1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】Steam初心者にオススメ!サマーセールで買っておきたいタイトル10選

【今日の編集部】Steam初心者にオススメ!サマーセールで買っておきたいタイトル10選

2019-06-27 23:49 投稿

Steamサマーセール開催中

【本日の担当:ヒゲメガネ長谷部】
hasebe

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、世界最大級のPCゲームプラットフォームであるSteamが、現在サマーセールと呼ばれる超大型セールを実施しています。期間は7月9日まで。

名称未設定-1

Steam内で1000本以上のゲームを保有し「いまさら買うものもないわな」と思っているベテランSteamerはさておき、これが初めてのサマーセールという人にとっては、何を買えばいいのか目移りしてしまっていることでしょう。それもそのはず、この期間限定で90%オフになるようなゲームもありますからね。

限られた予算で何を買えばいいのか、何がおもしろいのか悩む人は多いことでしょう。てなわけで、今回ここでは個人的オススメタイトル(可能な限りPCゲーっぽいもの)を10本ほどパパッと紹介していきますので、ひとつの参考にしてもらえればと。

ちなみに紹介順はアルファベット順。

1.『100% Orange Juice』(-75% 174円)

コインを集めたり、相手を倒したりしながら、誰よりも早く目標達成を目指すスゴロクゲーム。参加者たちでゲーム中に出現するカードを選択したり、必殺技のシステムがあったりと対戦色は濃いめ。

 

しかし基本がスゴロクなだけに「運ゲー」と呼ばれることもあり、それを否定することも出来ないが、1000時間以上プレイしている人の中にはめちゃくちゃ強い人がいるのも事実。「ホント運要素どこいった」ってくらい強い。定期的に遊びたくなる一作。

ストアページはコチラ(Steam)

2.『Depth』(-75% 495円)

通称サメ。サメ2匹vs人間4人の非対称型対戦ゲームで、人間側は残機を失わずにゴールに到達できれば勝ち、サメは残機を失わずに人間側の残機分だけ人間を食えば勝ち。人間は海中で集めたお宝を売って装備を調えられ、サメ側は食べた人間の数だけスキルで自身を強化できる。

舞台が海中なので、上下左右360度のどこからサメが突っ込んでくるかわからない恐怖が味わえ、またサメはサメで「どうやって食おうか」と立体的な戦略を立てなければならないので、バトルはかなり熱い。あと、サメ側は人間を噛んだら必死にマウスを振って、人を食いちぎろうとしないとダメージが効率よく与えられないので、それも熱い(物理)。

ストアページはコチラ(Steam)

3.『Dungeon of the Endless』(-75% 295円)

限られた資源で宇宙船からの脱出を試みるターンベースのストラテジーゲーム。難易度がめちゃくちゃ高く、Easy難易度でもクリアー出来ない人は多い。宇宙船の内部(ダンジョン)はランダム生成となっており、何回遊んでも白熱できるのもポイント。

どのようなパーティー編成をし、各資源をどのように管理し、いかにしてキャラクターを強化していくのか。これら戦略は序盤からある程度考えておかないと終盤でかなりキツイ目に遭うくらい難しいゲームなのだが、友だちと侃々諤々しながらプレイするのがまたおもしろいんだ。

ストアページはコチラ(Steam)

4.『Euro Truck Simulator 2』(-75% 570円)

トラック運転シミュレーター。正確には配送シミュレーターか。牽引トラックを運転し、さまざまな荷物を詰んでヨーロッパ中を走るだけのゲームだが、無限に遊んでいられる。

好きなラジオを流しながら、鼻歌交じりでヨーロッパドライブを楽しむもよし、金稼ぎに没頭して欲しいトラックを買うもよし。個人個人のプレイスタイルで好きなように遊べるのもまたいいところ。

ストアページはコチラ(Steam)

5.『Hotline Miami』(-75% 245円)

ロシアンマフィアを殲滅するために、凄絶な暴力で各所を潰し回る見下ろし型シューター。

このタイトルの魅力を伝えるのはすごく難しい。まずゲーム内容はというと、ステルス要素がちょっと濃いシューティングゲームなのだが、まずめっちゃ残虐。まぁグラフィックがグラフィックなので、言うほどグロテスクなものはないのだが……。

サイケデリックなデザイン(配色)とBGMで脳が気持ちよくなっているところに、過激なシューティングが混ざってくるからもう。なんかもうなんかもうって感じになれる。

ストアページはコチラ(Steam)

6.『Kerbal Space Program』(-75% 995円)

ニコニコ動画やYouTubeでの実況も人気なので、知っている人は知っている、ロケット作成シミュレーション。

たぶん、初めて1時間は延々ケタケタ笑いながら遊べる。“ぼくがかんがえたさいきょーのろけっと!”を組み上げながら、アホっぽいチャレンジをしてみたり、とにかく気軽に遊べて笑える内容なのだが、そうして遊んでいるうちについ夢中になってしまい、気付けば「ここはこうしたほうがいいよな……」とマジメにロケットを組み上げ始めてしまう。

そんな不思議な魅力を持ったゲーム。

ストアページはコチラ(Steam)

7.『Orcs Must Die!』(-75% 245円)

タワーディフェンスとアクションシューティングのハイブリッドタイトル(タワーディフェンス濃いめ)。迫り来るオークたちからポータルを守るというシンプルなタワーディフェンスなのだが、使えるタワーは基本トラップであり、トラップを壁や天井、床に設置してオークを殲滅するというデザインが斬新。

そのため、通常のタワーディフェンスよりも効率を求めた思考が必要になってくる。しかしプレイヤーキャラクターも戦えるため、タワーと連携してひたすら敵と戦い続ければだいたいなんとかなる。このあたりの絶妙なバランス、難易度設定の妙を感じさせてくれるゲーム。

ストアページはコチラ(Steam)

8.『Portal』(-90% 60円)

言わずもがな、Valve社製レジェンドタイトル。一人称視点で進むパズルアクションであり、パズルの設計や難易度はもちろんだが、なにより世界観がおもしろい。

2もオススメ。

ストアページはコチラ(Steam)

9.『Tabletop Simulator』(-50% 990円)

こちらも名作。みんなでテーブルゲームを遊ぶシミュレーター。ワークショップにユーザーメイドのゲームがたくさん投稿されているため、何千種類ものテーブルゲーム、カードゲームが遊べる環境が作られている。

こちらのタイトルもまた、定期的に遊びたくなるゲームのひとつ。

ストアページはコチラ(Steam)

10.『The Binding of Isaac: Rebirth』(-33% 991円)

エログロ要素満載のダンジョンクロウラーRPG。難易度はちょっと高めだが、もうホントにおもしろいし中毒性が高い。ダンジョンは自動生成されるほか、キャラクターを強化するアイテムの種類が膨大であるため、どのようなビルドを作り、どのようにダンジョンを攻略していくかとプランニングする楽しさも味わえる。

本作トレイラーはこちら(閲覧注意)

またDLCを導入するとさらにアイテム数やボスキャラクターが増えるため、本当に飽きずに延々プレイし続けられる。時間泥棒ゲームのひとつ。

ストアページはコチラ(Steam)

番外編:『BORDERLANDS: THE HANDSOME COLLECTION』(-97% 595円)

今秋にナンバリングタイトル3作目がリリースされる『ボーダーランズ』。その2作目である『ボーダーランズ2』と、そのスピンオフタイトル『ボーダーランズ プリシークエル』、および関連DLCのすべてが詰め込まれたパッケージ。サマーセール品とは別キャンペーンで動いているものなのだが……。

なんとこのパック、通常すべてを揃えるのに2万3700円かかるものが595円で買えてしまうという、超お得なパッケージなのだ。お得さもさることながら、ゲーム自体もめちゃくちゃおもしろいので、買っておいて損はないです。

「『ボーダーランズ3』に興味はあるけれど、シリーズを知らないからなぁ」と悩んでいる人は、迷わず買っておこう!

ストアページはコチラ(Steam)

(編集部:ヒゲメガネ長谷部)

編集部の今日の1枚

セールページで見つけたのだが……シューターなの……? 『VRカノジョ』ってシューター、なの?? 撃つの???

shoot

6月28日の注目記事ダイジェスト

TGS2019の魅力を幅広いユーザー層へ届ける役割を担うオフィシャルサポーターに、モデル・女優として活躍する本田翼さんが就任したことが伝えられた。

kiji_04

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ次へ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧