1. サイトTOP>
  2. 『メギド72』日替わりでリジェネレイト体メギドがピックアップ!誰のピックアップ日に引くべきか?

『メギド72』日替わりでリジェネレイト体メギドがピックアップ!誰のピックアップ日に引くべきか?

2019-01-31 15:00 投稿

誰の日に召喚する?

『メギド72』にて、2019年1月31日から2月5日までのあいだ、毎日ピックアップ対象が切り替わる期間限定の“響★魔吊(きょうまつり)召喚”が開催される。

本召喚でピックアップされたメギドは、通常のピックアップよりも召喚確率がアップしているため、特定のメギドを狙って召喚するにはうってつけだ。

本記事では、今回ピックアップされたリジェネレイト体メギドの性能や、各メギドと相性のよいメギドやオーブなどを紹介していく。

【ピックアップ対象メギド、ピックアップ期間】

・ゼパル(カウンター/ファイター)
1月31日15時~2月1日14時59分

・ヴィネ(ラッシュ/スナイパー)
2月1日15時~2月2日14時59分

・アスタロト(バースト/ファイター)
2月2日15時~2月3日14時59分

・マルコシアス(バースト/スナイパー)
2月3日15時~2月4日14時59分

・アモン(ラッシュ/ファイター)
2月4日15時~2月5日14時59分

バーサークのゼパル(カウンター)!

ゼパル(カウンター)は、高い攻撃力を持ち、バーサーク状態の付与やバーサーク状態の味方への支援を行えるのが特徴だ。

カウンタースタイルには防御力無視の特性を持つオーブが充実しているので、自分自身をバーサーク状態にし、スキルによる多段攻撃を多用していけば、安定したアタッカーとなる。

リーダーにした場合、マスエフェクトによってバーサーク状態の味方が多いほど攻撃力が上昇するので、ティアマトやベレト、ダゴンなどのバーサーク状態になる手段を持ったメギドと併用すれば相当な火力を発揮できる。

メギド_日替わり召喚 (1)

▲奥義は味方単体のHP回復だが、その真価はカウンターのメギドに対するバーサーク付与による攻撃力上昇だ。

メギド_日替わり召喚 (2)

▲覚醒スキルでバーサーク状態の味方全体にアタックフォトンを追加できるので、バーサーク状態の味方が多く、覚醒ゲージが貯まった状態で発動すれば一気に大ダメージを狙うことができる(そしてモーションもかわいい)。

▼相性のいいメギド

メギド_日替わり召喚 (17)r

ティアマト

メギド_日替わり召喚 (23)r

ベレト

(ストーリー加入)

メギド_日替わり召喚 (16)r

ダゴン

それぞれ自身をバーサーク状態にすることができ、ダゴンは奥義を2回使えば両隣りにいるカウンターのメギドもバーサーク状態にできるため、マスエフェクトによる攻撃力上昇をより早く発生させられる。

ティアマトはバーサーク状態になる前ならスキルで前列の覚醒ゲージを+1でき、ほかのバーサーク要員の奥義発動をサポートできる。フォトンを与えなければバーサーク状態になるという手軽さも魅力だ。

メギド_日替わり召喚 (20)r

ガミジン

メギド_日替わり召喚 (28)r

マルコシアス

メギド_日替わり召喚 (27)r

レラジェ

ガミジンをリーダーにすれば、マスエフェクトでゼパル(カウンター)に確率ダメージ無効と確率反撃の効果が発生し、耐久力アップにつながる。

また、ガミジンのマスエフェクトはカウンターのスナイパーに防御無視の効果を与えるため、マルコシアスやレラジェをバーサーク状態にすれば安定して大きなダメージを与えることが可能だ。

▼相性のいいオーブ

メギド_日替わり召喚 (42)r

ホーリーフェイク

メギド_日替わり召喚 (43)

ハニワキング

多段攻撃を使うメギドが苦手とする相手にも対応できるように、防御無視の効果を持ったオーブを装備させたい。

ホーリーフェイクであれば1回攻撃無効のバリアで耐久力アップを狙うこともできるぞ。

相手によっては、種族特効のオーブでダメージを押し上げるのも有効だ。

Hボム&防御支援のヴィネ(ラッシュ)!

ヴィネ(ラッシュ)の特徴は、爆発までのターン数が短いハイドロボム付与と、覚醒スキルによる味方全体への1回攻撃無効のバリア付与&防御力アップだ。

スキルで付与するハイドロボムは爆発まで2ターンと、2019年1月時点で存在するハイドロボムを付与するスキルの中では最速。高倍率のハイドロボムを誘爆させる戦法をよりスピーディーに進められる。

ブエルやクロケルといった覚醒ゲージを増加させられるメギドと組み合わせれば、覚醒スキルによるバリア付与を連続して行える。ハイドロボムを使うメギドと組み合わせなくとも防御要員として活躍できるぞ。

メギド_日替わり召喚 (3)

▲奥義では横一列へのハイドロボム付与と攻撃力低下を行う。防御に特化した覚醒スキルと併せて耐久戦に向いており、戦いが長引きがちなハイドロボム中心の戦法では重宝する。

メギド_日替わり召喚 (4)

▲マスエフェクトではラッシュのメギドに自動回復や防御力アップなどの効果が発生するので、ラッシュの火力で押し切るまでの時間に少し余裕が生まれるのも魅力。

▼相性のいいメギド

メギド_日替わり召喚 (13)

ウェパル(バースト)

(ストーリー加入)

メギド_日替わり召喚 (12)r

フラウロス(バースト)

(イベント報酬で加入)

メギド_日替わり召喚 (14)

シトリー(ラッシュ)

(イベント報酬で加入)

それぞれ奥義や覚醒スキルで高倍率のダメージを発生させるハイドロボム重を付与できる。それらをヴィネ(ラッシュ)のハイドロボム速で誘爆させれば、短いスパンで高いダメージを与えることができる。

フラウロスは覚醒ゲージが5とやや長いが、ウェパルは4、シトリー(ラッシュ)に至っては2と短いので、1ターン目からハイドロボム重と速を付与し、2ターン目の終了時には爆発させることも十分に可能だ。

メギド_日替わり召喚 (21)

クロケル

メギド_日替わり召喚 (25)

ブエル

ヴィネ(ラッシュ)が覚醒スキルでバリアを付与した後に、クロケルやブエルのスキルで覚醒ゲージを+1してやれば、連続してバリアを張り続けることができる。

特性によって通常のアタックが全体攻撃になる敵相手など、全体的にHPを削られがちな戦いで活躍するだろう。

▼相性のいいオーブ

メギド_日替わり召喚 (41)

マジックラット

メギド_日替わり召喚 (40)

エクスプローラー

メギド_日替わり召喚 (39)

リリィキャット

ヴィネ(ラッシュ)は素早さが高く、行動順が先になりやすいので、支援、回復系のオーブとはいずれも相性がよい。

ハイドロボムはアタック強化、スキル強化などの影響を受けない。ハイドロボムベースで戦う場合は回復系を装備するといい。

最大火力がロマンのアスタロト(バースト)!

アスタロト(バースト)は、スキルによる雷ダメージアップとアタック強化、そして覚醒スキルによる3連続雷ダメージ、奥義の全体雷攻撃と、雷ダメージに特化したアタッカーだ。

スキルは4回使うことで最大の威力を発揮し、手間がかかる分、4回目のスキルでは雷ダメージを80%(星4まで進化すれば100%)、スキル強化をした状態なら最大120%(星4まで進化すれば150%)と、大幅な強化が可能だ。

防御無視の効果を発生させるマスエフェクトを持ったメギドと組み合わせ、滞水や感電などの条件を揃えていけば、攻撃力の30倍、40倍といった超火力を発揮することもできるぞ。

メギド_日替わり召喚 (5)

▲全体攻撃ながらとんでもない火力が出る可能性を持った奥義は、絶妙にクセになるアスタロトのダンスにも注目だ。

メギド_日替わり召喚 (6)

▲アスタロト(バースト)をリーダーにした場合、自身に毎ターン覚醒ゲージ増加の効果が発生。覚醒スキルを連続して使いたい戦闘ではとくに役立つぞ。

▼相性のいいメギド

メギド_日替わり召喚 (26)

フルカス

メギド_日替わり召喚 (19)

モラクス

メギド_日替わり召喚 (18)

ハルファス

これらのメギドをリーダーにすれば、マスエフェクトによってアスタロト(バースト)に防御無視の効果を与えることができる。

防御力無視を使えば滞水や感電、スキルによる雷ダメージアップの効果を最大限に発揮できるため、アスタロト(バースト)との相性は非常にいいぞ。

メギド_日替わり召喚 (44)

サレオス

メギド_日替わり召喚 (15)

インプ

敵全体に滞水を付与できるサレオス、感電を付与できるインプがいればアスタロト(バースト)の奥義によるダメージを引き上げることができる。

滞水や感電の付与に関しては、対象が単体や列にはなるが、オーブで代用することも可能だ。

▼相性のいいオーブ

メギド_日替わり召喚 (38)

コープスリック

メギド_日替わり召喚 (37)

クロウロブスター

スキルによる雷ダメージアップはオーブの攻撃にも適用されるので、雷ダメージを与えつつチャージを追加できるコープスリックや、若干の防御無視効果を持つクロウロブスターなどと相性がいい。
メギド_日替わり召喚 (45)

水樹ガオケレナ

相手が一列に並んでいるステージであれば、ガオケレナの技で一列に滞水を付与してからアスタロト(バースト)の奥義を使うことで一気に大ダメージを与えることが可能だ。

相手が海洋生物系であれば特性によるダメージ上昇も発生するが、敵の種族が違う場合は別のメギドに使わせるのもアリ。

チェインで火力アップのマルコシアス(バースト)!

マルコシアス(バースト)は、チェインによる行動順の変化と、チェイン時に覚醒スキルや奥義による攻撃が強化されるのが特徴だ。

同じくチェインスキルを持つハーゲンティ(バースト)と組み合わせれば、特徴を上手く活かした戦いかたができるだろう。

メギド_日替わり召喚 (7)

▲マルコシアス(バースト)の覚醒ゲージが5であることを考えると、そのまま使用した奥義の倍率はそこまで高くはない。しかし、チェイン状態で発動することによって7倍、8倍を超える高倍率となる。

メギド_日替わり召喚 (8)

▲マルコシアス(バースト)をリーダーにすれば、バーストのトルーパーがアタックフォトンを使用した際にも50%の確率でチェインが発生する。

▼相性のいいメギド

メギド_日替わり召喚 (11)

ハーゲンティ(バースト)

(イベント報酬で加入)

やはりチェインを活かすという意味でセットにしたいのはハーゲンティ(バースト)だ。

チェインはターゲティングによって対象を選択できるので、マルコシアス(バースト)をターゲットにしておけば、ハーゲンティ(バースト)の奥義によるチェインで、確実にマルコシアス(バースト)の覚醒スキルや奥義を強化できる。

▼相性のいいオーブ

メギド_日替わり召喚 (36)

コロナフォース

ダメージを底上げするために、防御無視や種族特効の特性を持ったオーブを装備するといい。
メギド_日替わり召喚 (35)

いたちブラスター

メギド_日替わり召喚 (34)

アサルトボックス

マルコシアス(バースト)自身は装備できないが、ほかのメギドからアタックフォトンを供給することで攻撃のペースを安定させることができる。

手数で攻めるアモン(ラッシュ)!

アモン(ラッシュ)はアタックが3回攻撃となっているうえに、スキルによって自身にアタックフォトンを追加することができる、アタックに特化したメギドだ。

覚醒ゲージが2と短いので覚醒しやすく、4連続攻撃をしつつ一定確率で相手の覚醒ゲージを-2できる覚醒スキルを高い頻度で狙うこともできる。覚醒妨害要員として起用するのもアリだ。

メギド_日替わり召喚 (9)

▲スキルは2回以降、アタックフォトンの追加数がふたつに増加する。単純に行動回数が増えるので、シンプルにダメージを伸ばすことができるぞ。

メギド_日替わり召喚 (10)

▲リーダーにすればマスエフェクトで覚醒ゲージ減少の命中率が増加し、覚醒妨害要員として活躍しやすくなる。

▼相性のいいメギド

メギド_日替わり召喚 (22)

アスタロト

メギド_日替わり召喚 (24)

フォラス

アタックの攻撃回数が3回、覚醒スキルと奥義の攻撃回数が4回と手数が多いので、アスタロトなどで追加ダメージを付与することでダメージが伸び、防御力の高い相手にも対応できる。

また、フォラスのスキルなどでアタック強化を行えば、通常攻撃は2倍、奥義は1.5倍の威力となるため、防御力がそこまで高くない相手であればHPをかなりの勢いで削ることが可能だ。

メギド_日替わり召喚 (47)

パイモン

(ストーリー加入)

メギド_日替わり召喚 (46)

ウァサゴ

アモン(ラッシュ)の覚醒ゲージは2と短いので、パイモンのマスエフェクトで戦闘開始時の覚醒ゲージを+1し、ウァサゴの奥義を使ってさらに覚醒ゲージを+1すれば、すぐに奥義や覚醒スキルを使うことができる。

序盤から一気に攻めていきたい戦闘ではとくに有効な組み合わせだ。

▼相性のいいオーブ

メギド_日替わり召喚 (31)

ティターン

メギド_日替わり召喚 (33)

ソレント

メギド_日替わり召喚 (32)

轟迅狼ベヒモス

基本的にアタックフォトンを軸に攻撃するアモン(ラッシュ)は、めまいを受けると途端に動かしにくくなってしまうが、めまい耐性のあるオーブがあると安定する。

ソレントはアタックフォトンの追加と強化、轟迅狼ベヒモスは積んでいるフォトンをアタックフォトンに変化させつつアタックフォトンの追加を行えるため、技の面でも相性がいいぞ。

メギド_日替わり召喚 (29)

カラミティエッグ

メギド_日替わり召喚 (30)

インサニティ

アモン(ラッシュ)をリーダーにした際に発生する覚醒ゲージ減少の命中率アップは、オーブにも適用される。

覚醒スキルとオーブで敵の覚醒ゲージを0にしておくことができれば、アモン(ラッシュ)の特性によって与えるダメージが増加するため、妨害としても攻撃の補助としても役立つ。

連続ダメージ強化の特性と自身にスキルフォトンをふたつ追加できる技を持つインサニティも、アモン(ラッシュ)にぴったりなオーブだと言える。

手持ちのメギドによって狙いを変えよ!

今回の召喚でピックアップされるメギドは、いずれも個性の方向性が違っており、誰を狙うかは悩むところだろう。

単純に見た目の好みで突入するのも当然アリだが、戦力面を重視するのであれば、バーサークやハイドロボムなどの特殊状態を扱うメギドが揃っているか、滞水や感電付与の手段が充実しているか、など、各メギドを活かせる要素で考えるといい。

現時点で相性のよいメギドを持っていない場合でも、チェインをはじめ、今後同様のスキルを持ったメギドが登場すれば活躍の可能性は大きく広がる。この機会に特殊な効果を使うメギドを集めておくのも悪くはない。

また、ヴィネ(ラッシュ)以外は攻撃寄りのメギドなので、アタッカーが欲しいか、サポート役を補強したいか、という観点で考えてみるのもいいだろう。

それでも決めかねる場合、召喚チケットが溜まっているのであれば毎日数回召喚を試してみる、という手もあるぞ。

メギド72

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーDeNA
公式サイトhttps://megido72.com/
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧