1. サイトTOP>
  2. 個人サーバー対応も検討中!? 遊びたいと思ったときに遊べる、スマホ版『ARK』開発者にインタビュー!

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

個人サーバー対応も検討中!? 遊びたいと思ったときに遊べる、スマホ版『ARK』開発者にインタビュー!

2018-07-06 19:00 投稿

『ARK Mobile』の気になるアレコレを聞いてみた!

日本国内でのリリースが決定し、公式サイトもオープンした『ARK Mobile』。本作はPC、そしてコンシューマで人気を博しているサバイバルゲーム『ARK: Survival Evolved』(以下、『ARK』)のスマートフォン版となるタイトルだ。

恐竜などの野生生物を飼いならし、仲間とともに未開の島でのサバイバル生活が楽しめる『ARK』は、幅広い層に愛されているタイトルで、プレイ実況動画シーンでも人気を博している。

これまで『ARK』のプレイに耐えられるハイスペックPCや家庭用ゲーム機を持たない人は、これをプレイできていなかったが、今回そのスマホ版が登場することにより、多くの人が遊べるようになる。

そこで気になるのは「『ARK Mobile』と『ARK』はどこまで同じでどこが違うのか?」という点。そこで、この疑問を解消すべく、開発元であるStudio Wildcard(以下、SW)にメールインタビューを行った。ここでは、その内容を簡単にまとめて紹介しよう。

気になる人は以下の内容をチェックしておこう!

いつでも手軽に遊べるように

――『ARK』をモバイル版としてリリースすることになった経緯を教えてください。

SW これまで『ARK』をプレイしたくても出来なかったという層にリーチするためです。『ARK』はPCゲームとしても家庭用ゲームとしてもリッチなものですので、これを楽しむにはハイスペックなPCや家庭用ゲーム機が必要になり、また同時に腰を据えて遊べる時間的余裕も必要でした。

しかし、そのような環境を誰しもが持っているわけではありません。そこで、スマートフォンやタブレットで、遊びたいと思ったときに遊べる環境を作りたいと思い、モバイル版を制作しました。

18.6.28

――しかし、あのハイクオリティなゲームをモバイルに落とし込むのはたいへんだったと思います。その中でも、とくに苦労した部分はありますか?

SW プレイヤーの皆様に満足をしていただくクオリティを確保しつつ、グラフィックのデータを小さくするのは、本当にたいへんでした。PC版では40~50GBという大容量のゲームとなっていましたが、スペックや容量に限界があるモバイル版では、これを2GB以内に収めなければなりません。

これを実現するために、テクスチャを結合したり巨大なマップ情報をコンパクトにしたりと、各所に妙技とも言えるテクニックや工夫が求められました。

――そんな環境下で作られた『ARK Mobile』ですが、モバイル版ならではのシステムなどは実装されているのでしょうか?

SW アイテム採取、狩り、テイム、クラフト、そして広大な島の探索と、モバイル版である『ARK Mobile』には、PC版に実装されているほとんどのシステムや機能が実装されています。ですがモバイル版はプレイ環境がPC版やコンシューマ版とは異なるので、それに合わせた新要素を加えています。

たとえばクエスト機能もそうですし、飼いならした恐竜ならば倒されても復活させることができます。それにゲームの進行を楽にするアイテムや特典を購入できるシステム、無料のギフトといったシステムもモバイル版オリジナルですね。出現する恐竜の数こそ若干少なくなっていますが、とても遊びやすくなっていると思います。

――PC版でもコンシューマ版でも人気を博した要因として、個人サーバーが立てられるという要素は大きかったと思います。モバイル版となる本作でも、個人サーバー(Dedicatedサーバー)を立てることは出来るのでしょうか?

SW それについてはまだですね。本作はフリープレイゲームなので、アプリ内課金などのシステム上、個人サーバーをサポートするには、ちょっとトリッキーな問題がありまして。ただ、これを解決するアイデアがないわけではなので、近いうちに挑戦をしてみたいと考えています。

――では、『ARK Mobile』のサーバー設定はどのようになっているのでしょうか? 家庭用やPC版のように、テイムに膨大な時間を費やすのは難しい環境だと思うのですが。

SW 経験値、テイムスピード(飼いならすスピード)、アイテムの採取量など、基本的にサーバー設定はPC版の2倍に設定されています。またアイテムやバフなど経験値取得量を3倍にしたり、テイムスピードを10倍にしたりといったことも可能ですので、そういった選択をするのもありですね!

――もうひとつの人気要素、MOD(ゲームシステムやゲーム内アイテムに追加要素をユーザーが任意に取り入れるもの)のサポートは考えていらっしゃいますか?

SW 現状ユーザーメイドのMODに関してはサポートされていませんが、提案についてはつねに受け付けています! 皆様が望まれるすべてのMODをサポートすることはおそらく出来ませんが、建材やシステムの追加に関する要望を実現する道は開けておりますので、ご要望がありましたらぜひお声をください。

――では、DLCマップに関してはいかがでしょうか? 現在PC版などでは複数のDLCマップが実装されていますが、これを『ARK Mobile』でも実装する予定はありますか?

SW それについては私たちも確たるプランを持っているわけではなく、現在内部で話し合っている最中です。

――ちなみに、本作は基本プレイ無料となっていますが、どのように収益化をしていく想定なのでしょうか?

SW それについて、3種類のプレイヤーに向けた課金システムを用意し、応えていくつもりです。3種類のプレイヤーというのは、ひとつはお金は払いたくないけれど広告は大丈夫だという人。ふたつ目はPCに近い環境でプレミアムなプレイ体験を得たい人。そして最後に、装飾品を購入して大型建築を楽しみたい人です。

購買意欲はないけれど広告を見ることは大丈夫という人に向けては、サーバーにログインしたりリスポーン(倒された後に復活すること)をする際に広告を表示させていただいています。もちろん、ただ広告が表示されるだけなので、本作のすべての要素を楽しんでいただくことは可能です。課金しないからといって、ゲーム内容を制限することはありません。

プレミアムなゲーム体験を望まれる方でしたら、プライマルパスという月額課金プランを購入していただくことで、恒久的な経験値倍化ボーナスに加え、さまざまな特典が得られるようになります。

また月額課金は難しいけれど、ゲーム内アイテムだけを購入したいという方でしたら、建材などのアイテムを購入できるように準備しています。また将来的にはコスメティックアイテムを実装する予定ですので、それらで着飾って遊ぶこともできるでしょう。

――ゲーム内イベントなどを開催する予定はありますか?

SW それはもちろん! 現在、私たちは週末イベントを毎週少しずつ行っている状態ですが、このイベントシステムをアップグレードするためのアクションを起こしているところです。プレイヤーの皆様に、イベントごとに『ARK Mobile』を遊ぶ理由を提供したいと考えています。

――最後に、クロスプレイが実装される予定はありますか?

SW クロスプレイはサポートしていますが、それはiOSとAndroid間に限ったものです。PC版や家庭用ゲーム版と、スマホ版である『ARK Mobile』とでは、そもそも製品として違うものなので、この間のクロスプレイをサポートする予定はありません。

『ARK Mobile』公式ティザーサイトはこちら

ARK Mobile

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルアクション
メーカーSnail Games Japan
公式サイトhttp://playark.com/mobile/
配信日2018年7月
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧