1. サイトTOP>
  2. 【今日の編集部】“闘会議2018”で鳥肌が立つほど興奮したシーン

【お問い合わせ窓口 休業のお知らせ】
お問い合わせ窓口をお休みさせていただきます。
ご不便をおかけし大変申し訳ございませんが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。
【休業期間】2020年8月4日(火)17時~2020年8月13日(木)11時

【今日の編集部】“闘会議2018”で鳥肌が立つほど興奮したシーン

2018-02-13 23:04 投稿

ガッツポーズをして喜ぶ選手を見て喜ぶ

【本日の担当:ナンセンス矢野】
S__53559306

みなさん、こんばんは。ナンセンス矢野です。

先週末行われた“闘会議2018”、その模様や結果はみなさまもうチェック済みでしょうか?

今年の闘会議は、“プロライセンスの権利が取得できる大会”として注目されていて、スマホゲームの『パズドラ』や『モンスト』でも、プロライセンスを賭けたアツい闘いがくり広げられていたんです。


『パズドラ』も『モンスト』も、「これが私たちの知るスマホゲームなのか!?」と思うほど会場は盛り上がっていて、決勝戦では立ち見のお客さんがステージを囲うほど注目されていました。

というわけで、今日は、そんな闘会議で私が個人的に“鳥肌が立つほど興奮したシーン”を紹介します!

それは、“モンストグランプリ2018 闘会議CUP 決勝大会”のAブロック1回戦、“AGO Japan”と“ド根性コケンチー”の試合です。

スクリーンショット 2018-02-13 22.29.56(2)

この試合、「もうこれ決勝でいいじゃん!」と思えるほど白熱した闘いが行われて、結果から言ってしまうと、“0.05秒のタイム差で決着がつく”んです。このことだけでも、どれだけの興奮を会場が包んだか想像に難くないでしょう。

スクリーンショット 2018-02-13 22.22.53(2)

とはいえ、画像やテキストで見るよりも、動画で見るのがいちばんオススメですので、ぜひ下のリンクの3:36:00あたりからご視聴ください! 本当に必見ですよ。

XFLAG BATTLE STADIUM@闘会議2018[DAY1]

 

やっぱりチーム一丸となって一喜一憂する姿はほんとうに素敵。観戦している我々もその喜び、悔しさに共感してしまいますよね。

(編集部:ナンセンス矢野)

編集部の今日の1枚

友だちから、ユニバーサル・スタジオ・ジャパンのお土産で、『ファイナルファンタジー』シリーズのキャラがドット絵でプリントされてるクッキーをもらいました。食べるのがもったいない!

S__54698016
S__54706179

2月13日の注目記事ダイジェスト

世界中から賞賛を受け、数々の賞を受賞した『Alto’s Adventure』を手掛けたSnowmanが、新作『アルトのオデッセイ』の事前登録をApp Store上で開始した。

002




▼最新の人気記事、新作&事前登録のまとめ記事はこちら!



前へ次へ

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧