1. サイトTOP>
  2. 妖怪を入れ換えて戦う“チェンジ”を使いこなせ!PvPも激アツな新作RPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』先行プレイレビュー

妖怪を入れ換えて戦う“チェンジ”を使いこなせ!PvPも激アツな新作RPG『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』先行プレイレビュー

2019-03-28 12:00 投稿

かわいいだけじゃない!骨太バトルも楽しめる新作

ネットマーブル×レベルファイブのコラボが送り出す新作アプリ『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』。本作はその名の通り『妖怪ウォッチ』の新作に当たるタイトルとなっており、多くのユーザーから期待を集めている。

ここでは、そんな本作を一足早く遊ばせてもらえる機会をもらったので、しっかり遊んでレビューをしていく。

IMG_7184

本作の世界観から、バトル、PvPまでと、気になるゲームシステムもしっかりチェックしていくので、最後までお付き合い願いたい。

ゲームの見どころ
・舞台はさくらニュータウン!
・バトルで勝つにはチェンジが重要!
・PvPは戦略の幅がものを言う!?

舞台はさくらニュータウン!

本作で描かれる物語は、完全オリジナルストーリー! 欲深い妖怪たちの手によりバラバラにされ、人間界、妖魔界に散ってしまった最強のメダル“オージャメダル”を追い求め、各地を巡る冒険が綴られる。

ストーリーは、ただ紙芝居のようにテキストだけで綴られるのではなく、3DCGを用いたアニメーションをメインに進んでいく。そのため、アニメを見ているような感覚すら覚えるものに仕上がっている。

IMG_7096

ジバニャンやウィスパーなど、おなじみの妖怪たちとともにオージャメダルを巡るストーリーは、かなり壮大なストーリーとなっているようなので、スキップせずにしっかり楽しみたいところ!

また、物語の舞台となっているのも、ほかのシリーズ作品と同じく“さくらニュータウン”を中心とした地域一帯。そのため、おおもり山や団々坂、おつかい横丁など覚えのある場所がたくさん登場する。また、それらのエリアはただ地名として登場するのではなく、ちゃんとそれぞれが冒険、バトルの舞台としてしっかり作り込まれているのも注目のポイントだ!

IMG_7172

また、冒険のステージが昼と夜とで分けられているのもおもしろい。ちなみに、ある程度までストーリーを進めれば、自由に昼と夜の切り換えが行えるようになる。

昼の“さくらニュータウン”ではストーリー進行がメインになるため、各地域を巡ることになるのだが、夜の“さくらニュータウン”は、そことは一味違った世界となる。

IMG_7166

“さくらニュータウン”が忠実に再現され、描かれているということには変わりないのだが、夜の世界ではさまざまなアイテムや装備品が手に入るボス戦のようなコンテンツが展開される。ボスは、ステージ上にあるギミックを使ったアクションもしてくるので、こちらも必見だ!

IMG_7168

▲妖怪を呼び出し、ふてぶてしく銭湯で回復。

バトルで勝つにはチェンジが重要!

本作のバトルは、基本的にはオートで進行。手持ちの妖怪メダルから出撃させたいものを選択したら、あとは妖怪たちが自動で近くの敵に向かって攻撃をしかけてくれる。

battle1battle2

そんなバトルの中でプレイヤーが操作する部分は、場に出ているメインの妖怪と、サブの妖怪をチェンジさせることと、妖怪たちのスキル発動指示。チェンジは、本作のバトルにおいてもっとも重要な要素となっており、これをいかに使うかが攻略のポイントとなってくる。

IMG_7181

チェンジの操作はシンプル! 場に出したいメダルを引っ張って、交換させたい妖怪のところに持っていくだけだ。

妖怪たちをチェンジさせるには、サブ妖怪たちのメダルスロットの上部に描かれた、チェンジゲージを消費する。チェンジゲージは時間経過とともに溜まっていくものなので、状況に合わせて使っていこう! また、チェンジで表に出た妖怪は、その際にチェンジスキルと呼ばれるスキル効果を発動する。

IMG_7183

チェンジスキルの効果範囲はそのスキルによって異なり、敵に効果を発揮するものがあれば、味方に対して効果を発揮するものまでと、その効果内容は多岐に渡る。強敵との戦いでは、このチェンジスキルをいかに使いこなすかが、重要なポイントになってくるぞ!

チェンジについて気をつけなければならない点がもうひとつ! それは、チェンジ対象が倒されてしまうと、もうその妖怪とはチェンジできないということ。つまり、場に出ている妖怪が倒されてしまったら、それ以降は妖怪が1体欠けた編成で戦い抜かなければならなくなってしまうのだ。「チェンジゲージを大事に残しておいたら、いつの間にかピンチに!」なんてことが起きないように注意しよう!

このように、チェンジは本作のバトルの中核を担うシステムと言える。このほかにも、妖怪をタップすると発動する“ひっさつわざ”も存在するが、こちらはゲーム慣れしている人ならば悩むことなく使うタイミングを見極められることだろう。重要なのは、何よりもチェンジ!

IMG_7180

見た目は愛らしく、そしてシンプルなゲームシステムとなっているが、チェンジの存在によってはバトルの戦略性はかなり深くなっているように感じた。

PvPは戦略の幅がものを言う!?

対人戦要素も本作のひとつの魅力。本作には、“ランキングバトル”と“リアルタイムバトル”という2種類のPvPコンテンツが用意されている。今後のアップデートでもう1種類が追加されるようだが、こちらに関しては情報がないため、ここではスルーしておこう。

差し替え

ランキングバトルは、ほかのプレイヤーが設定した防衛チーム、またはCPUチームと戦うモード。チームこそプレイヤーが設定できるが、それを操作するのはAIとなる。冒険で戦う妖怪たちとは異なり、ここで遭遇する対戦相手は、どれもコンセプトやバランスを考えて作られた防衛チームとなるため、いくら相手がAIとは言え、バトルは冒険とは比べ物にならないほど熱い!

 IMG_7138

個人的にこのランキングバトルにハマったためガッツリプレイしてみたのだが……。『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』のPvPはかなり奥が深そうだ! まず、自分のチームの妖怪ランクやレベルで相手に勝っていようとも、編成次第では軽く負けることがある。

たとえば、筆者は“まず相手を転ばせて、その隙に一気に畳み掛ける”という戦略を取っていたのだが、こうした行動阻害に抵抗できるスキル“スーパーアーマー”を発動された際には、本当に何も出来なくなってしまった。これは相手の編成を見てから戦略をフレキシブルに動かしていくのも重要になってきそうだ。

IMG_7141

対戦履歴はすべて動画としても記録されており、防衛時、どのようにして負けたのかも映像として残っているので、防衛チームの編成見直しに役立つぞ!

IMG_7188

記録されている映像はARでも確認出来る。ふだんのバトルでは見られない角度、距離でバトル観戦は迫力満点!

もうひとつのPvP要素“リアルタイムバトル”は、文字通りほかのプレイヤーとのリアルタイムバトルを通じて、これまで育て上げた妖怪の強さ、そしてプレイヤーの腕前を競うもののようだが……。残念ながら今回は先行プレイということもあり、ほかのプレイヤーとマッチングすることがなかったため、ここで具体的にどのようなゲーム体験を味わえるのかは不明。

しかし、こちらでは“ランキング戦”よりも白熱したバトルが味わえることだろう。いまから期待しておきたい!

このほかにも、妖怪同士を組み合わせて新たな妖怪を生み出したり、レベルだけでなくランクやスキルの強化も行えたり、プレイヤーの服装や部屋をカスタマイズしたりと、遊べる要素がたんまり入った『妖怪ウォッチ メダルウォーズ』。

IMG_7099IMG_7190

そんな本作は、本日3月28日より先行体験テストプレイがスタートした。正式版はテストを経てブラッシュアップされた状態でリリースされることになるが、それがどれほどの盛り上がりを見せるのか、いまから楽しみだ!

※こちらに掲載されているゲーム画面はすべて開発中のものです。

妖怪ウォッチ メダルウォーズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーレベルファイブ/ネットマーブル
公式サイトhttp://medalwars.netmarble.jp/
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧