルニル【しゃれこうべが語る元ネタの世界 第7回】

2019-11-20 12:00 投稿

鎚、すなわちハンマー!

鎚、武器ジャンルとしては若干マイナー寄りな気もしますが、一撃のダメージがデカくていいですよね~。

技としては小橋建太のバーニング・ハンマーを思い浮かべるところですがね!

やっぱり僕としては、プロレスでハンマーと言えば相手をコーナーやロープに振るハンマースロー!

もしくはジャングル叫女(きょうな)の必殺技であるハンマースロー式パワーボムでも可!!

編集U「何目線なんだよ!!!」

ってなことで、本日も始まりました“しゃれこうべが語る元ネタの世界”!

伝説の武器特集第3回の今回は~、北欧神話に登場する雷神・トールの持つ鎚・ニョルニルについて語りましょう!

【目次】
・別名は某宇宙要塞のアレって感じですよね!
・ロキ主宰、陰謀渦巻く鍛冶屋コンペ
・ミョルニル誕生!
・次回はギリシア神話のハルパー&トライデント!

別名は某宇宙要塞のアレって感じですよね!

雷神・トールが誇る必殺の鎚・ミョルニル!

所有者の名前を取ってトール・ハンマーとも呼ばれていますね!

んまずはその簡略プロフィールをば!

北欧神話に登場する雷神・トールが所持する鎚。全力で振るっても壊れることはなく、敵に投げつけた後は自動的に手元に帰ってくる

ドヴェルグ(ドワーフ)の兄弟であるブロックシンドリの手によって作られるが、とあるアクシデントから極端に柄が短いという欠点を持つ。

本コラムで画像を使わせてもらっている『乖離性MA』ですと、ミョルニル自体はさておきトールがほぼ同名の騎士をもじって登場していますね!

20191119_ミョルニル (1)

※雷神のトールも円卓の騎士のトールも元ネタは男です。

北欧神話では神々と対立する存在として巨人たちが登場しますが、トールがミョルニルで頭蓋を粉砕した巨人は数え切れず!

おまけに投擲武器として使えば自動で帰ってくるという超便利機能付きですが、じつは武器以外の使い道もあったりします!

編集U「ハンマーだからやっぱ日曜大工とかに……」

使わねぇわ!!

聞いて驚きですが、なんとミョルニルには蘇生機能があるんですね!

とあるエピソードではそれを利用し、みずからの戦車を引く2頭の馬の肉を食べ、ミョルニルパワーで再び蘇生させていたとか何とか!

移動時には機動力として脚に代わり、休憩中には馬肉として腹を満たす、完璧じゃあないですか!

20191119_ミョルニル (2)

編集U「馬からすると地獄」

ま、まぁ神の戦車を引くような馬ですし、そこらへんの肝も据わってるということでひとつ……!

さておき! プロフィールでも触れましたが、ミョルニル唯一の欠点は柄の短さ!

これは制作中のとあるアクシデントが原因でして、今回はそこも含めてミョルニルができあがるまでのお話といきましょう!

何気に北欧神話の最高神・オーディンの槍として有名なグングニルとかも登場しますでよ!

ロキ主宰、陰謀渦巻く鍛冶屋コンペ

むか~しむかし、とあるところにロキという神様がいました。

巨人の血を引きながらもオーディンの義兄弟だったこの神様は、神でありながら非常に意地が悪く、神々に災いをもたらす存在でもありました。

20191119_ミョルニル (3)

※『乖離性MA』では女性の姿で描かれていますが、元ネタは基本的には男神です(ただし変身によって姿も性別も変え放題)。

あるとき、ロキはトールの妻・シヴが寝ているあいだに、彼女の美しい黄金の髪を剃り落としてしまいます

当然ながら夫のトールは激怒し、また、繁栄を象徴するシヴの髪が失われたことにほかの神々も激怒し、ことと次第によってはロキの命で償わせるか、といった意見も出てきました。

これにはさすがのロキも慌て、シヴの髪を元に戻し、さらに神々への献上品を捧げることを約束します。

編集U「のっけから盛大にやらかしてんな」

ロキと言えばイタズラ(で済まない悪行)ですからね!

さて、北欧神話の世界には神々や巨人のほかにも、金細工や鍛冶を得意とする小人のドヴェルグたちには、イーヴァルディ一族シンドリ一族、ふたつの家族がいました。

ロキは彼らに頼んで献上品を用意すると同時にドヴェルグたちの宝の評価を競わせ、ドヴェルグたちと神々の、そしてドヴェルグ同士の関係を悪化させてやろうと企んだのです。

20191119_ミョルニル (4)

編集U「間髪入れずに迷惑ムーブ」

まさにトリックスター!! 神話の迷惑行為はお任せあれってなもんですよ!

まずはイーヴァルディ一族のもとへ向かったロキは、シヴのための髪の毛や、神々への献上品を作るように頼みます。

ようし任せろと腕を振るったイーヴァルディ一族は、シヴのためには本物のように自然と伸びる黄金の髪の房を、オーディンのためには槍のグングニルを、そしてフレイという神のために、スキーズブラズニルという船をこさえました。

編集U「最強のカツラが生まれたな……!」

神と言えどなくなった髪は取り戻せないってのもアレですが……!

登場したついでに触れておくと、ここで登場したグングニルも超メジャー武器ですね!

グングニルもトールのミョルニル同様、投げて敵を貫いた後には手元に戻ってくる機能があったとかなんとか!

持ち主のオーディンはちゃっかり『乖離性MA』でもカード化されていますね!

20191119_ミョルニル (5)

※『乖離性MA』では女体化されていますが、元ネタは男神です。

なお、フレイに贈られたスキーズブラズニルですが、こちらは神々の配下である戦士たちを全員乗せられるほどの巨大さながら、ナプキンサイズにまで折りたたむことができたとか!

編集U「折りたた……、は?」

いやもう何のこっちゃですけどね! そこは神話クオリティ!!

「 船 は 『 2 隻 』 あ っ た ッ ! 」

ばりに謎ですが、そこはもうそういうもの、ということで!

話がそれましたが、イーヴァルディ一族に宝を作らせた後、ロキはシンドリ一族のもとへ~!

ミョルニル誕生!

シンドリ一族のもとにやってきたロキは、イーヴァルディ一族に負けない宝を作ってほしいと頼みます。

そしてその際、彼はこんなひと言を添えたのです。

20191119_ミョルニル (6)

そんな煽りを受けてカチンときたシンドリ一族のシンドリと弟のブロックは、さっそく宝作りを始めます。

しかしこのとき、ロキは血を吸う蠅に姿を変え、ふいごを吹くブロックの作業を妨害しにかかります。

編集U「頼んでおいて妨害するというウザさ……!」

それがLO☆KI!

ブロックの腕や首から血を吸うロキでしたが、激しい痛みのなか、自分が手を止めては宝がダメになる、とブロックは耐え続けます。

その結果、天空や海上を翔ける黄金の牡豚と、9つの夜ごとに9つに増える腕輪・ドラウプニルが作られました。

編集U「黄金の、豚かぁ……」

しかもこれがオーディンの愛馬・スレイプニルを除けばどんな馬より速いってんですからね! 珍奇な宝があったもんだ!

ちなみにこの豚、炎の燃える炉に豚の皮をブチ込んだ結果生まれています!

編集U「どういう製造過程だ……!」

そして腕輪のドラウプニル、こちらもRPGなんかでちょいちょい登場しますが、ネズミ算的に増えていくという性質から多産と豊穣のお守りになったとか何とか!

編集U「で、その後にミョルニルが作られると」

いかにも!

職人魂を見せて痛みを乗り越えるブロックでしたが、自分の頭を賭けているロキとしては、何が何でも宝作りを失敗させないといけません。

そこでブロックがつぎの宝を作る際、ロキは腕でもなく首でもなく、ブロックの眉間に針を突き立て、またも多くの血を流させます。

血が目に入り視界が塞がれても無心でふいごを吹き続けたブロックでしたが、とうとう一度だけロキを払おうとして腕を止めてしまいました。

20191119_ミョルニル (7)

かくして、威力や耐久性、手元に戻ってくる機能など、性能としては非常にすばらしいものでありながら、柄が極端に短いという唯一の欠点を持つ鎚・ミョルニルができあがったのです。

ところが、ロキの妨害でミョルニルが欠点を持つ武器となったにも関わらず、グングニルなどイーヴァルディ一族が作った宝とミョルニルなどのシンドリ一族が作った宝を比べたとき、神々はシンドリ一族に軍配を上げました

20191119_ミョルニル (8)

「それじゃあ約束通り、お前さんの頭をもらおうか」

と、シンドリが言い終わるのも待たず、ロキは“快速の靴”という超速移動アイテムを使って逃亡します。

……が、事情を聞いたトールがすぐさまロキをひっ捕らえ、シンドリの目の前に連れ戻しました。

20191119_ミョルニル (9)

編集U「こ~のヘタレっぷり」

が、口八丁のロキさん、まだまだあがく!

「仕方ない。潔く俺の頭を自由にすることは認めよう。だが、俺の首を賭けるとは言ってない。

俺の頭を切り落とすのはいいが、首には傷ひとつ付けるなよ

編集U「とんだヘリクツだなオイ!!」

そんな話が通る訳が……、と思いきや!

ロキの発言を聞いた神々は協議し、「頭は自由にしてよし。ただし首に傷を付けてはいけない」と、ロキを援護するような命令を下したのです。

シンドリは腹いせに、錐でロキの唇に穴を開けてキツく縫い付けましたが、ロキに味方した神々に強い怒りを抱いたまま帰っていきました。

そしてまた、シンドリ一族の宝が勝っているという判定を下されたイーヴァルディ一族も神々に腹を立て、小人と神々との関係を悪化させるというロキの目論見は見事に達成されたのでした。

~ おしまい ~

編集U「ひたっすらにロキが迷惑な話だったな……」

基本引っ掻き回す立ち回りですからね……!

北欧神話はロキがやらかしてトールがブチギレるというパターンが多いんですが、どのエピソードもブッ飛んでいておもしろい!

んまぁそこらのエピソードはまたの機会に!!

次回はギリシア神話のハルパー&トライデント!

ってことで、今回は北欧神話のミョルニル回でございました!

柄の短さにもちゃんと(?)理由があったんですね~!

編集U「そこよりもロキの迷惑っぷりが目立ちまくったな……!」

伊達にトリックスターの代表格と言われていませんぜ!

さて、伝説の武器特集の(ひとまず)締めくくりとなる第4回!

次回扱いまするは、ギリシア神話よりヘルメスが持つハルパー、海神・ポセイドンのトライデントなんかについて語っていきましょう!

ぶっちゃけヘルメスぐらいしか画像がないんですが、そこは何とか解決策を考えたいですね! 解決できたらいいなァー!

20191119_ミョルニル (10)

さて皆さん! 今週末のご予定はいかがですかァァー!?

なんと今週末、すなわち11月23日&24日! スターダムの新木場大会が夕方2連チャン!!

しかも23日は新人選手・星野唯月(いつき)のデビュー戦&3vs3で競うアーティスト王座戦が!

そして24日はタッグ王座戦があり、と! こーりゃ豪華な2本立て! これを逃す手はないよお客さァーん!!

編集U「だから何目線なんだよ!!!」

ファン目線……、かな……!!

んでは今週はここまで! 来週も、アテクシの語りごとにお付き合い願います!!

文/しゃれこうべ村田(@SRSWiterM

参考文献

マッケンジー,A,ドナルド(1997)『北欧のロマン ゲルマン神話』(東浦義雄・竹村恵都子訳) 大修館書店
幻想世界武器・防具協会(2009)『[決定版]英雄達の武器・防具 FILE』 学習研究社.

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧