1. サイトTOP>
  2. 【先行プレイ】アニメ版のストーリーと交錯する骨太コマンドRPG!『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』プレイリポート

この度の西日本を中心とする豪雨により被害を受けられた皆様に、心からお見舞い申し上げます。 皆様の安全と被災された地域の一日も早い復興を心よりお祈りいたします。

ファミ通App編集部

【先行プレイ】アニメ版のストーリーと交錯する骨太コマンドRPG!『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』プレイリポート

2018-03-07 18:00 投稿

華麗かつ重厚な世界観&洗練された戦略性!

スクウェア・エニックスより、2018年春に配信予定の新作スマートフォン向けRPG『刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火』(以下、『とじとも』)。

▼事前登録はこちらから!

本作は、2018年1月より放送中のテレビアニメ『刀使ノ巫女』の世界を、ゲームオリジナルキャラクターたちの視点で楽しめる剣戟コマンドバトルRPGとなっている。

配信を控えた今回、本作を先行プレイする機会を得ることができたので、その魅力について紹介していきたい。

※本記事に掲載している画面写真は、開発中のものです。

ゲームの見どころ
●アニメと並行する豪華フルボイスストーリー
●連携と支援が勝利のカギを握るコマンドバトル
●無数の戦略を生む陣形×育成パターン
●手に汗握る探索マップクエスト
●着せ替え衣装も充実の予感!

アニメと並行する豪華フルボイスストーリー

『刀使ノ巫女』の舞台となるのは、“荒魂”という異形の存在がはびこる世界。この“荒魂”に唯一対抗できるのが、“御刀”に選ばれし“刀使”の少女たちだ。

彼女たちの活躍は、現在放送中のアニメ『刀使ノ巫女』でも描かれているが、そんなアニメ版のストーリーと並行する『とじとも』のメインストーリーでは、アプリ版の主人公である安桜美炎の視点によって物語が展開する。

刀使ノ巫女_先行プレイ_1
▲安桜美炎は、アニメ版主人公の衛藤可奈美の同級生。可奈美に肉薄するほどの実力者だが、集中力が途切れやすいのが玉にキズ。
刀使ノ巫女_先行プレイ_2
▲アプリ、アニメの両主人公が交差するシーンも。アニメでは描かれなかった裏場面に、ニヤリとできる。

アプリ版オリジナルキャラクターたちに命を吹き込むのは、安桜美炎役の茜屋日海夏さんをはじめ、石原夏織さん、五十嵐裕美さん、藤田茜さん、沼倉愛美さんなど、いまをときめく大人気女性声優たち。

メインストーリーは細部を彩るサブキャラクターにいたるまで、豪華フルボイスとなっているため、まるでアニメを見ているかのようで、没入感も高い。

刀使ノ巫女_先行プレイ_3
▲アニメ版メインキャラクターである柳瀬舞衣……の、執事にまでボイスが収録されている徹底ぶり。

メインストーリーはこれらのストーリーパートと、バトルパートの2種類によって構成される。ストーリーパートは1話あたり2~3分ほどとテンポがよく、合間にバトルを挟まない軽快ぶりも好印象だ。

ほかにも、各キャラクターにまつわる物語を掘り下げる“刀使のエピソード”など、アプリ版のために書き下ろされたストーリーが満載。“刀使”としての務めを果たすかたわら学生生活を送る彼女たちの、意外な一面に出会えることも……?

連携と支援が勝利のカギを握るコマンドバトル

そして、ひとたびバトルパートに入れば、美麗な3DCGによって描かれる本格コマンドRPGが開幕。

メインで戦うのは編成した4人の“刀使”たち。それぞれが、攻撃・連携・奥義の3コマンドからひとつを選択し、行動に移るターン制バトルとなっている。

刀使ノ巫女_先行プレイ_4
▲メインメンバーと敵は、斬・突・壊のいずれかの属性を持つ。3すくみの関係になっており、弱点属性で攻撃すれば与ダメージがアップ。
 刀使ノ巫女_先行プレイ_5
▲ふたり目以降に行動するキャラクターには、連携コマンドが出現する。

先に、攻撃を選んだキャラクターに対し、後に続くキャラクターが連携することで、任意の敵に集中攻撃が可能。

連携人数によって、最大1.2倍まで与ダメージが上昇するため、各個撃破で敵の数を減らしていく戦いかたが基本となりそうだ。

 刀使ノ巫女_先行プレイ_6
▲キャラクターのカットインを挟んでから、連携攻撃が発動。
刀使ノ巫女_先行プレイ_7
▲華麗な波状攻撃を仕掛ける“刀使”たちからは、目が離せない!

さらに、一定ターン数が経過すると奥義コマンドが選択できるようになる。必要ターン数や効果は、“刀使”によってさまざま。

なかには敵全体にダメージを与えるものや、味方を回復できるものも存在するので、劣勢からの切り返しに役立てよう。

刀使ノ巫女_先行プレイ_8
▲ド派手なCGムービーとともに、奥義が炸裂!
刀使ノ巫女_先行プレイ_9
刀使ノ巫女_先行プレイ_10

バトルでは、4人の“刀使”によるメインメンバーのほかに、サポートメンバーも8人まで編成可能。

ターン経過で溜まるSPを消費すれば、各キャラクター固有のサポートスキルを発動できる。メインメンバーのステータスを強化したり、敵のステータスを弱体したりと、バトルを有利に進めることができるぞ。

刀使ノ巫女_先行プレイ_11
▲画面左下の赤枠内にあるアイコンが、サポートメンバー。バトル開始時にランダムで3人選ばれる。

SP量次第では、1ターン中に3人すべてのサポートスキルを発動することもできるが、補充人数は1ターンにつきひとりまで。また、SPは100以上溜まらないため、カードゲームのような頭脳戦も求められそうだ。

メインメンバー同士の連携と、サポートメンバーたちによる支援を駆使し、部隊を勝利に導こう。

無数の戦略を生む陣形×育成パターン

洗練されたコマンドRPGに、カードバトルのエッセンスも取り込んだ『とじとも』のバトルパート。その奥深い戦略性をさらに引き立てるのは、部隊編成時における隊列、及び陣形の切り換えだろう。

メインメンバーの4人は、それぞれ前列・後列の2種類から隊列を選ぶことが可能。

刀使ノ巫女_先行プレイ_12
▲後列に配置したキャラクターは敵から狙われにくくなる代わりに、前列にいる敵しか攻撃できないというデメリットも。

たとえば、攻撃力が高いが耐久力に難あり、といった性能のキャラクターをどちらに配置するかは悩みどころ。

さらに、陣形を選ぶことで、特定の隊列パターンに配置したキャラクターのステータスを強化できる。

 刀使ノ巫女_先行プレイ_13
▲前列にしか陣形効果のない“一文字”や、前列にいる両端メンバーの守勢を底上げしつつ後列の真ん中メンバーふたりの攻勢もプラスできる“鶴翼”など、目指す戦略に応じて使い分けよう。

また、理想の編成を作り上げるための手助けになるのが、自由度の高い育成システムだ。

刀使ノ巫女_先行プレイ_14
▲こちらがメインメンバーの育成画面。各ステータスに対応したマスを開放していくことで、好みの性能に寄せることができる。
刀使ノ巫女_先行プレイ_15
▲黄色の枠で示した鍵付きのマスは、専用素材の消費により開放。両側に接するどちらかのステータスの、追加マスとして利用可能だ。

そのほか、メインメンバーのステータスは“御刀”や“護符”などを装備することでも変化するため、オリジナリティあふれる部隊を実現する楽しみは尽きそうにない。

手に汗握る探索マップクエストも

特定のアイテムを消費することで挑戦できる、“大荒魂討伐戦”というクエストにも注目したい。

こちらのクエストは、マス目状の探索マップを進んで行き、“ボス荒魂”を撃破することが目的となっている。クリアーすれば“御刀”の材料になる貴重なアイテムなどを入手することができる。

刀使ノ巫女_先行プレイ_16
▲画面緑枠で示したのが自キャラクター。上下左右の好きなマスに移動させ、赤枠で示した“ボス荒魂”を目指す。

移動先では敵とバトルになる場合もあり、移動先のマスの危険度が高いほど強力な敵が出現する。

刀使ノ巫女_先行プレイ_17
▲“ボス荒魂”に挑むためには、宝箱から出現する鍵を集めなければならない。

探索中、HPと奥義ゲージはすべてのバトルに引き継がれるため、いかに安全かつ最短のルートで“ボス荒魂”にたどり着けるかが、プレイヤーの腕の見せどころだ。

刀使ノ巫女_先行プレイ_21
▲HP残量に気を配りつつ、“ボス荒魂”を撃破せよ!

着せ替え衣装も充実の予感!

イラスト再現度の高いハイクオリティな3Dモデルは、なんと衣装の着せ替えやアクセサリーの着脱も可能!

設定した衣装はバトル画面でも反映されるほか、着替え画面では、3Dモデルをいろいろな角度から思う存分に堪能できるぞ。

 刀使ノ巫女_先行プレイ_18
▲『刀使ノ巫女』にちなんで、巫女服部隊を結成!
刀使ノ巫女_先行プレイ_20
▲もちろん、奥義発動時のCGムービーも巫女服姿に。
刀使ノ巫女_先行プレイ_19
▲着替え画面では、“ポーズ切替”をタップすることで思い思いのポーズをとってくれる。ざっくり開いた肩口がまぶしい。

ほかにも、他のプレイヤーが編成した部隊のAIと戦う“演武大会”も用意されている。

安桜美炎らが紡ぐストーリーにのめり込むもよし、理想の部隊構築を目指すもよし、ひたすら3Dモデルを眺めるもよしの『とじとも』。

スクウェア・エニックスが誇る“会心の一太刀”の、研ぎ澄まされた切れ味には期待が高まるばかり。配信が開始されるのを、首を洗って待ちたいところだ。

刀使ノ巫女 刻みし一閃の燈火

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカースクウェア・エニックス
公式サイトhttp://tojinomiko-tomoshibi.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧