1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2 真・女神転生 リベレーション』アウラゲート36層~40層の攻略とおさえておきたいポイント【D2メガテン攻略】

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

『D×2 真・女神転生 リベレーション』アウラゲート36層~40層の攻略とおさえておきたいポイント【D2メガテン攻略】

2018-05-01 21:03 投稿

物理対策と貫通スキル対策が重要

セガゲームスより好評配信中の『D×2 真・女神転生 リベレーション』。本記事では、全50層の3Dダンジョン・アウラゲートの36層から40層の攻略ポイント、おすすめ悪魔やボス対策を紹介していく。

 アウラゲート36層~40層の攻略ポイント
・バトルスピード14000以上を目安に編成する
・衝撃、電撃が得意なアタッカーを中心にパーティーを組もう
・モムノフ対策にテトラカーンや物理無効の悪魔を用意
 各層ボス攻略のポイント
・【36層】呪殺と氷結で攻め立てよう
・【37層】タルンダとタルカジャで雄叫び対策
・【38層】火炎属性でやられる前にやる
・【39層】物理対策と呪殺属性を中心とした編成で挑もう
・【40層】徹底した物理対策とタルンダで短期決戦
aura36_40_1
▲敵のレベルが高くなってくるので、主力となる悪魔は★6に転生してLv50にしておきたいところ。とくに、ボスが手強いので、しっかりと対策できる悪魔を育てたい。

バトルスピード14000以上を目安に編成する

36層から40層の敵から先制をとるには、バトルスピードが14000は必要になるので、そこを目安にパーティー編成しよう。ザコ敵でもっとも速い編成はモムノフ4体とシーサー4体で、それ以外の編成はバトルスピード12000程度でも先制できるので、14000に届かない場合はひとまず12000で編成し、後攻でも物理攻撃に対処しやすいように“テトラカシフト”などを持った悪魔を加えるといい。

IMG_9349
▲スピードが速いホルスや、物理アタッカーとして優秀な防魔オセは相変わらず役に立つ。後攻に回ると一気に消耗するので、とにかくバトルスピードを高めること。

衝撃、電撃が得意なアタッカーを中心にパーティーを組もう

36層以降の敵には、衝撃属性と電撃属性が通りやすいので、ザン系やジオ系を扱える魔法アタッカーを優先して編成したい。また、物理属性も安定して通るため、物理アタッカーを主力とするのもいいだろう。

aura36_40_5
▲物理反射でマハザンダインを使えるランダは、この階層では大活躍してくれる。手持ちにいればぜひとも育てよう。ほかのコンテンツでも幅広く活躍する悪魔なので、合体での作成も検討していい。

 

モムノフ対策にテトラカーンや物理無効の悪魔を用意

36層~40層に出現するザコ敵でもっとも危険なのは、チャージからなぎ払いのコンボが強烈なモムノフ4体の編成。バトルスピードが高く、先制をとられた後、こちらのターンで倒しきれなかった場合、全体攻撃の連発で一気に壊滅するおそれがある難敵だ。対策するには、とにかく物理無効以上の耐性を持つ悪魔を編成すること。または、テトラカーンやテトラカシフト、物反鏡など、物理を反射する手段で対処したい。

aura36_40_2
▲先制からチャージし、つぎのターンで全体に大ダメージを与えるなぎ払いを連発してくるモムノフの群れは非常に危険。物理無効やテトラカーンでプレスアイコンを潰してやり過ごそう。

低レアで物理対策ができる悪魔の筆頭は、シキオウジ、防魔オセ、そしてテトラカシフトを覚える異能タム・リンの3体。ほかにも、物理反射のミトラや、前述した★4ランダなども有力候補なので、いずれかの悪魔はぜひ加えよう。

aura36_40_7
▲物理無効で魔が高いシキオウジにザン系のスキルを継承すれば、モムノフ対策としてバッチリ。育成するなら防魔か荒神がおすすめだ。
aura36_40_6
▲貴重なテトラカシフトを覚える異能タム・リンは、後攻で性能を発揮できる悪魔。バトルスピードが14000以上に届かない場合は、優先して育成したい。

36層~40層攻略おすすめ編成例

先制バランス型パーティー

aura36_40_4
▲汎用性が高いホルス、サンダルフォンに、ランダを加えて攻防ともにバランスがいい編成。速が高い悪魔を入れてバトルスピードを底上げしよう。

物理対策特化の防御型パーティー

aura36_40_3
▲物理無効のシキオウジや防魔オセ、異能タム・リンなど、とにかくモムノフへの対策を優先した防御型パーティー。ザンやマハザンを継承したシキオウジがいれば確実に対処できる。

36層~40層ボス攻略

【36層】ソロネ

36boss236boss136boss3

呪殺と氷結で攻め立てよう

36層のボスであるソロネは、火炎ハイブースタで威力を高めたマハラギオン、トリスアギオンが厄介。マカラカーンや魔反鏡を使えばひとまずはやり過ごせるが、ソロネは火炎を無効化するので反射してもダメージは与えられない。あくまで一時しのぎの手段と考えよう。また、魅了効果があるマーメイドのセクシーダンスも危険なので、魅了されたらチャームディやアムリタシャワーで即回復すべし。

36boss4
▲ただでさえ火力が高いうえに、アピスのタルカジャで攻撃力を底上げされると手がつけられない強さに。ソロネは呪殺と氷結が弱点なので、弱点を狙い撃ちして速攻で勝負を決めよう。

【37層】ケルベロス

37boss237boss137boss3

タルンダとタルカジャで雄叫び対策

ケルベロスは、物理貫通によるランダム物理攻撃と火炎属性のアギダインを使いこなすうえに、攻撃・防御を下げる雄叫びをしてくる器用なボス敵。ケルベロスの攻略ポイントは、タルンダを使って被害を抑えること、そしてタルカジャやデクンダで雄叫びのデバフ効果を打ち消すことが大事だ。

ケルベロスは火炎を反射してくるのでアギ系は厳禁。氷結属性が弱点なので、ブフ系でガンガン攻めよう

【38層】スレイプニル

38boss238boss138boss3

火炎属性でやられる前にやる

38層のスレイプニルは、破魔貫通による高威力のマハンマオンを連発してくる難敵。破魔に耐性があっても無意味なので、弱点の火炎属性で一気に攻めて倒される前に押し切るのが望ましい。アギダインを使える★4ロキや★4プロメテウス、火炎ブースタとアギラオで火力を出せる★3イフリートなどを連れて行こう。ただし、その場合は氷結が得意なゲンブをすばやく処理しておくこと。

38boss_4
▲“貫反の霊圧”を持つ★5アリラトと破魔反射の悪魔がいれば、マハンマオンを反射してダメージを与えられるため、撃破難度はぐっと下がる。どうしても勝てないときはアリラトの作成を目指すといい。
▼関連記事

【39層】パラスアテナ

39boss239boss139boss3

物理対策と呪殺属性を中心とした編成で挑もう

39層のパラスアテナは、物理ハイブースタによる超高火力の刹那五月雨撃ちが危険なパワータイプのボス。お供のビャッコとアーマーンも物理スキルを持ち、全体的に物理攻撃の頻度が高いので、物理無効の悪魔や、テトラカーン、物反鏡で対処しよう。

パラスアテナは呪殺が弱点なので、ムドダインが使える★4ベルゼブブや、★4アヌビスを連れていきたいところ。ただし、マカラカーンを使用してくるため、跳ね返されてプレスアイコンをムダにしないように攻めるタイミングには注意を。

【40層】スライム

40boss

徹底した物理対策とタルンダで短期決戦

いよいよ深層が目前となる40層のボスは、なんと貧弱そうなスライム1体のみ。しかし、物理ハイブースタによるメガトンレイドが超強力なうえに、万能属性の吸血でHPを奪ってくる凶悪な敵だ。攻撃は熾烈だが呪殺以外はすべて弱点という極端なボスなので、タルンダをかけて少しでもダメージを抑えつつ、呪殺以外の属性攻撃で攻めよう

物理を無効、反射できる仲魔がいればかなり有利に戦えるので、編成は物理対策に特化したパーティーで挑もう。また、物反鏡も有効なので、出し惜しみせずにガンガン使って短期決戦に持ち込みたい。

40boss_2
▲とにかくメガトンレイドが強烈なので物理対策は必要不可欠。対策していても、万能属性の吸血でHPを奪われるので、ジリ貧になる前に火力を集中して押し切ろう。

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧