1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2メガテン』デビルバスター極 バロン戦攻略・前編/ギミック解説

『D×2メガテン』デビルバスター極 バロン戦攻略・前編/ギミック解説

2019-08-06 15:54 投稿

ついにアリラトが封じられる!?

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。この記事では、デビルバスター極 バロン戦を攻略していく。今回の記事はギミック解説編と実戦編にわけており、こちらは前編のギミック解説編となっている。

▼適性悪魔解説と実戦編はこちら

IMG_3743_result

バロン攻略前編のポイント
・クエスト概要
・敵の構成
・ボスのギミック解説

クエスト概要

今回のボスは神獣バロンだ。2種類の回数無制限バロンダンスを駆使し、全体攻撃がパッシブ扱いとなることでアリラトで対策することができないという難敵になっている。即死級の攻撃が飛んでくることはないが、対策も難しく厄介な相手だ。まずはボスのスキルとギミックについて解説していこう。

敵の構成

●1WAVE目

IMG_3658_resultIMG_3659_result

●2WAVE目(危険スキル:バロンダンス、マハシバブオン)

IMG_3660_resultIMG_3661_resultIMG_3662_result

ボスのギミック解説

バロンのメイン攻撃は全体を回復しつつ威力120の魔法攻撃をする”バロンダンス・撃”全体回復しつつ状態異常を回復、さらにラスタキャンディをする”バロンダンス・護”だ。どちらも回数は無制限となっており、このどちらかの行動を取ることになる。また、準電撃貫通ではなく電撃貫通持ちであるという部分が脅威となっている。

唯一の攻撃スキルとなるバロンダンス・撃であるが、これは回復に追加効果として攻撃が付いているという扱いなので、たとえばアリラト+電撃反射でダメージを受けることがなくてもプレスターンを潰すことはできない点に注意。

IMG_3738_result

▲このように回復した時点でプレスターンの処理は終わっているので、このあとの電撃魔法を反射してもプレスターンを割ることができない。

ではスフィンクスのマハジオダインでプレスターンを削れるかと思いきや、こちらも単体攻撃の真理の雷を使ってくるようになるので無効を取れず、つまりはこのバロン戦でプレスターンを削るということができないということになる。この場合、アリラトで反射する意味は”ダメージを受けない”という1点のみになるので、反射悪魔が1体では意味が薄く(2体以上がダメージ受ければ全体回復をすることになるので)、アリラト以外がすべて電撃反射であることが必要になる。しかし電撃反射は非常にレアな存在で、編成自体の実現が難しい。

この点でいうと、ラーマを軸にした貫吸の気魄編成の場合、電撃吸収持ちはアタッカーのなかでも豊富に数が用意されており、比較的楽に編成できるはずだ。ということでこのバロン戦はラーマを編成できるプレイヤーにはとっては楽な戦いとなり、そうでないプレイヤーにとっては厳しいという環境によって大きく難度の印象が変わるクエストであるといえる。

●対策の必要なスキルをまとめる
ボス戦において対策の必要なスキルはスフィンクスの電撃魔法、シーサーのマハシバブオン、バロンのバロンダンスだ。スフィンクスは貫通持ちであるが、こちらは準貫通となっているので対策法は編成を電撃無効以上で固めること。これで大幅にダメージをカットできる。シーサーのマハシバブオンは電撃吸収で緊縛無効持ちのマーラに回復を担当させるか、決意の烙印を装着し3ターン以内に倒すようにする。

バロンダンスの回復は非常に厄介であるが、回復量を抑えるために呪いを使用するのはおすすめしない。バロンの異常耐性がそれなりに高く、せっかく呪いが成功したところでバロンダンス・護で異常回復されて、つぎのバロンダンスでは普通に回復されてしまう。2回の回復のうち1回分の回復量が若干減るというだけで非常に効率がわるいので、これを戦略には組み込まないほうがいいだろう。まとめると以下の状況になる。

・スフィンクスの電撃魔法→対策できる
・シーサーのマハシバブオン→対策できる
・バロンダンス→対策できない(※合体産悪魔編成の場合)

●バロンダンスの特性を知る
バロンダンスは対策できないといったが、直接的にダメージをカットしたり回避することができないというだけで”撃たせない”という方法は残されている。

バロンダンスはあくまでも回復スキルであるため、相手のパーティーにダメージを受けた悪魔がいなければ発動しない。”ダメージを受けた悪魔がいない”という点がポイントで、攻撃を仕掛ける悪魔を1ターンでHPを削り切って倒してしまうことで”ダメージを受けた悪魔がいない”という状態を維持することができ、バロンダンスが発動しないというわけだ。

つまり、電撃無効以上で染める、シーサーをバリアオートの切れる3ターン以内に1ターンで倒す。これがバロン戦のおもな立ち回りということになる。

IMG_3740_result

▲とにかくこのバロンダンス・撃を極力撃たせないのが最大のポイントだ。

実際に使用した悪魔と実戦の模様は後編の実戦編で。
▼適性悪魔解説と実戦編はこちら

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧