1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】iPhoneで物理ボタンを押さずにスクショを撮る方法

【今日の編集部】iPhoneで物理ボタンを押さずにスクショを撮る方法

2018-11-05 23:11 投稿

iPhoneで物理ボタンを押さずにスクショを撮る方法を今さら知りました

【今日の担当者:水永三代目】

どうも。水永三代目です。

4週連続の代打ですが、4週連続は代打なのか?という疑問がフツフツと沸いてきます。

スポーツではチャンスの場面で何かに突出した人を起用したり、流れをひっくり返したいときに選手交代が行われますが、それが平常運転になるとそれはただのスタメン入りとなります。つまり、期待のホープがエースになったということです。ありがとうございます。

ただ、残念なことに僕は期待のホープと呼ばれたことはないですし、新人でもありません。ただの中年編集者であり、ただの中年編集者が謎の日記を書いているだけであり、そこには期待も希望も新人らしいフレッシュ感もゼロです。

なので、せめて今回は読者のみなさんに少しでも役立つ情報を届けたいと思い、「iPhone X以降のホームボタンがない端末で簡単にスクリーンショットを撮る方法」を紹介します。略して「あんなの(物理ボタン)飾りです」です。

iPhone X以降でSSをとる場合、右の電源ボタンと左のボリュームを上げるボタンを同時押しする必要がありますが、ゲームをしながら端末の縁にあるボタンを2個同時押しするのは至難の業です。しかし、「あんなの(物理ボタン)飾りです」を使えば、SSをビジュアルボタン(正式な言い方がわかりません)として、画面上に表示させることができます。

やりかたは簡単。iPhoneの設定→一般→アクセシビリティ→AssistiveTouch→最上位のメニューをカスタマイズをタップします。

6ACE3213-69CC-4833-A2D7-AC2D44D629CA

▲デフォルト設定はこんな感じ。まずは「-」をタップしてアイコンを消します。リセットを押せばデフォルト状態に戻せます。

52ADCFBF-3596-47C3-B352-7B5569718AC0

▲今度は「+」をタップして「★(カスタム)」をタップし、「スクリーンショット」を選び、ひとつ残っている「+」アイコンを消して「完了」を押せば終了です。(スクリーンショットのボタンだけにする)

するとホーム画面に3重マルっぽいボタンが出現し、これをタップすればSSが撮影可能になります。もちろん、連射も可。3重マルっぽいボタンはSSには写り込まないため、その写真はありません。

正直、iOSのバージョンいくつから付いた機能なのかを調べてませんが、iPhone X以前の端末でもできるようです。なので、知ってる人は知っている、いわば周知の事実。それをいまさらドヤ顔で書いてしまったことがとても恥ずかしいです。「顔から火が出る」とはまさにこのこと。

ただ、僕は今まで生きてきて、恥ずかしくて顔から火が出るような事態に陥ったことがありません。う○こを漏らしたときも、学校の先生をお母さんと呼んだときも、両想いだと確信した女性をイキッて誘い完全に無視されたときですら、火は出ませんでした。

そもそも顔面のどこから火が出るのでしょうか? 目? 鼻の穴? 耳の穴? 口? 頭皮? 頭皮はそもそも「顔」という位置づけで○なの?

主題から外れたので「頭皮が顔なのか」という問題はいったん無視しますが、仮に恥ずかしさで体温が上昇して謎の発火エネルギーが生じ、顔面からガスバーナーのように火が出るとしたら、もうどっかの研究機関にさらわれてしまう気がします。もはや恥ずかしいさの問題ではなく、今後の人生を大きく左右する現象が自分の身に起きたことを理解してください。

そんな人の代打なんていないわけで、唯一無二の存在として謎の組織からスカウトされるかもしれません。全身タイツで糸を出して戦う人や謎の金属で構成されたでっかいフリスビーみたいなモノを投げる人たちといっしょに戦う日が近いかもしれない。ヒーローと呼ばれる日が来るかもしれない!

そう思うと、「顔から火が出る」というマイナスイメージの言葉がすごくプラスの言葉のように感じますよね。もっと恥ずかしいことをしたい!もっともっと恥ずかしい気持ちになりたい!もっと恥ずかしがらせて! 僕は変態です!!!

現場からは以上です。
(編集部/水永三代目)

編集部の今日の1枚

先週に続き『FFBE』の写真を公開。マッシュが★7覚醒しました!

FFBEマッシュ

11月5日の注目記事ダイジェスト

01

スクウェア・エニックスの『ましろウィッチ』がついにサービス開始!

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!
人気ランキングトップページへ

前へ準備中

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧