1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】超越的な存在、熊谷真士という天才をご存じか?

【今日の編集部】超越的な存在、熊谷真士という天才をご存じか?

2018-03-30 20:00 投稿

稀代の天才(全裸)

【本日の担当:おこめちん】
IMG_2198 (1)

どうも、おこめちんです。
文章で人に何かを伝えるって難しい。僕は生まれてこのかた、“文章で人に伝える”ということを意識せず生きてきており、現在の職について始めて文章を書くということに向き合いました。言うならば、僕の文章構成能力は高校生の携帯でやりとりするメールくらいで止まっていたというわけですね。

そんな僕ですが、入社直後から書籍部署からの叩き上げであるIさんに鍛えられ、当初よりは少しマシになったかも? と思えるくらいには成長を実感しています。Iさん……ありがとう!!本当に丁寧に教えてくれて感謝しています。

この仕事に就いてからはというものの、世に出回っている“文章”にとても敏感になりました。電車のつり革広告のキャッチコピー、ネット上に無数に存在するブログなどの記事、もちろん書籍も。書いている人がどういった想いを込めて、どう伝えたいと思って書いたのかまで考えて読み解くとまた違った見えかたがしておもしろい。

今回は、最近そんなことを想い耽ってる僕が敬愛して止まないブロガーさんを紹介したい。有名な方なので、すでにご存じの方も多いかもしれないですが。

その名も、熊谷 真士氏。

この名前から漂う、ただものではない感。何かとてつもなく大きなことを成し遂げてくれる……と、期待を寄せざるを得ない熊谷性。ライト兄弟が飛行機を発明したように、アインシュタインが相対性理論を提示したように、彼ならばきっと、この21世紀を生きる人々を革新の先へ導いてくれる。そう思わずにいられない。

クマガイ……マナト……。マナト、クマガイ。

興奮しすぎて少々取り乱しました。くり返したことに意味はありません。

簡単に氏を紹介すると、熊谷氏は京都大学の経済学部を卒業した後、三井物産に務めエリート街道を突き進み、全裸に落ち着いたWebブロガー。

もっと簡単に説明すると、“全裸”。

熊谷氏を紹介するときは“全裸”。と、説明すれば彼の本質のすべてはフォローできると思っています。

ここでひとつ疑問が沸いてきます。なぜ、全裸なのか……ということ。エリート中のエリートでありながら、なぜ文明人の象徴とも言える“服”の存在を否定したのか。

恐らくそれは、僕のような一般人には到底及ばない領域。熟考の末の熟考。修行僧が長年の苦行を超えて辿りついた悟り。それに近しいところへ到達した氏にしか理解できない世界。

わかりやすくたとえるならば、『ハンターハンター』のネテロの“感謝の正拳突き”。長年の修行の末、ネテロが辿り着いたのは“感謝”。自分を育ててくれた武道に対する“恩”に報いるべく、1日1万回の感謝の正拳突きを行うといったもの。

最初は18時間以上をその行為に費やしていたが、次第に1時間を切り、拳の速度が音速を突破したというものだ。

ここでひとつ疑問が沸いてきます。そのネテロの話と熊谷氏がどう関連性があるのか……ということ。

恐らくそれは、僕自身もわからない。

そんなことは置いておいて、氏の紹介を続けていきたい。

全裸でめっちゃおもしろいブログを書いている人。

また、本人のプロフィールから引用させていただくと、

驚異的な知性と卓越した思想に加え圧倒的な先見性と強靭な肉体をも保有する超越的な男性が全裸で運営しています。

全裸でwebメディアに寄稿したり、全裸で広告をつくったりもしてます。

なんと!
広告も作っているようです。なんでもできるマリオみたいな存在、それがクマガイマナト。

こんな方に、彼のブログを読んでもらいたいというのをまとめました。

1:笑ってはいけない状況で笑いたい
2:傷心した心を笑いで慰めたい
3:全裸で活動している人が好き

こんなにダラダラといろいろ書いたんですが、騙されたと思って一度読んでほしい。それだけ。ただし、用法容量は守らないと腹筋が痙攣します。

スタバでダベる女子大生に対し畏敬の念を禁じ得ない

ハンターハンターの最新刊を読むことは、出来ない

成功者のみが知っているたった1つの真実、5選

ビジネスシーンで使える戸愚呂先生の鬼フレーズを10個だけ紹介させて欲しい

遅刻したが、発狂したフリをしたら許された

以上が、僕が選ぶおすすめ記事。熊谷氏の世界観に魅了されたが最後、電車で周りの人から冷たい目で見られること間違いなし(本人経験談)。

熊谷 真士氏のTwitterはこちら
熊谷 真士氏のブログはこちら

編集部の今日の1枚

秒で課金した。

IMG_3534

3月30日の注目記事ダイジェスト

『Deemo』や『Cytus』といった大ヒット音ゲーを手がけるRayarkのスマホ向け新作RPG『Sdorica (スドリカ)』が、2018年4月19日にグローバル配信されることが公式Twitterで発表された。あわせて、Android版の事前登録がGoogle Playでスタート

Portrait-drafts

▼最新の記事ランキング、新作&事前登録まとめはこちら!

前へ次へ

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧