1. サイトTOP>
  2. ニュース>
  3. Android>
  4. 『D×2 真・女神転生リベレーション』転生用素材悪魔の効率のいい作りかた【Dx2メガテン攻略】

『D×2 真・女神転生リベレーション』転生用素材悪魔の効率のいい作りかた【Dx2メガテン攻略】

2018-02-16 15:55 投稿

レア度を上げて悪魔を強化しよう

セガゲームスより配信中の『真・女神転生』シリーズのスマホ向け新作アプリ『D×2 真・女神転生 リベレーション』。

本記事では万魔の社で可能な“転生(レア度アップ)”に必要となる素材悪魔の効率のいい作り方を解説していく。

鬼女ヨモツシコメと幽鬼ピシャーチャをベースにする

転生用素材のベースとしておすすめなのは、第五章(池袋)のレベリングクエストに出現する鬼女ヨモツシコメと幽鬼ピシャーチャだ。このレベリングクエストを周回することで経験値稼ぎと素材悪魔集めを並行してできるため、非常に効率がいい。

IMG_1865
▲周回用のパーティー編成の一例。Dx2は主人公とメガキン。メインパーティーは主力悪魔3体と転生したヨモツシコメorピシャーチャ。サブパーティーにカンバリ、ヨモツシコメ、ピシャーチャ、レベルを上げたい悪魔という形。

ヨモツシコメとピシャーチャはともに★2。彼らを転生させて★3、★4とレア度を上げていき、本命の悪魔の転生素材として使うのが基本となる。この方法の最大の利点は、悪魔合体が必要ないため、

MAGを一切消費しないという点

MAGははお目当ての高レア悪魔合体用に貯めておきたいという人も多いはず。MAGを節約したい人にはとくにおすすめだ。

 IMG_1862
▲地道に転生素材を育てて増やしていこう。

一方で、★4や★5の転生素材になるまで育てるのには、それなりの時間とスタミナが必要になる。★2の悪魔を★5まで転生させる場合、素材の★2悪魔は計60体必要。これで本命の★5悪魔を★6にするとなると、300体もの★2悪魔が必要となる。さらに本命悪魔も低レアから転生していく場合必要な素材数はさらに増える。なかなかに長い道のりとなるので覚えておこう。

<ヨモツシコメとピシャーチャを転生素材にする方法>
●良い点
・MAGを一切消費しない
・経験値稼ぎと素材集めを両立できる
・転生素材用悪魔の管理をしやすい
●注意点
・高レアへの転生を目指す場合それなりの時間とスタミナが必要
・運が悪いとヨモツシコメとピシャーチャがなかなか仲魔にならない
 IMG_1867
▲時間はかかるがいずれは★6まで転生できる。主力と見込んだ悪魔のレア度をコツコツ上げていこう。

★3の土台悪魔をベースとして作って時短(参考用)

上で紹介したのは、MAG消費なしで時間をかけて転生素材となる悪魔を育てていく方法。ここでは、MAGを消費してかかる時間を短縮する方法も参考までに紹介しておこう。

ただし、現状ではこの方法で高い効果を得るために必要なMAG消費量を考慮すると、主力となる★4以上の高レア悪魔の合体を後回しにしてまでやるものではない。あくまで参考程度、もしかしたら先々役に立つかも? という視点で読んでいただきたい。

MAGを消費とは、つまり悪魔合体で必要なレア度の転生用素材を作ってしまおうということ。とはいえ、★4、★5悪魔を合体で作って転生素材にすることが可能なMAG富豪は現状ほぼいないだろう。★2から始めるなら前述の方法でいい、というわけで作るのは★3になる。

 IMG_1866
▲★4以上の悪魔を作って転生素材にするのは消費MAG的に現状では厳しい。

そして、合体で用意できる★3悪魔の数によって所要時間の短縮具合も変わってくるため、ここで使えるMAGの量との兼ね合いが発生する。

たとえば、★3の悪魔を5体作ってそれぞれをヨモツシコメとピシャーチャで転生していき★5を5体用意(★6転生用)する形だと、そこまで大きな時間短縮にはならない。

しかし、MAGを奮発して★3の悪魔を5体作り★4にし、この5体で★5を1体作るという形を5セット。これで★6転生用悪魔x5を用意できれば大きく所要時間を短縮できる。

★3悪魔1体を6000MAGで作ったとすると、前者の消費MAGは30,000MAG、後者は150,000MAG。結局、使えるMAGによってどの程度時短できるかが変わってくることになるが、これはプレイヤー個々の環境次第。実践する場合は自分に合ったやり方をチョイスしよう。

ベースの★3悪魔は幻魔タム・リンがおすすめ

ベースとなる★3悪魔を作る場合、おすすめなのは幻魔タム・リン。利点は以下。

<タム・リンをおすすめする理由>
2ヵ所のレベリングクエストで素材悪魔を集められる
合体時の必要MAGが少なめ
 IMG_1863
▲ベース悪魔としておすすめしたい幻魔タム・リン。

①素材集めが楽
タム・リンの素材となる悪魔は、第三章と第五章のレベリングクエストで集めることができる。経験値稼ぎが兼ねられる点もおすすめの理由のひとつだ。具体的な作り方は以下。

タム・リンの作り方
[第三章レベリングクエストで入手できる悪魔]
魔獣ネコマタ、夜魔ザントマン
[第五章レベリングクエストで入手できる悪魔]
鬼女ヨモツシコメ、幽鬼ピシャーチャ
・鬼女ヨモツシコメ×幽鬼ピシャーチャ=外道ブラックウーズ
外道ブラックウーズ×魔獣ネコマタ=妖獣ライジュウ
外道ブラックウーズ×夜魔ザントマン=妖魔ディース
妖獣ライジュウ×妖魔ディース幻魔タム・リン

②必要MAGが★3の中で少ない
上記の方法でタム・リンを合体したときの必要MAGは計5847MAG。ほかに★3で作りやすい(素材が集めやすい)魔人ホルスなどと比較して安価になっている。MAG消費をできるだけ抑えつつ作りやすい優秀な★3悪魔なのだ。

IMG_1861
▲必要経費とは言えMAG消費はなるべく抑えておきたい。
IMG_1868
▲増えてくるとなかなか壮観だが、悪魔所持枠の圧迫には気をつけよう。

[関連記事]

1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』最初の1体からエンドコンテンツまで!★4おすすめ悪魔を目的別に紹介【Dx2メガテン攻略】
1i『D×2 真・女神転生 リベレーション』カンバリを使った効率のいい経験値・マッカ稼ぎ【Dx2攻略】

D×2 真・女神転生 リベレーション

対応機種iOS/Android
このゲームの詳細を見る
ジャンルRPG
メーカーセガゲームス
公式サイトhttp://d2-megaten-l.sega.jp/
配信日配信中
コピーライト

この記事のタグ

ピックアップ 一覧を見る

関連記事

この記事に関連した記事一覧

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧