1. サイトTOP>
  2. “SAKURA”のバンドアレンジ演奏で会場が桜色に染まる! 『ナナシス』4U 1stライブの模様をリポート

“SAKURA”のバンドアレンジ演奏で会場が桜色に染まる! 『ナナシス』4U 1stライブの模様をリポート

2018-02-09 14:10 投稿

4U単独ライブの模様をリポート

『Tokyo 7th シスターズ』(『ナナシス』)に登場するライバルユニット4Uの1stライブ“4U 1st Live!!!「The Pres“id”ent 4U」in Osaka&Tokyo”東京公演が、2018年2月3日16時30分(開場は15時30分)より、TOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

01

天気予報によると、この日の気温はなんと最高気温9度、最低気温2度。吐く息は白く染まり、手もかじかむ、そんな寒さの中、多くの4Uファンがライブ会場に集った。

並んでいるファンの中には、この極寒の中すでに物販で発売されている4U Tシャツ(半そで)を着ている猛者の姿も。また、4Uファンに女性ファンが多いのか、はたまた女性専用エリアが用意されているからなのか、これまでの『ナナシス』ライブに比べて、女性の来場者も多く感じられた。

KARAKURIからのドS?注意事項

ライブ前には、4U同様ライバルユニットであるKARAKURIのふたりから、ライブ開演にあたっての注意事項が読み上げられた。

注意事項を告げた最後にKARAKURIから「みんなわかった?」と投げかけられると、客席からは「は~い」という野太い声が。

しかし、これに対してKARAKURIは、エモコ様のようなドSテイストで「返事が聞こえないわ」と言い放つ。この思わぬ反応に客席からは笑い声が漏れていた。

「メロディーフラッグ」でライブスタート

ライブ一発目を飾るのは7th single“メロディーフラッグ”。

九条ウメ役でギターボーカル担当の山下 まみはピンク、鰐淵エモコ役でベース担当の吉岡 茉祐は黄色、佐伯ヒナ役でドラム担当の長縄 まりあはオレンジを基調とした衣装でステージに登場し、軽快で疾走感溢れるロックナンバーを披露した。

02

さらに間髪入れず“TREAT OR TREAT?”の演奏が始まる。この「いきなりクライマックスだぜ」と言わんばかりのファン心に刺さる選曲で、ライブ会場のボルテージは一最高潮へ。

2曲演奏した後は、メンバーひとりひとりが自己紹介を行い、ウメをいじるエモコや、そんな中マイペースなヒナなど、いつもの4Uの魅力を見せてくれた。

03
 04
 05

ナナスタユニットの楽曲をカバーでお披露目

自己紹介が終わると、1stミニアルバムに収録されている“ROCKな☆アタシ”、“パフェ・デ・ラブソング”、“青空Emotion”を連続で演奏。

さらに、4Uファンなら涙なしでは聞けないであろう名曲“Hello…my friend”が奏でられると、これまで熱気ムンムンだった会場が、支配人たちの心の涙に心なしか潤った気がした。

06
 07
 08

ここで、ウメから「ウメたちが新生できたのもちょっとはナナスタのおかげっていうか……」と語り出し、ナナスタユニットの曲をカバーするサプライズを発表。これには会場も「うおおおおおおお」と大歓声。

サンボンリボンの“セカイのヒミツ”、WITCH NUMBER 4と“SAKURA”の2曲をバンドサウンドで届けられた。とくに“SAKURA”の演奏が始まった瞬間、客席のペンライトがピンクに切りかわり、会場が桜色に包まれる光景は幻想的であった。

ラストまでロックビートで駆け抜ける

楽曲の間のトークでも、動画コーナーとして、プライベートで撮影してきたラジオ風な動画を流したり、単独ライブまでの道のりを各々が語ったりと4Uは絶好調。

単独ライブ実現の喜びを改めて語った4Uは、彼女たちの始まりの曲でもある“ワタシ・愛・forU!!”を演奏する。

そしてそこから“Crazy Girl’s Beat”、“Lucky☆Lucky”、“プレゼント・フォー・ユー”と怒涛の勢いのまま最後まで駆け抜けていった。

09
10
 11

4U単独ライブフィナーレ

演奏後、客席からは鳴り止まぬ「4U」コールが。

そのアンコールに応えて4Uのメンバーが再びステージへ登場し、KARAKURIの“B.A.A.B.”に合わせてダンスを披露。セクシーな振り付けから、1本のマイクを取り合うコントまで、サービス満載なパフォーマンスで客席を盛り上げていた。

12
13

さらに、ここで4Uメンバーからサプライズが。なんと、東京公演の盛り上がりがすさまじいということで、当初の予定にはなかったNI+CORAのカバー楽曲“You Can’t Win”(大阪公演演奏)を特別に東京公演でも演奏してくれるとのこと。これには客席も大喜び。

カバー楽曲演奏後は、ステージ上で「1・2・3・4U」のコール&レスポンスを再現したり、完全私物の自撮り棒で客席と撮影会をしたり、残りわずかなライブの時間を惜しむように楽しむ4Uのメンバー。

最後は“ロックバンドっぽく演奏する曲を客席から希望を集い”、とくに声が多かった“Crazy Girl’s Beat”と“Lucky☆Lucky”の2曲を演奏し、4U単独ライブの最後を飾った。

 14
 15
17

■4Uの1stライブ東京公演セットリスト
1.「メロディーフラッグ」
2.「TREAT OR TREAT?」
3.「ROCKな☆アタシ」
4.「パフェ・デ・ラブソング」
5.「青空Emotion」
6.「Hello…my friend」
7.「セカイのヒミツ」~サンボンリボン カバー~
8.「SAKURA」~WITCH NUMBER 4 カバー~
9.「ワタシ・愛・forU!!」
10.「Crazy Girl’s Beat」
11.「Lucky☆Lucky」
12.「プレゼント・フォー・ユー」
◆アンコール
13.「B.A.A.B.」~KARAKURI ダンスカバー~
14.「You Can’t Win」~NI+CORA カバー~
15.「Crazy Girl’s Beat」
16.「Lucky☆Lucky」

Tokyo 7 th シスターズ

対応機種iOS/Android
価格無料(アプリ内課金あり)
このゲームの詳細を見る
メーカーDonuts
公式サイトhttp://t7s.jp/
配信日配信中
コピーライト

ピックアップ 一覧を見る

最新記事

この記事と同じカテゴリの最新記事一覧