1. サイトTOP>
  2. 編集部員が今年プライベートで本気で楽しんだゲームはコレ!ファミ通App的2018ベストアプリ

編集部員が今年プライベートで本気で楽しんだゲームはコレ!ファミ通App的2018ベストアプリ

2018-12-30 12:00 投稿

ファミ通App編集部員それぞれのベストを発表!

2018年もいよいよ終わり! 今年もたくさんのゲームが登場し、また多くのユーザーがたくさんのゲームを遊んだ年となりました。そして我らファミ通App編集部員もそれは同じ。たくさんのゲームを楽しませてもらいました。

ではゲームアプリを専門に扱うファミ通Appの編集部員たちはどんなゲームを楽しんだのでしょう? 編集部員の面々が趣味全開で、プライベートでハマったゲームを紹介していきます!

ドラゴンボール レジェンズ(バンダイナムコ エンターテインメント)

こだわりを詰め込んだDBファン必携の1本

legends2

まずはガシャ演出の豪華さにびっくり! そして自分の引きの良さにもびっくり! ゲームを起動して1分でガシャから超ゴジータが出たときは「このゲームを遊びなさい」というお告げだと思いました。ゲーム自体は簡単操作のアクションバトルだけど、駆け引き部分もしっかりあって、とくにPvPではその魅力を存分に味わえます。

ストーリーもおもしろく、つぎの展開が気になってどんどん進めていくうちに、刻の結晶も集まってガシャに挑戦。スマホアプリでは定番のサイクルだけど、それがストレスなく回せるのは、10連ガシャも単発ガシャも回数以外の違いがないから。よく10回分で11回とか、あるレアリティ1体以上確定といった特典があるけど、無課金で10回分の課金アイテムを集めるのは後半になるほど意外と大変。ましてやそれでほしいキャラがでないと意外とメンタルにダメージが(笑)。

その点、本作は少し遊んべはガシャを回せるだけでなく、そこにガシャ演出の豪華さ、パターンの多彩さも加わって、プレイのモチベーションを維持しやすい。プレイヤーがご褒美を得られるまでのサイクル作り、ご褒美の魅せ方がとてもうまい1本だと思います。

(水永三代目)

(C) バードスタジオ/集英社・フジテレビ・東映アニメーション (C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

月刊アイドル(608Factory)

過酷なK-POPアイドルの活動をポップに再現!

idol

ここで取り上げるのが似つかわしいのか? いや、自分の趣味全開でいいらしいので遠慮なくご紹介させていただこう。最初に言っておくと、この『月刊アイドル』、楽しく感じるのはごく狭い範囲の方々”K-POPファン”くらいでしょう。ただ、K-POPファンから見ると「そこまで再現するか!」というような細かなネタがいたるところに散りばめられているのです!

ゲーム内容は、ドット絵で再現されたかわいいアイドルたちでグループを結成し、育てていくというオーソドックスなシミュレーション。CDを制作・販売し、地方のお祭りイベントに出演したりしながら音楽番組1位や年末の賞を目指して活動するわけです。

その中で発生するイベントがWアプリ(VLIVE風)や”知ってる姉さん”への出演だったり、ライバルグルーブが”BTN”だったり”青いほっぺの思春期”だったりと、元ネタを知っていると思わずニヤニヤしてしまう要素の多いこと! オリジナルグループを作るもよし、いまいち売れない自分の推しグループを再現して1位を取らせてあげるもよし。楽しいよ!

(藤谷ソウキチ)

(C) 2018 608factory Inc.

D×2 真・女神転生 リベレーション【RPG】(セガ)

1周年を控えますます盛り上がるスマホ版『真・女神転生』

0102

2018年に自分がもっともプレイしたのが、この『D×2 真・女神転生 リベレーション』。シリーズで培われたゲーム性がうまくスマホ向けに落とし込まれており、おなじみの悪魔たちが最高峰の3Dモデルで躍動する姿はファンならずとも必見だ。

配信当初、『真・女神転生』のもうひとつの特徴であるシリアスなストーリー展開はやや影を潜めていたが、新章の追加により雰囲気は一変。一気に“らしさ”を増してきており、今後の展開から目が離せない、という状況になっている。

現在は新規プレイヤーに対するさまざまなサポートも充実しており、1周年に合わせて行われているキャンペーン群も非常に豪華。新たに始めてみようという人はもちろん、復帰してみようという人にとってもまさにベストタイミングとなっている。多くのゲームファンにぜひ一度触れてみてもらいたい作品だ。

(佐治キクオ)

(C) SEGA/(C) ATLUS

モンスターストライク スタジアム(ミクシィ)

遊ばなくても楽しめるってスゴイ!

Ph0201

自分的ベストアプリは『モンスターストライク スタジアム』。『モンスト』のスピンオフ作品として2015年に配信されたタイトルですが、今年はesprotsタイトルとしてガッツリ定着。2月にプロチームが誕生したのを皮切りに、数ヵ月後にはプロチームの数が8つになり、さらにはプロチームのツアー大会もすでに全国5ヵ所で実施されました。1年を通じて話題性が高く、もっとも熱く感じられた1本です!

しかも、その試合観戦は『モンスト』の知識があれば、本作を遊んでいなくても楽しめます。「大会がおもしろいのでは?」とツッコミがありそうなので、本作の魅力を言っておくと、課金要素がなく、自由にキャラクターが選択可能で育成不要! スタミナ要素がないので好きなだけガッツリと遊べます。

あとは……ぜひ大会の動画を観てもらい、そして本作に触って確かめてください! きっと、その魅力をわかってもらえると思います。

(七転び八百木)

(C) XFLAG

少女 歌劇 レヴュースタァライト -Re LIVE-(Ateam)

スタァライトしちゃいました

4786
4785

俺的2018年最強アプリは『スタリラ』で決まり! ゲーム内容は、好きな舞台少女を育ててレヴュー(戦う)って感じ。舞台少女ごとに盾役、アタッカー、サポート役みたいな風になんとなく役割が決まっていて、どういう組み合わせが強いのかを考えるのが楽しい!

慣れてくると育成が面倒になったりするもんなんだが、スタミナがある限りクリアー済みのステージはバンバンスキップできるのがポイント高い。空き時間5分にちょっとだけやるって感じでプレイしててもけっこう育っていくので、ガッツリ貼りつかなくてもオッケー。並行していくつものアプリをプレイする人でも気軽に楽しめちゃうよ! あと、舞台少女もかわいいから、きっとお気に入りの子も見つかるに違いない!!

(バサラ佐藤)

(C)Project Revue Starlight (C)2018 Ateam Inc. (C)TBS(JAPAN) (C) bushiroad All Rights Reserved.

Donut County(Annapurna Interactive)

ゲーム内容もいいけど、翻訳がスゴイ!

IMG_6807

この作品、AppStoreが選んだ2018のベストゲームでもあるんだけど、まさしくベストだと思う。穴を操作していろいろなものを飲み込み成長していくという遊びもおもしろいけど、この作品のいちばんの見所はストーリー! 主役というか、ストーリーの中心になるのが、BKというアライグマなんだけど。こいつがもう清々しいくらいクズ! でも愛おしくてたまらない。

この不思議な魅力を生み出しているのは、キャラクター設定やストーリーにほかならないんだけど、それ以上に、これはストーリーやセリフの翻訳センスがとにかくスゴイんじゃないかなと。そのセンスから生まれる言葉遣いの妙は、ぜひ多くの人に味わっていただきたい。とにかくスゴイから。

(ヒゲメガネ長谷部)

(C) 2018 Labyrinth Mint, LLC. Developed by Ben Esposito. Published by Annapurna Interactive. All rights reserved.

Food Fantasy フードファンタジー(FUNDOLL GLOBAL LIMITED)

カワイイだけじゃない!やりこみ要素が盛りだくさん

IMG_2888

食べ物が擬人化されたキャラたちが登場する本作、まずはその作画の良さに注目! 美少女&イケメンキャラばかりなので、きっとあなたも推しが見つけられるはず。ちなみに私の推しは、“麻辣ザリガニ”くん。一見キャラゲーかと思いきや、バトルにも食べ物をテーマにしたこだわりがあって、すごくおもしろい! たとえば“ミルク”と“紅茶”といったように、相性のいいキャラどうしの組み合わせで発動するスキルがあったりとかで、なかなか歯ごたえがあります。

ほかにも、レストランを経営していく要素もあるので、シミュレーションゲームとして楽しむこともできちゃう!(レストランでちょこまかと働く、かわいいキャラたちも必見★)そのほか育成要素も盛りだくさんなので、とにかくこれ1本で尽きることなく、お腹いっぱいた~っぷり楽しめるアプリです。

(さとるり)

(C)2018 FUNDOLL GLOBAL LIMITED

PUBG MOBILE(PUBG Corp.)

このヒリつく感じがたまらない!

PUBG

ナンセンス矢野の2018年ベストゲームは、バトルロイヤルという新たなゲームジャンルを開拓した『PUBG』のスマホ版『PUBGMOBILE』!100人のプレイヤーが戦場で集めた武器や装備を使って最後のひとりになるまで戦うシューティングゲームなのですが……。死んだらそこで終わりというルールなので、接敵したときの緊張感と言ったらもう、ほかのゲームでは味わえないほど!

キャラクターの衣装やアクセサリーもたくさんあり、オシャレにこだわれるのもポイントですね。ファミ通Appでは、カジュアルなオンラインイベント“ワンドンチャレンジ”や毎週水曜の生放送でもワイワイ楽しんでいるので、みなさんもいっしょに楽しんでいきしょう! クラウン目指して特訓だ!

(ナンセンス矢野)

(C) 2018 PUBG Corporation. All Rights Reserved.

ブロスタ(Supercell)

Supercellクオリティ、ここに極まる

IMG_5382

Supercellと言うと、『ブーム・ビーチ』、『ヘイ・デイ』、『クラクラ』、『クラロワ』といったヒット作を量産しているイメージがありますよね。いずれのゲームも“革新的な何か”がゲームに詰め込まれていて、ユーザーの体験を重視したUIやゲーム性に重きを置いて開発・運営を行っているのが同社の特徴。今回紹介する『ブロスタ』もその例に漏れない“Supercellクオリティ”を継承する最新作なんですよ!

最大の特徴はゲーム性の異なる複数のゲームモードを搭載していること。流行りのバトロワスタイルのモードから拠点防衛、果てにはサッカーまでとバリエーション豊かで、遊びごたえがハンパない! そんなこんなでひとつのアプリで7つのゲーム体験を与えてくれるんです。

1プレイに要する時間も1分~3分とお手軽にプレイできるので、飲み会の席や友達とちょっと集まってプレイすると楽しさは無限大! 間違いなく、“いま来てるゲームのひとつ”だと自信を持っておすすめできるので、年末年始の隙間時間にぜひプレイしてみてください!!

(おこめちん)

(C) 2017 Supercell Oy

Jurassic World アライブ!(Ludia)

バトルが濃くてとにかく熱い!

JWA

本作は、大人気映画『ジュラシック・ワールド』を題材とした位置情報ゲームアプリ。ただ、日本国内でプレイしている人はまだ少ないみたいで、それはちょっと残念……。ちなみにどんなゲームかと言うと、地図上に現れる恐竜からDNAを集めて新たな恐竜を生み出し、それら恐竜たちによる戦略性の高いバトルを楽しむゲームです!

作り出せる恐竜は実在したものはもちろん、ゲームオリジナルの恐竜もいるので、この辺もすごくワクワクさせてくれます!

でもやっぱり、本作最大の魅力はバトル。バトルは相手の行動を読み合ってコマンドを選ぶPvPになっているので、とにかくアツイんです! 相手が使ってきそうな技や交代のタイミングを読んだうえで立てた戦略がハマったはかなり爽快。飽きることない楽しさが味わえます!

(松脇さんば)

(C) 2018 Ludia Inc.™ and (C) 2018 Universal Studios and Amblin Entertainment, Inc.

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧