1. サイトTOP>
  2. 『アイドルマスター ミリオンライブ!』改めて沖縄生まれの“カンペキ”アイドル“我那覇響”(声:沼倉愛美)ってどんなキャラクター?

『アイドルマスター ミリオンライブ!』改めて沖縄生まれの“カンペキ”アイドル“我那覇響”(声:沼倉愛美)ってどんなキャラクター?

2019-10-23 18:12 投稿

“なんくるないさー”の前向き精神で皆を明るくするアイドル

人気女性声優の沼倉愛美さんが入籍を発表。数々の魅力的なキャラクターを演じている中で代表的なものと言えば、デビュー作となっている『アイドルマスター』シリーズの我那覇響だ。

12
 3

沖縄生まれの南国少女で、運動神経が高く765プロにおいてダンステクニックはトップクラス。“自分、カンペキだからね!”と自称するとおり、ライブでは完璧なパフォーマンスをこなし、家事全般を得意とする女子力の高さも見せるが、ちょっと抜けていたり、おだてられると調子に乗って失敗してしまう場面もある。しかし、“なんくるないさー!(何とかなるさ)”とすぐに立ち直る前向きな明るさと、裏表のない非常に親しみやすいキャラクターだ。動物好きで、TVアニメ『アイドルマスター』ではハムスターの“ハム蔵”をはじめ、多くの動物を飼っている描写も見られる。寂しがり屋という一面も持っており、沖縄から一人で上京しての孤独感はシアターのメンバーはもちろんだが、この動物たちによって助けられているところもあるようだ。

 4 5

最初はPSP用タイトル『アイドルマスターSP』にて、765プロのライバルである961プロのアイドルとして登場。その後発売された『アイドルマスター2』以降は最初から765プロのアイドルという設定になった(『アイドルマスター』シリーズは基本的に毎回パラレルと言う設定になっている)。ムードメーカー的な立ち位置ながら、双子アイドルの双海亜美、真美にからかわれたりする“いじられキャラ”としての面も持ち合わせている。アイドルとしての後輩である“ミリオンスターズ”のメンバーには人懐っこい性格と面倒見の良さで接していく。イベントでは先輩として、ビシバシアドバイスする様子も見られたが、自身がメインとなるエピソードでは他のメンバーたちの目覚ましい成長に、負けられないとオーバーワーク気味になり倒れる場面も。そんな響をプロデューサーと、メンバーたちがフォローし、仲間でありながら良きライバルでもある関係性を築いている。ミリオンメンバーとのユニットや、楽曲は多くないが、今後の後輩たちとの絡みも期待したい。

 7
 6
 8

▲後輩とのユニットではパフォーマンスの高さに尊敬を集める

 19
 10
11

▲メインエピソードでは後輩の成長ぶりを喜びつつ、自分も負けまいとオーバーワークに

 20
 21
 13
 14
 15
 16

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧