1. サイトTOP>
  2. 【グラクロ】手の読み合いが熱い!ファミ通Appスターズと『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』の遊びかたを学ぼう!【PvP編】

【グラクロ】手の読み合いが熱い!ファミ通Appスターズと『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』の遊びかたを学ぼう!【PvP編】

2019-06-04 15:00 投稿

『グラクロ』の魅力にクローズアップ!

ファミ通Appスターズとともに『七つの大罪 ~光と闇の交戦(ひかりとやみのグランドクロス)~』の遊びかたや魅力を学んでいく動画連載も、今回で最終回! いよいよ始まるPvPで、脱・ぼっち騎士団団長であるターザン馬場園の隠された実力が明かされる!?

4th_0137_レイヤー 3

3人が夢中になってPvPに挑む姿は必見! 果たして気になる勝敗の結果は……。

PvPはお得もいっぱい!

なにはともあれ、まずはPvPの説明からスタート。本作では“バイゼル喧嘩祭り”がPvPの会場となり、そこで勝ちを重ねランクを上げていけば、得られる報酬が豪華になっていくという仕様になっている。

4th_0135_レイヤー 5
4th_0133_レイヤー 7

またこのほかにも腕試しとしても使える、任意の相手と対戦が出来るモード“親善試合”も用意されているぞ! 今回、ファミ通Appスターズの3人はこの“親善試合”を使って対戦することに。対戦はまず、タイガー桜井と宮坊が戦い、その勝者が団長であるターザン馬場園に挑む形。

4th_0129_レイヤー 11

第1戦タイガー桜井と宮坊は、お互いにゲームに対する知識はあまりない状態。しかし本作ではバトル中にもスキルの効果が確認できる親切設計となっているので、ふたりはスキル解説を確認しながらの戦いとなった。

4th_0127_レイヤー 14
4th_0124_レイヤー 17
4th_0123_レイヤー 18

冒頭、タイガー桜井が時間制限の存在に気付かず、あわや手番スキップとなりそうになる場面もあったが、その後プレイセンスを発揮して勢いに乗ることに成功! 一方の宮坊は、タイガー桜井のキングが取る反撃の構えを崩せず苦戦を強いられ、そのまま試合は終盤へともつれ込んだ。

4th_0118_レイヤー 23
4th_0117_レイヤー 24

そうして迎えた決着は、最後まで反撃や状態異常に苦しめられた宮坊の惜敗に終わった。そして、ターザン馬場園への挑戦権を獲得したのは、タイガー桜井!

4th_0082_レイヤー 59

ターザン馬場園は、この動画収録までに相当やり込んだらしく「ふだん遣いのパーティーを使ってしまうと、圧勝してしまう」と自身満々。そういった背景もあり、試合はターザン馬場園がタイガー桜井のパーティーレベルに合わせたパーティーを組むハンデマッチに。

4th_0079_レイヤー 62
4th_0073_レイヤー 68

一見すると、キング、バン、ゴウセルと主役級キャラが揃っているタイガー桜井のデッキのほうが強そうに見えるが、試合はターザン馬場園が始終落ち着き払ったスキル使用と圧倒的な力を見せつけて勝利。これは、本作のバランス調整が巧妙で、キャラクター性能よりも戦略と知識量が勝敗を決する要因になるというひとつの証拠となるだろう!

4th_0049_レイヤー 92
4th_0033_レイヤー 108
4th_0029_レイヤー 112

PvPでひとしきり盛り上がりを見せた3人は、最後に本作への感想を述べて終幕。コメントからはそれぞれが本気で本作のプレイを楽しんだことが伺えた。

4th_0016_レイヤー 125
4th_0012_レイヤー 129
4th_0007_レイヤー 134

これでこの動画連載も終了となるが、この連載のあいだ3人を本気で楽しませてくれた『七つの大罪 ~光と闇の交戦~』は、本日より配信が開始されている。ちょっとでも気になった人、おもしろそうと思った人は、ぜひ本作をダウンロードして遊び倒してほしい!

4th_0001_レイヤー 140
4th_0002_レイヤー 139

七つの大罪 ~光と闇の交戦~

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーネットマーブル
公式サイトhttp://7taizai.netmarble.jp
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧