1. サイトTOP>
  2. “ブシロード”がライブエンターテイメントをさらに強化!“劇団飛行船社”との資本業務提携記者会見の模様をレポート

“ブシロード”がライブエンターテイメントをさらに強化!“劇団飛行船社”との資本業務提携記者会見の模様をレポート

2019-09-30 22:21 投稿

ブシロードが演劇分野をさらに拡大

2019年9月30日、ヒルトン東京にて“ブシロード”と“劇団飛行船”の資本業務提携記者会見が行われた。“ブシロード”は近年、舞台発としてアニメ、ゲームとマルチメディアに展開する『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』で、ライブエンターテイメントの分野に力を入れている。一方、“劇団飛行船”は舞台領域で 50 年以上にわたって上演を行ってきており、マスクプレイミュージカル(ぬいぐるみ舞台劇)の舞台表現技術は国内外で高い評価を受けている企業だ。また2016 年の“映劇株式会社”との吸収合併により、2.5 次元ミュージカルの分野にも力を入れており、今回の提携によって、舞台領域での包括的な協力体制を構築するとしている。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは、“ブシロード”の木谷高明氏が登壇し、提携の背景とその内容について説明した。「近年はコンテンツのデジタル化がどんどん進んでいるが、そのおかげでアナログなライブエンターテイメントの価値が上がっている」と語る。特に舞台というのは距離が近く、役者の熱量が伝わりやすい。その「熱量を感じた舞台ファンから、さらにコアファンを生み、コンテンツ全体のファンを作るベースにしたい」と述べた。昨今、ゲーム、アニメと制作費が高騰してきている中で、「30分アニメ1話の予算を考えると、簡単な舞台であれば1週間の公演が可能」だという。舞台というアナログなツールでコンテンツを盛り上げ、「継続発展していく手段にしていきたい」と語った。

2

業務提携内容としては「近年は、プロジェクションマッピングのようなデジタル技術を使ったアナログ表現が進化しており、舞台領域における新たな表現方法の想像を検討していきたい」と意気込みを述べる。ビジネスモデルとして、『少女☆歌劇 レヴュースタァライト』を一例にあげ、舞台上映を先行させ、続いてアニメと膨らませたところで、ゲームと展開し、楽曲のリリースや各種グッズ、メディアミックスによる成功を語る。さらに、舞台の入場料、物販の収益、舞台の映像の配信販売や、テレビ放映権、ライブビューイング収益、映像パッケージなど多面的な収益があり、まだまだ進化の可能性があると舞台の強みを語った。

4
 3

続いては、同作で“西條クロディーヌ”を演じる相羽あいなさんが登壇。舞台を経験しての感想を聞かれると、「舞台からスタートし、声だけではなく先にキャラクターを演じたうえでアニメ、ゲームと展開していったのが新鮮だった」と語った。木谷氏はアニメと舞台がうまくマッチングし、女性だけではなく比較的舞台観覧には疎遠な男性ファンもしっかりと取り入れられたので、今回の業務提携でさらに強化したいと語った。

さらに、ブシロードと提携する“劇団飛行船”の大場隆志氏が登壇し、同社の歴史や事業を紹介。昨年は史上最高の営業利益率を達成し、「さらなる進化をするためにどうするかを模索する中で、ブシロードとの業務提携に至った」と説明。ブシロードが持つIPと“劇団飛行船”が持つ技術的ノウハウを掛け合わせて新しい舞台の価値を創造し、「アニメやゲームの世界に入り込んだような新しい舞台やミュージカルを追求していくので、今まで興味が持てなかった人にもぜひ見た頂きたい」と語った。

最後は、登壇した3名が提携にあたっての感想や期待のコメントを述べ、会見は終了した。

相羽あいなさん:私は保育園での勤務経験もあるんですが、マスクプレイミュージカルって子どもたちにもすごい人気で、ちょっと憧れてたんです。皆さんに夢を与えるエンターテイメントとして、着ぐるみを使った新しい表現の仕方があると思うし、私も入ってみたいなっていう気持ちもあります。これからどういった化学反応が起きるのかすごく楽しみだし、私もぜひ携わらせていただきたいと思っています。

大場隆志氏:今回は夢のような業務提携をさせていただく事になり、私たちも幸せを感じております。いつか、この会見が歴史が動いた瞬間だったんだと言ってもらえるような、新しい舞台の在り方を確立していきたいと思います。よろしくお願い致します。

木谷高明氏:皆様のおかげでブシロードは12年目を迎えました。ただ、まだ12年しか経っておりません。長く続いているIPもまだ10年。今回の提携での一番の魅力は、“劇団飛行船”さんの長い歴史とその中で培われたノウハウ、マスクプレイミュージカルの先駆者であるというところです。スタッフの皆さんも舞台が大好きで、そのために日々仕事をされています。そういった方々とまた新しいエンターテイメント、新しいIPを作り出せたら幸せじゃないかと思っています。個人的には新日本プロレスの取締役会長に就任した会見の時と同じような興奮を覚えています。引き続き、ご支援ご指導宜しくお願い致します。

 8

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧