1. サイトTOP>
  2. 9/30配信開始の『リーグ・オブ・ワンダーランド』でファミ通とゲームの電撃が対決!SEKAI NO OWARIとのコラボ情報も発表【TGS2019 】

9/30配信開始の『リーグ・オブ・ワンダーランド』でファミ通とゲームの電撃が対決!SEKAI NO OWARIとのコラボ情報も発表【TGS2019 】

2019-09-18 19:15 投稿

100ヵ国以上での配信が決定!

2019年9月15日、幕張メッセにて開催された“東京ゲームショウ2019”にて、ファミ通チームと電撃チームによる『リーグ・オブ・ワンダーランド』(以下、『リグワン』)特別対抗戦が開催。

ゲーム内容の紹介に加え、事前登録についての詳細やSEKAI NO OWARIとのコラボ情報が告知された。

本稿ではタイガー桜井、ターザン馬場園、ハチ、栗田親方らによる特別対抗戦の模様と発表された情報をまとめてお届けする。

maxresdefault

2分間の超短時間で戦略バトル!

『リグワン』はセガ・インタラクティブから配信予定のスマホアプリ。プレイヤーどうしが1対1で対戦する戦略バトルゲームとなっている。

範囲攻撃、妨害、味方の強化などの能力を持つユニットを使い、相手タワーの2塔を先に破壊することで勝利となる。

タワーを破壊するためには、自陣から出現するユニット(ミニオン)を相手の陣地に送り込むことが重要。味方のミニオンが撃破されないように相手のミニオンを撃破していく。

TGSスライド02
TGSスライド03

また、特有の“大型ユニット”や“遠距離攻撃ユニット”などを任意の場所に出現させられるため、チャンスを逃さないように状況を見極めたい。

2019-09-15_12h11_29

“ドローキャスト”という特定のユニットが使える能力“ドローキャスト”も重要。攻撃範囲を自由に指定、敵の動きを一定時間止めるといった機能などもあり、勝敗に大きな影響を与える。

TGSスライド05
TGSスライド07

“ドローキャスト”や特有の能力を持つユニットは対戦を始める前にデッキに編成することができ、対戦時間が進むごとに増加するMPを消費することでフィールドに出現させることができる。

2019-09-15_12h46_19

また、本作には対戦機能のほかにリアルタイムで行われている試合を観戦できる機能があり、対戦中のプレイヤーを応援することが可能。応援したプレイヤーが勝利した場合は報酬をもらうことができるため、積極的に応援しよう。

TGSスライド04

▲過去に行われた試合を見ることも可能だ。

ファミ通チームと電撃チームがガチ対戦!

ゲームの紹介が行われた後にはファミ通チームのタイガー桜井、ターザン馬場園、電撃チームのハチ、栗田親方による特別対抗戦が行われた。

2019-09-15_12h44_45

初戦はタイガー桜井対ハチ。お互いにフィールドの特定の場所にとどまるユニットを出現させ、戦況を整えるところからスタート。

ハチは生存中に自身のMPが増加するユニット、タイガー桜井は特定の場所から遠距離攻撃を続けるユニットを選択。

2019-09-15_12h55_55

1本目のタワーが破壊されるまでは互角の勝負となっていたが、ハチがタイガー桜井の2本目のタワーにユニットと“ドローキャスト”を集中させることで一気に決着。

2019-09-15_12h57_27

2戦目はターザン馬場園と栗田親方の対戦。序盤はターザン馬場園が一度に複数出現するユニットを選択し優勢に。

さらに、ターザン馬場園は左側のタワーにのみ攻撃を仕掛け、タワーの耐久力が減少したところで選択方向に突進する“ドローショット”を撃ち込み優勢のまま決着をつけた。

2019-09-15_13h03_00

負けたプレイヤーには『リグワン』のキャッチコピーである“ケリつけようぜ。2分で。”を大声で叫ぶという罰ゲームが課せられ、タイガー桜井と栗田親方が叫ぶこととなった。

2019-09-15_12h29_06
2019-09-15_13h07_00

SEKAI NO OWARIがゲーム内に登場!?

番組の最後には数多くの新情報が発表。『リグワン』の配信が2019年9月30日から開始することが改めて告知され、海外同時配信も決定。100ヵ国以上での配信が予定されているとのことだ。

TGSスライド01
TGSスライド15

また、全国のゲームセンターで稼働中のセガ・インタラクティブによるアーケードゲーム『ワンダーランドウォーズ』のキャラクターであるシレネッタの登場が予告。

『リグワン』内では味方を回復する特徴を持つユニットとして実装されるようだ。

TGSスライド14

現在、実施中の事前登録キャンペーンが25万人を突破しており、各種アイテムのプレゼントやプレイの進行度に応じた“ドローキャスト”のプレゼントが決定している。

TGSスライド16
TGSスライド17

タイアップソング『Monsoon Night』でゲーム外から『リグワン』を盛り上げるSEKAI NO OWARIがゲーム内に登場することも発表。

ゲーム内に登場するSEKAI NO OWARIのメンバーは、数々のSEKAI NO OWARI公式デザインを手掛けた“SONIC”が描く。

TGSスライド18re

事前登録情報やSEKAI NO OWARIとのゲーム内コラボの続報は『リグワン』公式サイトで順次発表されるとのこと。気になった方はぜひ、公式サイトをチェックしよう。

『リーグ・オブ・ワンダーランド』公式サイトはこちら

なお当日の模様は以下の番組で確認できるので、動画で内容をチェックしたい人は、こちらを見てみよう!(『リーグ・オブ・ワンダーランド』ステージは2:03:58あたりからスタート)

今回の番組出演を終えて、実際に本作を触ってみたタイガー桜井とターザン馬場園にそれぞれ本作の感想を聞いてみたところ、以下のようなコメントが寄せられたので、これも紹介しておこう。

タイガー桜井コメント
とにかくテンポよく遊べるので、ちょっとした空き時間にサクッとプレイできるのがうれしいです! 手軽に遊べるのに、演出面にも妥協がなく、ドローショットでのブレイクが上手くいったときの爽快感もあるのが良いですね。

戦略も多様で人それぞれの戦い方ができ、自分だけのデッキを作りたくなりました。イラストも可愛らしいので、誰でもお気に入りのキャラが見つけられると思います!

ターザン馬場園コメント
2分で決着が着くので、とにかくテンポがいいです! 負けてもまたつぎ、つぎと、対戦しやすい時間設定だと思います。

さきに相手にスキルを当てることで、相手が一定時間スキルが使えなくなる”ブレイク”というシステムが入っているので、お互いが待ちの姿勢になりにくく、静かになる時間が少ないのも魅力ですね。また、リプレイ機能や観戦機能も充実していて、対戦していない時間も考察しながらみんなで盛り上がれるのもありがたいです。

リーグ・オブ・ワンダーランド

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルリアルタイムストラテジー
メーカーセガ・インタラクティブ
公式サイトhttps://leagueofwonderland.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧