1. サイトTOP>
  2. いつでもどこでもSteamゲーで遊べる携帯機“SMACH Z”が東京ゲームショウに登場!【TGS2018】

いつでもどこでもSteamゲーで遊べる携帯機“SMACH Z”が東京ゲームショウに登場!【TGS2018】

2018-09-13 14:48 投稿

対応タイトルは1000以上!

昨年キックスターターで話題になった、1000タイトル以上ものSteamゲームが遊べる携帯機“SMACH Z”が、今年の東京ゲームショウに出展することが明らかになった。

“SMACH Z”は、Linux OSをベースに開発されたオリジナルOSで稼働する携帯ゲーム機。キックスターターで目標として掲げられた25万ドルを軽く突破し、47万ドルもの出資が集まった、世界中のゲームファンが注目するゲームハードだ。

本端末最大の特徴は、やはり最大5時間単機で駆動し、Steamゲームが遊べるという点。OSがLinuxベースとなっているため、プレイできるゲームはLinuxに対応したゲームのみとなるが、デモ動画では『スカイリム』や『ジャストコーズ2』が動作しているところが映されており、一部のビッグタイトルもこれひとつで遊べることが伺える。

ちなみに、本端末のスペックシートは、モデルによって大きく異なるが、ミニマムでもメモリ(RAM)が4GB、ストレージサイズは64GB SSD、スクリーンは6インチフルHDのタッチスクリーン、チップセットにはGPU(Radeon Vega 8)組み込み型のRyzen embedded(4C8T 3.6GHz)が採用されている。

昨今のゲーミングPCの標準的な構成と比較してしまえば、若干の見劣りはするものの、しかしポータブルであるという点を考慮すれば十分な構成と言えるだろう。

そんな本端末がこの度TGSに出展されるので、気になるという人はブースで実際に商品をチェックしてみるといいだろう。ちなみに、本端末の国内販売を行うのは、キュレーションセールスのヴェルテ。予約受付は2018年9月12日より開始されており、出荷開始は2018年10~12月が予定されている。(※)

※SMACH ZはWi-Fiによる無線通信を行える機器であるが、こちらの機器が技適(技術基準適合証明)マークを取得しているかは不明

【国内販売情報】
製品名:携帯ゲーム機『SMACH Z』
開発製造メーカー:SMACH社 https://smachz.com
輸入代行:ヴェルテ(株式会社シティ)
予約受付:2018年9月12日
出荷開始予定:2018年10~12月
SMACH Z標準価格:8万3800円[税送料込](100台限定特価)、通常価格11万4800円[税送料込]
SMACH Z PRO標準価格:11万3800円[税送料込](100台限定特価)、通常価格13万4800円[税送料込]
SMACH Z ULTRA標準価格:13万5800円[税送料込](100台限定特価)、通常価格15万6800円[税送料込]

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧