1. サイトTOP>
  2. 【新作】家族はどこへ!?誰もいない我が家を調べ真実を知る1995年を舞台にしたアドベンチャー『Gone Home』

【新作】家族はどこへ!?誰もいない我が家を調べ真実を知る1995年を舞台にしたアドベンチャー『Gone Home』

2018-12-31 11:00 投稿

異色のアドベンチャーゲームついにスマホへ!!

1995年6月7日、海外生活を送っていたケイティは1年ぶりに我が家へ。家族が出迎えてくれると思っていた彼女だが、驚くことにそこはもぬけの殻になっていた。

明かりを灯し生活感を残した一軒家で何があったのか、自分の知らない家族の1面を感じながら真相に迫っていくのが、本記事で紹介する『Gone Home』だ。

本作は2013年8月にリリースされたPC版を皮切りに、2016年1月にはPlayStation4とXbox One、2018年の今年9月にNintendo Switchへと移植。満を持して12月にiOS版がリリースされた探索アドベンチャーゲームだ!!

gonehome01

ゲームの見どころ
●正統にして異色なティーンエージャーの物語
●1995年当時の小ネタが凝縮された大豪邸
●万人受けはしないがオススメしたい名作

正統にして異色なティーンエージャーの物語

誰もいなくなってしまった我が家に点在する遺留品から家族の知られざる想いに触れ、プレイヤー自身がプロファイリングしていく探索アドベンチャー。

いっけんするとホラーゲーム感が強いがまったくそういった要素はない

父親が関わっていた仕事や母親の苦悩、妹の葛藤など、さまざまな過去を通じて家族の在りかたと不在の理由に迫っていく。

gonehome02書き込み
gonehome03書き込み

屋敷の中には施錠されたロッカーや金庫のようなものがある。

その暗号を探して解錠する手順は謎解きゲーム的なアプローチではあるが、基本的には情報を集めて歩くだけの内容で際立ったゲーム性はない。

しかし、人間誰しも家族に言えない心に秘めた想いあるはずだ。

それを暴いていくプロセスは中途半端なホラーゲームよりも緊張感が高く、シンプルな操作性もあってどんどんこの世界に没入していくだろう。

gonehome04書き込み
gonehome05書き込み

本作はおもに妹サマンサが残した手記を中心に描かれている。

新しい高校に馴染めなかった彼女が、さまざまな苦難の中で出会ったかけがえのない同性の友だち。

次第に心を通わせ特別な感情を抱いていくのだが、とある出来ごとをきっかけに両親はふたりの仲を引き裂こうと動き出す。

gonehome06書き込み
gonehome07書き込み

なお、本作は全編日本語字幕付き、プレイヤーが操るケイティの回想やカセットテープに残されていた内容はフルボイスで語られていく

そうした点はさすが多くのプラットフォームに移植されてきた話題作。とくに思春期の妹が抱える心理的な描写はテキストとボイス、いずれも等身大のサマンサを感じされるみごとなローカライズだぞ。

gonehome08書き込み
gonehome09書き込み

1995年当時の小ネタが凝縮された大豪邸

本作の物語はフィクションだが1995年という年代をリアルに再現している。

ブラウン管テレビやオーディオコンポなどの家電はもちろん、1979年公開の『007 ムーンレイカー』や1991年公開の『JFK』と思われる手書きのラベル付きのビデオテープ。壁には1993年から放送が始まった海外ドラマ『X-FILE』を連想させるポスターなど、“これってアレだよな”と深掘りしてしまう小ネタが多いのだ。

gonehome10書き込み
gonehome11書き込み

また、劇中で手に入れる手記などに“ニンテンドー”“ストリートファイター”といったワードがくり返し登場する。

誰かは伏せておくがゲームが大好きだったようで、この屋敷の中にもSNES(国内でいうスーパーファミコン)のソフトが残されているのだ。

さすがにラベルは架空のゲームだし日本ではなじみのないフォルム。知らない読者もいるとは思うが、各所に詰め込まれた1995年当時の小ネタは最高に胸熱な要素だったぞ。

gonehome12書き込み
gonehome13書き込み

万人受けはしないがオススメしたい名作

1995年当時をテーマにしている本作にはもうひとつ、妹や母親が残した多くの書類からフェミニズム思想が強く感じられる。

男女同権の実現と性差別のない社会をめざしてパンクバンドが起こしたムーブメント“ライオット・ガール”がそれであり、まさに1990年前半から始まるそれも本作の重要なテーマになっていると多くのユーザーが語っている。

いま以上の認知されていなかったマイノリティを抱えるサマンサ。彼女が残した心の叫びはゲーム終了後も考えさせられるものだった。

gonehome14書き込み

単調に感じる探索や圧倒的な文字量で描かれる本作は、やはりゲーム性が薄く淡々とした展開になりがち。

そして、ここまで述べてきた通り1995年当時を連想させるテーマが多く、それらを知っているか否かで本作への興味度合いが違ってくるだろう。

万人受けしない尖った作品ではあるが、長く愛され多くのプラットフォームに移植されてきたのも事実。本記事を読んでこの世界に興味が湧いた人はぜひ購入(600円)を検討してもらいたい!!

gonehome15書き込み
gonehome16書き込み

P.N.深津庵
※深津庵のTwitterはこちら

動画でも新作紹介しています

配信前の期待の新作アプリゲームをピックアップ!

毎週更新!ファミ通App的最新ゲームランキング

YouTubeチャンネル登録して動画をいち早く見よう!

ファミ通AppのTwitterをフォロー

Gone Home

対応機種iOS
価格600円[税込]
このゲームの詳細を見る
ジャンルアドベンチャー
メーカーAnnapurna Interactive
配信日配信中
コピーライト

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧