1. サイトTOP>
  2. GWに遊んでおきたい!ファミ通App編集者がおすすめする特選スマホゲーム集

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

GWに遊んでおきたい!ファミ通App編集者がおすすめする特選スマホゲーム集

2018-05-03 09:00 投稿

ファミ通App編集者がふだん遊んでいるゲームは?

まってました!のゴールデンウィーク。自由な時間が増えるこの時期は、ふだん遊んでいるゲーム以外にも目を向けてみる絶好の機会。本記事では、編集部スタッフがふだん遊んでいるおすすめゲームを一挙紹介。気になったゲームは、ぜひ一度プレイしてみてください!

アイドルをプロデュースしまくれ!/『アイドルマスター シャイニーカラーズ』

シャニマスライブ

スマホ向けブラウザプラットフォームenza(エンザ)で遊べる『アイドルマスター シャイニーカラーズ』 。このゲームは、アイドルを成長させていく育成シミュレーションだ! アイドル6人でデッキを作ってひたすら育てていく!! 最初はなかなか強い(?)アイドルができないけど、プレイするにつれてコツをつかんだり、サポートアイドルが育っていったりして、どんどん最強のアイドルがプロデュースできるようになっていく!! だんだんうまくなってる感じでめっちゃ楽しい!! あと、キャラクターがめっちゃかわいい!! 動いてしゃべりまくる! ブラウザだから手軽にできるし、やるしかねえ! あ、PCでもできるから、PCでやってもいいと思うよ!(バサラ佐藤)

⇒シャニマス情報まとめ

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.


イケメン役者たちの才能を花開かせよう/『A3!(エースリー)』

a3

女性ゲーマーなら知らない人はいないんじゃないかと思うほどの人気アプリですが、今回はあえて男性におすすめしたくご紹介しますよ! アイドルモノとは少し違って、学生もいれば社会人もいる、フリーターや本業役者もいるという、“小劇団の役者”だからこそのストーリーは、あなたもどこかひとつは自分と重なるところがあるかもしれません。団員同士で協力して、時にはぶつかり……そうやって“芝居”というものを通して成長していく彼らの姿を、あえて“監督”という俯瞰した目線で見守れる楽しさを、ぜひゲームで体験してほしいところです。もちろん女性向けなので、時には彼らの矢印がこちらに向かってくることもありますがw それを抜きにしても「何かを作り上げるっていいなあ」「がんばってる姿っていいなあ」って思わせてくれる、心ほっこりな作品です。(さとるり)

(C)Liber Entertainment Inc. All Rights Reserved.


“3分間”に凝縮されたカジュアルPvP/『クラッシュ・ロワイヤル(クラロワ)』

IMG_3718IMG_3722

『クラロワ』はリリースから2年経ったいまでも進化を続けるスマホアプリ。“3分”という超短時間で終えられるカジュアルPvPゲームに仕上がっているものの、どのユニットを用いてデッキを編成するかといった準備段階の戦略性や、試合中のリアルタイムでくり広げられる対戦相手との駆け引きは、脳汁ブッシャーーーーって感じで、コアなゲーマーからライト層にもおすすめできる一作。一試合を終えるのに時間が掛からないものだから、トイレで、休憩所で……とあらゆるシーンでついついアプリを立ち上げてしまう中毒性がございます。PvPゲームが苦手な方も、直感的に操作できるシンプルなゲームデザインになっているので、ぜひお試しあれ。(おこめちん)

(c) 2016 Supercell Oy


頭を抱えて、“自分の勝ち筋を創り出す”。これぞカードゲームの醍醐味!/『クロノマギア』

S__56999938

ガンホーから4月10日に配信された新作スマホ向けカードゲーム『クロノマギア』。配信前は“あの『パズドラ』を作った山本Pの完全新作”ということで注目されたが、配信後は“斬新なシステムから生まれる戦略性の高さ”が話題に。
“能力者”と“マギアスキル”、そして20枚の“カード”から生まれる多種多様な戦術が、これまでのカードゲームとはひと味もふた味も違ったバトルに発展させる。ちょっとプレイしただけじゃ真のおもしろさまでたどり着けない、まさに“スルメゲー”。
4月27日には、待望の“ランキングマッチ”が実装。歯ごたえのあるゲームを探しているそこのあなた。今年のGW(ゴールデンウィーク)は『クロノマギア』でランキング上位を狙ってみては?(ナンセンス矢野)

(c)GungHo Online Entertainment, INC. (C)CHRONO DREAM PROJECT


“おもしろい”の欲張りパックを堪能しよう!/『コトダマン ‐ 共闘ことばRPG』

koto

いま大型連休で遊ぶべきものって言ったら『コトダマン』でしょ!
日本語で言う“おもしろい”って感情には、いろいろな種類があると思うんですよ。「funny」、「interesting」、「cool!」、「awesome!!」などなど、英語だと感情や状況に合わせてこういった言葉を使い分けるけれど、日本語は全部ひっくるめて「おもしろい!」で済むんだよね。で、『コトダマン』のすごいところは、これらニュアンスすべてが詰め込まれているところ。ゲームそのもののおもしろさ、知的好奇心を刺激されるおもしろさ、すごさに感動するおもしろさ。全部ここにある。ゴールデンウィークを真にゴールデンにしたいのならば、『コトダマン』で「おもしろい!」を極めるしかない!(ヒゲメガネ長谷部)

(C) SEGA


世界が認めたスマホ脱出ゲームの最高峰/『The Room』シリーズ

IMG_7709

『The Room』は、部屋に隠された不思議なカラクリ箱の謎を解く脱出系アドベンチャーゲーム。ゲーム中のヒントメッセージは最小限に留まり、画面を指で回転・拡大、スマホ自体を傾けるなど、さまざまな操作を駆使して、箱を直接触りながらカラクリを解いていく。静寂かつ奇妙な雰囲気の世界観が魅力的で、『MYST』のゲームが好きな人にはとくにおすすめ。シリーズは現在4作リリースされているので、GW中に全タイトル制覇に挑戦してみてはいかが?(藤谷ソウキチ)

(c)2015 Chorus Worldwide Ltd. All rights reserved. The Room is developed & owned by Fireproof Games. We will not ask for, collect, store or share any of your personal data. The Room (c) Fireproof Games


短期集中で遊ぶならちゃんと終わるゲームを/『This War of Mine』

GW_TWoM_01

2014年にPCでリリースされ話題となったゲームなので「今さら」と思うかもしれないが、知らない人にぜひオススメしたい! このゲームは、紛争地帯に取り残された一般市民たちを操作し、いつ訪れるかわからない終戦まで生き延びるというもの。個人的なこのゲームのキモはというと、空腹や怪我、病気のほかに精神状態というステータスがあるということ。隣人を助けることで良好になることもあれば、盗みや殺しを行うことで悪化することもある。治安が悪く、食料や薬品も足りず、極限状態に追い込まれたときにどうするのか? プレイヤーの数だけいろいろな展開があると思うので、とくに攻略情報などは仕入れずにプレイしてみてほしい。(間々田武)

(c) 11 bit studios S.A.


シリーズファンも『サカつく』を知らない人もぜひ/『プロサッカークラブをつくろう! ロード・トゥ・ワールド』

0102

セガゲームスが家庭用ゲーム機で展開して来た『プロサッカークラブをつくろう!』シリーズのスマホ版にして最新作がこの『サカつく RTW』。『サカつく』といえば日本でサッカークラブ経営シミュレーションというジャンルを確立し、シリーズを重ねてきた人気タイトル。今回の『サカつく RTW』は“原点回帰”をテーマにしており、細かく数値を突き詰めていくというよりも、クラブ経営やチームの勝敗にまつわる悲喜交々、サッカーというスポーツのロマンを楽しめるものになっている。敷居は低くゆるりとプレイできるが、気がつくと時間が過ぎている中毒性も健在。シリーズファンは言うまでもなく、『サカつく』を知らない人にもぜひ触れてみてほしい1本。もちろん、サッカーファン、シミュレーションゲームファンも要チェックだ。(佐治キクオ)

(C)SEGA


考える楽しさを満たす/『ブレイブ フロンティア2』

ブレフロ2メイン画像

『ブレイブ フロンティア2』は、ドット絵や王道ストーリーが魅力のスマホRPG……というありきたりな紹介はやめます。今回はちょっと違う視点から。本作は、“考えることが楽しい”ゲームです。とくにボスの攻略では、パターン行動を導き出してそれに合わせて行動するというRPGのバトルの醍醐味ともいえる部分を味わえます。自分でパーティー編成からボス攻略まで考えてクリアーできたときの喜びはひとしお。自分で攻略法を見つけていくような人はぜひプレイしてみてください。ドハマりしますよ。(松脇さんば)

(c)Alim Co., Ltd.


新作映画と合わせてチェック!/『MARVEL ストライクフォース』

マーベルファイル

シリーズ最新作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』も公開され、まさにGWにぴったりの1本。本作はアベンジャーズはもちろん、マーベルのヒーロー、ヴィランが集結するターン制のコマンドバトルRPG。緻密なキャラクターモデルや映画のワンシーンを切り出したような華麗なバトルアクションはファンならずとも必見のデキ! 筆者はにわかファンのため、知っているキャラクターは多くないが、知り合いのアメコミマニアに見せたところ「○○も出てるのか!」とビックリした様子で、すっかりはまってしまった。ゲーム自体はキャラゲーかと思いきや、難易度高めでこまめな育成が必須。モードも充実しており、やりこみ要素が豊富で、RPG好きにもオススメ。(水永三代目)

(c) 2018 MARVEL and FoxNext Games


自己ベストに挑戦しつつリアルイベントを深く楽しむ!/『モンスターストライク スタジアム』

モンストスタジアム01

2015年に配信されたゲームですが、“モンストグランプリ”のイベントで毎回使用されるだけに、そのおもしろさは折り紙付き! しかも4月29日の九州地区予選大会を皮切りに、全5地区でプロチームが誕生し、7月1日の決勝大会で彼らの熱いパフォーマンスが披露されるわけです。そこで、いまから本作を遊んでおき、敵の対処手順やタイムなどを把握しておけば、大会の見応えは増すこと間違いなし!! 関東と関西の地区予選大会なら、まだ参加が可能な点も見逃せません。本作ではスタミナ制がなく、キャラクターが始めから揃っているので、いまからガッツリ遊びたいって人にも最適ですよ!(七転び八百木)

(c) XFLAG


ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧