1. サイトTOP>
  2. 最大10人での協力プレイも!ローグライクとシューティングの融合『サイバースカッド』【TGS2019】

最大10人での協力プレイも!ローグライクとシューティングの融合『サイバースカッド』【TGS2019】

2019-09-14 00:07 投稿

2019年10月1日より正式サービス開始!

クアッドアローより2019年10月1日より配信予定の新作スマホアプリ『CYBERSQUAD(サイバースカッド)』。

本作は、プレイごとにマップや取得するアイテムが変化するローグライク要素とザクザクと敵を薙ぎ払っていく爽快シューティング要素が融合したゲーム。

そんな本作が東京ゲームショウ2019のインディーズゲームコーナーでプレイアブル出展。本記事では、現地で体験できる先行プレイの様子を紹介していく。

CQ_1

【『サイバースカッド』の事前登録はこちら】

 

『サイバースカッド』は、仮想空間内のタワーをジャックし占拠している謎の敵からタワー奪還を目指すゲーム。

プレイヤーは仮想空間奪還チームのパイロットとなり、操作権限が残された4機の機体のうち1機を選び、タワー最上階に潜むボスの発見と討伐を目指す。タンク型やホバー型などの機体があるが今回は“人型”機体を使用してプレイ!

CQ_2

基本的には360度、自由に敵を撃つシューターアクションのようにプレイしてダンジョンを奥へ奥へと進めていくのだが『サイバースカッド』の特徴は、“タイムオース”という時間静止機能。

画面から手を離すと時間を止めることができ、射撃方向の調整や敵を倒す順番などじっくり選択することができる。

要は自分が機体を操作すると相手も動くということ、この点がローグライクたる所以となっている。

CQ_3

▲操作方法はシンプルで、画面右下の2つある射撃ボタンをタップすることで敵を攻撃、画面全体をスライド操作しながら機体を動かしていく。

機体にはデフォルト武器のほかに敵を倒して取得するドロップ武器も。

物理弾、ビーム弾、ミサイル弾、火炎弾の4つに分類され、出現する敵によって弱点が異なるため、状況に応じた武器の使い分けが攻略する上で重要になりそうだ。

CQ_7
CQ_4

▲ローグライフでお馴染みのモンスターハウスもあり、ハウス内の敵を見事倒しきると大量のアイテムが手に入る。

CQ_5

▲タワー内には機体の速度低下や特定の機体、アイテムを使わないと進めない場所など…。だんだんローグライク感を感じるようになってきた…!

タワー内の5の倍数には中ボス、10階から11階の間などには強力なボスと戦闘するフロアが出現。

ボスはHPも攻撃のダメージも大きいので時間を止めながら慎重にプレイするのが大切。ここまでで獲得した武器とアイテムをフル活用して試行錯誤するのがこのゲームの醍醐味!

CQ_11
CQ_9

▲ボス戦開始前にボスのステータスや注意する攻撃を確認可能。しっかり確認してボス戦に役立てよう。

なお、タワー内のボスは10種類おり、最後の場所以外のボスは無視して次の階層に進めるとのこと。手持ちのアイテムや武器と相談して決めることができるはありがたい。

CQ_10

今回はソロプレイだったが、正式版ではソーシャル連携で最大10人で協力プレイも可能とのこと。仲間たちといっしょに仮想世界の平和を取り戻す激アツ体験が味わえること間違いなし!

iOS/Androidともに事前登録受付中なので、ローグライクやシューティングが好きな方はぜひ足を運んで遊んで見てほしい。

【『サイバースカッド』の事前登録はこちら】

サイバースカッド

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルシューティング
メーカークアッドアロー
公式サイトhttp://quad-arrow.jp/cybersquad
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧